霊犀亭主人のダイビングブログ Back to The Nature(5月17日更新)

2018.5.17 thu. 何年振りかで好天に恵まれた海…

梅雨入りしたばかりの石垣島は、初日だけ雨に降られたらしいのでしたが、4日間のダイビングはすべて快晴の天候で、波やうねりも徐々に収まってきたのでした。42フィートもあるアルカディア号には、船長の他は亭主と若い男性客の二人だけで、ゴールデンウィーク明けを狙った今回のダイビングは、長年の遠征経験でたどり着いた一つの答え。しかも、ひと月遅れと言われる海の中の春は、まさにその絶頂期で新しい命の誕生には、目を見張るものがありました。

初日は昼前に関空から到着するお客を待って、亭主は宿でゆっくりと休暇を楽しむことが出来ました。半年ぶりのチェックダイブは湾内の潜り慣れた砂地と岩のポイント。岩場に着いた珊瑚の枝には、口の中に卵を加えた小魚たちが一杯で、みんな懸命に子育てをしている様子。昼食後には午後の一本をリュウキュウキッカサンゴの広く群生するポイントで過ごす。魚の数は少ないのですが、広大な風景が縮こまってばかりいた心をゆっくりと広げてくれる思いです。

二日目はまだうねりのある中をアウターリーフに出て、広大な景色の中を様々な魚たちの群れが泳ぎ回るのを見た。ウメイロモドキの群れは動きが速いから、これまでなかなかシャッターチャンスに恵まれなかったけれど、ぐるぐると何回も回遊してくるから今回はしっかりと写真に収めることが出来ました。クマザサハハナムロやタカサゴのグルクンと呼ばれる大集団は、それこそ向こう側が見えなくなるほどの数なのでした。遠景や近景で写真を撮りまくる。

三日目からは新しくいらした若い女性客と一緒に潜って、リーフエッジも波がなく、珊瑚の綺麗な海や洞窟の中を探検させてもらう。ウミガメがあちらこちらで昼寝をする風景にも出会って、南の海を満喫したのでした。来るお客は、皆さん二日ずつのダイビングを堪能して、忙しそうに本土に帰ったけれど、亭主は毎日連続して潜ったのでちょっとグロッキー気味なのでした。船長を初めとして、宿の奥様やスタッフの光恵さんも、連休明けだというのに好くしてくれました。

楽しいことをしている時は、あっという間に時が過ぎてしまうもの。日に焼けた身体の疲れだけが今回の遠征の記憶か。海のメロディーのラウンジに座って、午後の海を眺めながら夕刻を待つ。お子様たちがみな内地の大学や高校に行くようになって、奥様もこれからは自分のしたいことを見つけるとおっしゃっていた。広いラウンジにグランドピアノを置いて…と夢は広がる。フェビアン・レザ・ハネの奏でる「ピアノでボサ」を勧めてみたけれど、気に入ってもらえるか…。

 

2017.10.30mon. 台風の狭間での地味なダイビング…

この秋のダイビング遠征は、超大型の台風21号が関東を通過する二日間を臨時休業にした直後だったから、三日間の秋休みのつもりが、定休日も合わせて7日間も営業を休んでしまいました。おまけに、行きの飛行機に乗り遅れて出発が一日延びたので、実際に海に出れたのはわずか二日間。しかも、台風22号が次に迫ってきていたので、ダイビング2日目は初めてのワンダイブ。帰る日には飛行機の欠航が相次いで、朝一番の臨時便にやっとのことで搭乗。

十年以上も沖縄に通って、何度も台風には遭っているけれど、これは最悪のケースの一つです。思えば、三日も島に足止めを食って、職場の若手の結婚式に出られなかったこともある。自然を相手にするスポーツだからなどと綺麗事を言う以前に、人の力ではどうにもならない自然の力の恐ろしさを目の当たりにしてきたとも言えるのです。いつも感謝するのが、台風の到来に慣れている南の島の人たちの温かいもてなしなのでした。今回もお世話になりました。

海は毎日3mもの風波が立って、サンゴ礁の浅瀬にも白い兎が飛んでいる。ダイビングボートが大きいから、港から近い湾の中のポイントでアンカーを降ろして、小さな生き物を捜しながら潜るのでした。透明度は15~20mと、離島の海にしては状況の好いときの半分ほどの視程しかないのですが、関東近県のダイビングスポットに比べたら恵まれた環境です。台風で海が掻き回されて水温も下がっているけれど、この時期、26℃もあるので条件は少しも悪くない。

