蕎麦屋の始まり

子ども達も独立して、同居していた父母も他界し、40年近く勤めた仕事にも区切りが付いたので、定年を待たずに新しい生活を始めようと考えたのが、ことの始まり。渓流を釣り歩いた日々に山奥の蕎麦を食べて歩いたこともあって、40代で蕎麦打ちの趣味にはまり、冗談で「蕎麦屋でもやりたいねぇ」と周囲に話していたのでした。しかし、名人の蕎麦打ちを見る機会があって、その見事さと蕎麦の美味さに驚かされ、到底、自分には無理だと思っていました。

退職する日も近づいて、大学の附属の調理師学校に社会人入学の制度があるのを知り、何十年ぶりかで学生に戻るのもいいと思ったのが、次の道しるべ。若い調理師志望の連中に交じって、栄養や衛生の座学を初めとして、和・洋・中・製菓と毎日のように厳しい調理の実習が始まりました。現役で活躍するオーナーシェフや経営者の話を聞くうちに、料理は食べてもらってこそ、人を幸せに出来るものだと、考えさせられるようになったのです。

折しも、自宅と母の住む家のすぐ近くの道路沿いに、宅地が売りに出され、聞けば、小さな店舗が建てられそうだと言う。40年近く住んだこの辺りには、一軒も食べ物屋がないので、年々歳を重ねた地域の人たちが、歩いてこられるような蕎麦屋でもあったらいいと思うになりました。調理師学校では、しきりに卒業後の夢を語らせられるので、「蕎麦屋をやりたい」と応えるようになっていたのです。趣味の延長の隠居仕事だけれど、少しは地域に貢献できるか…。

出身調理師学校の「卒業生とお店」記事
http://www.seiei-chouri.ac.jp/seichoukai/shop/shop.html

コメントを残す