霊犀亭の命名の由来

晩唐の詩人李商隠の詩の一節に「心有霊犀一點通」という一節があります。犀の角は根元から先まで白い筋が通っていたと考えられて、心に一筋通い合うもののあることをこのように表現したらしいのですが、恋の思いを歌ったこの詩を見つけた私の旧友が、かつての同人誌の名を「霊犀」と名付けようと言ったのがことの始まり。今でもこの雑誌の題字は、亭の書斎に掛けてあります。

8人家族の大所帯で、昔から人の出入りの多い家でありましたが、改装してカウンターを含めてなんとか10人を収容できる食堂を作り、続き間になった居間の南側に、手造りのウッドデッキをしつらえて、以来、月に一度は友達を招いて家庭料理を振舞った時代がありました。狭いながらも意気投合する仲間が集う場所に相応しい名をつけたいものだと、古い記憶を蘇らせたのがその由来でした。

111ようと言ったのが父親の代から唐詩選を読みかじり、魏徴の述懐の一節の「人生感意氣」という文句を子供の頃から聞かされたのをよく覚えていますが、50代半ばに達せず逝った父の棺に、勤め始めたころに父に贈ったこの一冊を収め、自分自身が新しい座右の銘を探していたのがつい昨日のことのようです。
その父よりも長く生きながらえ、母兄弟が肩を寄せ合い近所に住むようになって、人は気持ちの通じ合うことがなにより、墓守の終の棲家に幸あれと、「霊犀亭」と名付けたのでした父親の代から唐詩選を読みかじり、魏徴の述懐の一節の「人生感意氣」という文句を子供の頃から聞かされたのをよく覚えていますが、50代半ばに達せず逝った父の棺に、勤め始めたころに父に贈ったこの一冊を収め、自分自身が新しい座右の銘を探していたのがつい昨日のことのようです。
その父よりも長く生きながらえ、母兄弟が肩を寄せ合い近所に住むようになって、人は気持ちの通じ合うことがなにより、墓守の終の棲家に幸あれと、「霊犀亭」と名付けたのでしたことの始まり。今でもこの雑詩の題字は、亭の書斎に掛けてあります。
 8人家族の大所帯で、昔から人の出入りの多い家でありましたが、改装してカウンターを含めてなんとか10人を収容できる食堂を作り、続き間になった居間の南側に、手造りのウッドデッキをしつらえて、以来、月に一度は友達を招いて家庭料理を振舞った時代がありました。狭いながらも意気投合する仲間が集う場所に相応しい名をつけたいものだと、古い記憶を蘇らせたのがその由来。
父親の代から唐詩選を読みかじり、魏徴の述懐の一節の「人生感意氣」という文句を子供の頃から聞かされたのをよく覚えていますが、50代半ばに達せず逝った父の棺に、勤め始めたころに父に贈ったこの一冊を収め、自分自身が新しい座右の銘を探していたのがつい昨日のことのようです。
その父よりも長く生きながらえ、母兄弟が肩を寄せ合い近所に住むようになって、人は気持ちの通じ合うことがなにより、墓守の終の棲家に幸あれと、「霊犀亭」と名付けたのでした。

霊犀の題字と亭の居候小次郎

大勢の来客をも晩唐の詩人李商隠の詩の一節に「心有霊犀一點通」という一節があります。犀の角は根元から先まで白い筋が通っていたと考えられて、心に一筋通い合うもののあることをこのように表現したらしいのですが、恋の思いを歌ったこの詩を見つけた私の旧友が、かつての同人誌の名を「霊犀」と名付けようと言ったのがことの始まり。今でもこの雑詩の題字は、亭の書斎に掛けてあります。
 8人家族の大所帯で、昔から人の出入りの多い家でありましたが、改装してカウンターを含めてなんとか10人を収容できる食堂を作り、続き間になった居間の南側に、手造りのウッドデッキをしつらえて、以来、月に一度は友達を招いて家庭料理を振舞った時代がありました。狭いながらも意気投合する仲間が集う場所に相応しい名をつけたいものだと、古い記憶を蘇らせたのがその由来。
父親の代から唐詩選を読みかじり、魏徴の述懐の一節の「人生感意氣」という文句を子供の頃から聞かされたのをよく覚えていますが、50代半ばに達せず逝った父の棺に、勤め始めたころに父に贈ったこの一冊を収め、自分自身が新しい座右の銘を探していたのがつい昨日のことのようです。
その父よりも長く生きながらえ、母兄弟が肩を寄せ合い近所に住むようになって、人は気持ちの通じ合うことがなにより、墓守の終の棲家に幸あれと、「霊犀亭」と名付けたのでした。

霊犀の題字と亭の居候小次郎

 

大勢の来客をもてなすウッドデッキ

 

晩唐の詩人李商隠の詩の一節に「心有霊犀一點通」という一節があります。犀の角は根元から先まで白い筋が通っていたと考えられて、心に一筋通い合うもののあることをこのように表現したらしいのですが、恋の思いを歌ったこの詩を見つけた私の旧友が、かつての同人誌の名を「霊犀」と名付けようと言ったのがことの始まり。今でもこの雑詩の題字は、亭の書斎に掛けてあります。
 8人家族の大所帯で、昔から人の出入りの多い家でありましたが、改装してカウンターを含めてなんとか10人を収容できる食堂を作り、続き間になった居間の南側に、手造りのウッドデッキをしつらえて、以来、月に一度は友達を招いて家庭料理を振舞った時代がありました。狭いながらも意気投合する仲間が集う場所に相応しい名をつけたいものだと、古い記憶を蘇らせたのがその由来。

 

千客万来、夜まで話の弾む亭のリビング

 

てなすウッドデッキ

千客万来、夜まで話の弾む亭のリビング

コメントを残す