波に揺れる海面から10mも潜れば、静かな海の営みが広がっているのでした。今回は、初心に戻って岩場の陰に隠れたクマノミを随分と撮ったのです。ハマクマノミ、ハナビラクマノミ、カクレクマノミなど、同じポイントに何種類ものクマノミがイソギンチャクと共生しています。台風で海中の水も動くから、身を守ろうとするイソギンチャクが袋を閉じて、自分たちの居場所が狭められてしまうカクレクマノミを沢山見ました。じっとカメラを構えて目と目が合うまで待つのです。

小さな魚は動きが細かくて素早いから、夫婦や親子のクマノミが同時にこちらを向いてくれるまで、ひたすらカメラを構えてじっと待つ。水中写真の基本の一つなのでしょうが、いつものように、こちらが動き回って出会った珍しい魚を、待ち構えて撮るほうがずっと気が楽なのです。でも、今回は台風のお蔭で、久しぶりにじっくり写真が撮れたかも知れない。魚たちの表情も様々ですが、イソギンチャクの色の個体差まで、しみじみと眺めてしまう海の中なのでした。

2017.4.18 tue. ダイビングをなさると言うお客もちらほらとご来店なので…

季節毎に臨時休業をさせて頂いている霊犀亭ですが、そのほとんどは亭主のダイビング遠征に費やしているのです。定休日も蕎麦屋へ出掛けて仕込みをしているから、いつも一週間休みのない状態なので、何処かへ出掛けるのが一番の骨休めと、思い立ったのですが。遠征と自分で勝手に言っているのは、半魚人潜水倶楽部(http://031tei-shujin.life.coocan.jp/)の昔の活動の延長なのです。今でも、南の島に出掛けて、昼間はほとんどがボートの上と海の中。観光をするわけでもないし、宿に帰れば写真の整理とログブックの記録にブログの掲載です。

関心のあるお客様によく尋ねられるのが、「どこに潜りに行っているの?」ということで、石垣島と応えると、「私も言ったことがある」とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、賑やかな市街地ではなく、是非、北部の静けさを味わって欲しいと願うのが亭主。今日の写真は、この10年ほど毎年お世話になっているダイビングショップ「海のメロディー」のテラスからの眺めです。ご主人が船長兼ガイドで、同じ広い敷地の中にある定宿の「野空海(のぞみ)」は、奥様が経営しています。石垣島北部の伊原間湾を臨む高台にある抜群のロケーションのペンションなのです。

霊犀亭主人が、長いダイビング生活の中でも、静かに独りになることの出来る隠れ家的存在。時々刻々と変化する海の色を眺めているだけで心の中が洗われる思い。海外でのダイビングは、言葉の問題もあるから常にハイテンションになっているような気もするし、重いダイビンク器材を持っての旅行は、歳を取るにつれて面倒になる。異国の地で世界を潜るダイバーたちに出会うと、必ずと言っていいほど「いままで潜ってどこが一番好かった?」と尋ねられるのですが、この10年ほどは、「okinawa」と応える亭主なのです。珊瑚や魚たちの多さも世界屈指。

夕闇の迫る海メロの広いラウンジから眺める伊原間湾もまた素敵。遠く島の北端にある平久保の灯台の明かりが見える夜、天の川の見える満天の星空を眺めるのも素晴らしい。港から出る船はすべてこの宿の下を通るから、早朝には漁をする小さな舟が出ていくのも見える。理想的な広さの対面キッチンで、奥様の作る創作料理を一品ずついただく夕べは団欒のひとときなのです。歳を取ったから、流れのある海の中での激しいダイビングはもう十分なのです。

島の人たちがグルクンと呼んで食卓にもよく上るクマザサハナムロやタカサゴノの群れは、内地(本州)で言えばアジの群れのようなもの。ハナゴイやキンギョハナダイの群れもその向こうにいるダイバーが見えなくなるほどの数で、この島の海の豊かさを物語るのです。海メロは写真派のダイバーが多いから、その日の天候や海の状況に応じて、船長が潜るポイントを考えてくれる。たまに大物に出会えるかと流れのあるところに連れて行ってくれたりもするけれど、最近では亭主は静かな珊瑚礁の浅瀬で、じっくりと写真を撮るのが楽しみになってきました。

ウメイロモドキという青い体色に背びれから尾にかけて黄色いラインの入った魚が、とても色鮮やかなのが気に入って、何とか群れているところを上手く撮りたいと、同じポイントに続けて潜らせてもらった日もあるくらい。これが群れの動きが速いからなかなか難しいのです。蕎麦屋の営業も三年目を迎え、あまりしょっちゅう臨時休業もどうかと思って、最近になって今年の夏は遠征を断念したところ。次回はマンタの時期の秋休みに飛行機のチケットを取ろうか…。

2017.1.9 mon. 直近のダイビング遠征は…

しばらくご無沙汰していました。遠い過去の記録だけではなく、今日は、最近の亭主のダイビングの写真をお届けしたいと思います。ちょうど、昨年、秋の石垣島遠征で、久々にマンタの撮影が出来たので写真と共にご覧下さい。最初の写真は、霊犀亭主人がマンタを撮ろうとスタンバイしている様子を、ガイドの海メロ船長が撮ってくれた一枚です。シャッターを切る直前には息をこらえるので、その前に排気している様子がよく判ります。この日は多くのマンタに遭遇。

この日は全部で五枚のマンタがステーションに集まったから大騒ぎ。秋のこの時期は繁殖期でもあるのですが、お気に入りの根(岩場)の上を旋回して、気持ちよさそうに小魚たちに身体をクリーニングして貰うのです。3m程の大きな身体は、水中で見るともっと大きく見えるからダイバーたちが興奮するのです。岩場の影は他のショップのダイバーたちで一杯で、「かぶりつき」状態。マンタの周回する根の上に頭を出さないという決まりがあるから撮影も大変です。

ガイドのmasako さんが、最年長の私の腕を取って空いた観覧席に案内してくれるから、年寄り扱いもこの時ばかりはまんざらではない。とにかく海で見る魚の中でも飛び抜けて大きいから、しかもその泳ぎが大きな両の翼を上下にふわりと動かして優雅に泳ぐものだから、見ている側ではこんな生き物がいるのかとうっとりと眺めるのです。地上で生きる人間たちの傲慢さをしばし忘れる瞬間なのですね。こんな生き物たちと自分は共存しているのかと感じる瞬間。

彼等の腹には見た目では1mほどのコバンザメが張り付いているのですが、彼等は多いところでは人間が潜ってもウエットスーツに張り付いてくるような習性があって、背中に小判型の吸盤のようなものがあるのです。自分より大きな魚に張り付いて、えさのおこぼれや寄生虫、排泄物を食べて暮らすらしいのですが、こんな連中を意に介せずに悠々と泳ぎ続けるマンタはまさに王者の風格。世界中のダイバーたちがこぞってマンタを見たがるのも無理はないと思う。

オニイトマキエイと言うのがマンタの正式名称。南の島のパラオの海から始まって、石垣島にマンタを撮りに来て10年。去年は亭主にとっては海の写真の当たり年なのでした。今年の年賀状にもこのマンタの写真を使いました。実際の水中でのマンタとの遭遇の感動がどれほど伝わるかは、残念ながら判らないけれど、「なんでだろうこれは」 ぐらいに判ってもらえれば嬉しい限り。海メロのある石垣北部からはスピードボードで30分。川平石崎のポイントなのです。

違う一枚はなにやらコバンザメではない魚をえらの辺りに従えていました。後で船長に尋ねたのですが、応えてもらったのにもう記憶にはない。まあ、人間と同じで大きな器の人物には沢山の人が付くと言うことなのか。これは動物の生存本能だから、「長いものに巻かれろ」などという人間界の言葉も、まんざらおかしなものではないのかも知れませんね。それにしても、昨秋は、このマンタを堪能した遠征が出来て幸せ。海外まで出掛ける必要は全くないのです。

2016.10.6 thu. 2007年は大きな変化が…

義母の介護を抱えた家庭の事情もあったのですが、この年からは亭主のダイビング遠征は国内に変わっていきました。パラオまで何度も出掛けて行くよりは、石垣島でもマンタは撮れるというので、いろいろショップを探してやっと見つけたのが「海のメロディー」でした。今から思えば、これが今日までのダイビングの方向を決めた出会いなのでした。世界の珊瑚の3分の2が生息するという沖縄の海は、グレートバリアリーフよりもずっとコンパクトな海で様々な魚や珊瑚と出会えると実感したのです。ちょうど、それまで何度も通っていた西表島のショップの船長も、家庭の事情で石垣島に移ってご母堂と暮らすようになった頃でもあります。

2007/08/26 23:39 マンタ激写 ニコノス版公開 霊犀亭主人
 HPご覧になっていただいているようで感謝、感謝。 さて、ニコノス版の映像を整理しましたので、映像でお届けします。画像サイズが自動調整されるので、なかなか便利な掲示板ですよ。携帯、デジカメを持っていらっしゃる皆さん、近況をお伝えくださいね。
石垣島遠征の後、私は仕事に専念しています。週に3日の水泳と朝夕の野良仕事は続いています。なんと、今日は春菊とブロッコリー、チンゲンサイ(青梗菜)、ワケギなどナスやキュウリ、小松菜などの空いたスペースにに植えましたよ。それにしても、トマトは食べきれない。酸味のあるみずみずしさが溜まりませんな。ナスも柔らかすぎて、つい焼きすぎてしまいます。口
の中でとろけるなんて信じられます? はまりますね。
とはいうものの、例年と違って頻繁には遠出のできない状況が続いているので、気晴らしの域を出ないのですが、「釣りに行かぬ亭主の代わりに妻がサンマの一夜干し」とは、皮肉なものです。


2016.9.29 thu. ちょうど10年前になるのですね…

半魚人潜水倶楽部の活動は海山川の自然の中でした。横浜港の海底清掃の活動などにも皆で参加していた時期もありました。アウトドアなどと言う言葉では包括できないほどの世界…。

    2006/04/30 21:29  muse
渓流釣りご一行様お帰りなさい。貴重な釣果をいただいてしまってすみません。塩焼きにして早速いただきました。ごちそうさまでした。往復ありがとうございました。現地でのバーベキューもおいしかったと主人は感激しておりました。釣りに開眼したかどうかは疑問ですが、とてもよいところで、楽しい休日が過ごせたと喜んで帰ってきました。昔、少し先の大内宿へは会津のほうから回ったことがあります。日本の原風景のような所へももうあまり行く機会がないと思うと寂しいです。あと1年,休みを見つけて山奥の温泉などへも出かけたいですね。

  2006/03/27 07:19 霊犀亭主人
   3月のプール練習に参加できないまま、娘とロタに来ています。天候は、朝のうち曇りまたはスコールといまひとつですが、日中はやはり南の島。この田舎の島でも、栄枯盛衰は激しいようで、ソンソン村のいくつかのお店はつぶれて、新しい店が出来ていました。かつてのダイブロタもダイビングからは撤退したらしく、今は島内では3軒のみだそうです。
 サイパンからフリーダム航空の小さな飛行機で来たのですが、日本人は独りもいなくて、サイパンの入管も以前と違って閑散としていました。でも、ロタホテルについてみると、日本人ばかりで、皆、グアムから来ているようでした。
   ホテルの食事も韓国食交じりの日本食が多いのですが、やはり、いまひとつで、夕食は、ソンソン村の東京苑まで出かけて、港で揚がる美味しい刺身を食べています。今はカツオが旬。
   海の中は視程がよく、50mは見える素晴らしさ。出発間際にニコンのS1を床に落として壊したので、息子のコンデジとハウジングを借りてきましたが、どうもニコノスⅤのほうがよく取れている気がします。写真のアップロードを楽しみにしていてくださいね。

2016.9.27 tue.
色々な国のいろいろな島で出会ったダイバーから、半魚人潜水倶楽部のブログに投稿があった時代でした。それだけ倶楽部員が活動していた時期なのかも知れません。夏の国内遠征、春秋の海外遠征、冬場のネイチャースキーの合宿等、考えたらよくもこんなに暇があったものだと思います。

  2004/08/19 01:35 霊犀亭主人
 はじめまして。私たちのHPに書き込みをしていただいて有難うございます。倶楽部関係以外の方の投稿、歓迎いたします。 私たちの倶楽部の主眼は、ダイビングは自然に接する 一つの方法であり、遠征も新しい土地や人を知る契機 であると考えることなのだと思います。今回の西表島は、海況もよく、潜らない方にも少しは海の中の様子がお伝えできたかと、嬉しく思っています。 追って公開されると思われる他のダイバーからの報告もお楽しみください。

   海の中で少しずつ魚の差異を観察していくと、我々人間の世界よりもはるかにバリエーションがありそう で、他者理解とか他者尊重とか頭でっかちに声を張り上げて言わなくても、弱肉強食でありながらも、静かに互いの生活域を守っていく彼らに、人間が学ぶところは大きいような気がしてしまうのですね。どちらも環境に左右されやすいし。
 話は変わりますが、私たちの古い友人ジャズボーカルの亜樹山ロミさんが、 6月に出した「トラスト・マイ・ハート」というCD、山野楽器のオンラインショップでやっと手に入れました。 人生の折り返し地点を過ぎて、彼女にとってもジャズがやはり立脚点。「Back to The Nature」のパーティーの席上で歌ってくれた曲も入っています。皆さんも聴いてみてください。

2016.9.25 sun.
ダイビングを通して色々な人と知り合えるのも楽しみの一つです。プール練習や伊豆の海でご一緒した若かりし頃の野口里佳さんもその一人。ベルリンに移られた現在も日本国内での展覧会には招待していただいているのですが、現在はまた海の中の写真を撮っているとか…。

 2004/05/22 23:12
  金曜日の朝日の夕刊、ご覧になりましたか?文化欄に半面のスペースで「もっと軽くもっと    自由に」と題して、写真作家としての野口里佳さんの紹介が載っていましたよ。大西若人さんの文章で写真は御堂義乗氏撮影とあります。原美術館の「飛ぶ夢を見た」の会場での里佳さんを大写しで載せています。凄いですね。
 家の細君などは、レセプションの時には「フーン」と言ったきりなのに、だんだん新聞が書き出すと、「行ってみようかしら」と変るからこれもまた凄い。勿論、浦和だったか、昔「潜る人」の個展の時には一緒に行ったのですけれどね。7月25日までですので、まだの人どうぞ。

この頃の半魚人潜水倶楽部の活動の勢いは大変なものでした。倶楽部では月例会で伊豆の大瀬崎やダイビングプールで練習しながら、海外の遠征にも出掛けて行ったり、個人的にもダイビングを始めた子どもたちを連れて西表島へ通っていたのですから、まさに忙中閑あり…。 当時のニコノスの写真はなかなかよく撮れていました。水中デジカメの出始めの頃です。

2016.9.23 fri.
こちらのページに引っ越した「半魚人潜水倶楽部」の企画室ブログは、倶楽部の関係者だけではなく、蕎麦屋のお客さんも訪ねてくださる可能性があるので、何をどう掲載するかを思案しました。その結果、企画室ブログの始まりからアーカイブ風に紹介するのが分かりやすいかと、過去の「Backto The Nature」の記事と当時の写真を載せようと考えました。ご覧下さい。

 2004/01/01 21:24 現代表の言葉
  新年おめでとうございます。
  ついに半魚人潜水倶楽部にもHPが出来ましたね。これからみんなでどんどん盛り上げて
  いきましょう。色々とお世話になりますが、よろしくお願いします。

 2004/01/02 17:40 女性部員K
  すごいですね! Back to The Natureの時に会場で披露された素晴らしいスライドのこと
  を思い出しました。きれいな海の色のHPに、これから海の写真も加わるのですね。とても
  楽しみです。

 2004/01/04 16:13 霊犀亭主人
  今日は、水泳部の初泳ぎで、オールアップの4000m。お汁粉とトン汁を80人分昨夜から
  作って、皆で腹いっぱい食べま した。チャボ君夫妻がジュニア2人を連れて泳ぎに来てく
  れました。10年後のトップスイマーか20年後のダイバーか 若さには限りない可能性が秘め
  てられているのですね。パワーアップしてきた半魚人のホームページ如何ですか?

この年までに、半魚人潜水倶楽部は、インド洋モルジブからミクロネシアやハワイオアフ島、メキシコ湾まで遠征の距離を伸ばしてきました。観光などは一切無しでただ海に潜るだけの南の島での生活を続けてきたのは、皆がまだ若かったから出来たことなのかも知れません。半魚人のメンバーが海外でのダイビングに燃えていたのがこの頃。その春には、タイのタオ島に遠征に出掛けました。半魚人のホームページにも掲載されていますが、まだ、この頃は世間でも余り知られていないスポットで、ひたすら日本人ダイバーのいない静かな海を探して出掛けて行ったような気がします。当時は、水中カメラのデジカメはまだ一般的ではなかったので、水中はすべてニコノスのフィルムカメラ。陸上の写真はやっとコンデジが出始めた頃です。この年の暮れにはパラオまで足を伸ばして、亭主は上の娘とP.P.R.で豪華な年末を過ごししたものです。家族のいないダイビング遠征は、それこそ藁屋根の小屋に泊まるような南の島の遠征なのでしたが、家族と一緒の時は、最高級のホテルに泊まるというのが信条だった…。現在の半魚人のホームページのトップページの写真は、このジャーマンチャンネルで撮ったものです。当時、世界中のダイバーが訪れるというパラオの魅力は遠く離れた島を巡って、ブルーコーナーで潜ることだったのです。憧れのパラオにその後も出掛けては行きましたが…。

2016.9.22 thu.
亭主の所属しているスキューバダイビングクラブ「半魚人潜水倶楽部」の企画室ブログがサーバーの都合で閉鎖されたため、こちらのページは、2016年10月より定期的に記事が追加されるブログとして生まれ変わります。ご興味のある方は、続けてご覧下さい。ちなみに、「半魚人潜水倶楽部」は、結成から40年近く活動を続ける自然を愛する仲間が集う非営利団体です。

半魚人潜水倶楽部公式ホームページ : http://031tei-shujin.life.coocan.jp/

 

 

コメントを残す