仕入れと仕込みの一日は…

午前5時半、涼しいうちにと蕎麦屋へ出掛けて南側の庭の草取りを開始。キュウリもカボチャも紫蘇の茎も切り払って、ゴミ袋二つに詰めや終えると小一時間。時間が早いから、出汁取りをして蕎麦汁を仕込み、味噌汁と天つゆ用の二番出汁は容器に入れて、水で冷やして冷蔵庫に入れておく。7時前になって、そろそろpekoの散歩をしなければと家に戻れば、女将かがもうpekoを連れて帰ってくるところだったから、これは有り難い。やっと一息入れることができた。

早朝の一仕事で疲れた亭主は、朝食を終えたら女将の朝ドラタイムに一眠りで、9時前に目覚めると女将とお袋様を連れ、農産物直売所と隣町のスーパーに仕入れに出掛けるのでした。いつものお姉さんに声をかけられて元気をもらい、お袋様と女将を家に送り届けたらそのまま蕎麦屋へ直行。昨日一日、定休日をゆっくり休んだから、今日は朝から仕込みも大変で、冷蔵庫に野菜を収納して、大根のしぐれ煮、蕎麦豆腐、抹茶小豆を次々と仕込んでいくのでした。

冷やしておいた蕎麦汁は蕎麦徳利に詰めて冷蔵庫に入れる。鴨肉と冬瓜の葛たたきを仕込む間に、次の冬瓜を塩擦りして下茹でをしておく。その隣で鴨肉の端切れで鴨せいろの汁を仕込む。調理場に入ると不思議なことに、野菜を切るまな板を洗って消毒する前に包丁切りは全て済ませ、生ものを切るまな板を使い終えたらまた洗って消毒をすると、次の段取りを身体が覚えているのです。洗い物をすべて済ませたところで、女将と昼食を食べるために家に戻る。

食後にまた一眠りで、女将の運んできたお茶も机の上に置いたままで、小一時間の小休止。午後はプールへ行く用意をして、晩の防犯パトロールの時刻まで、3時間を目一杯使って黙々と仕込みを続ける亭主。先日の調理師学校の先生方の暑気払いで、いろいろと指摘を受けた一言一言を思い出しながら、返しの調味料類の計量もきちんとして、人参のグラッセもペティーナイフを使って少し丁寧に。やはり完成度はと問われるとまだまだ自信がないのが駆け出し。

天麩羅の具材を切りそろえて、椎茸の仕入れがまだだったのを思い出す。昨夜作った今日の仕入れと仕込みの予定表に、終わったものには赤線を入れながら、今日の残る仕事を確認するのでした。それでも午後は3時間ぶっ通しで集中できたから我ながら感心。ブロッコリーや小松菜も茹でて、返しを大甕に移し終えたら、5時過ぎにはプールへ出かけることができました。近頃はやりの突然の豪雨で、庭の野菜に水やりをしなくて済んだと喜んだのは間違いでした。

雨の降っているのはごく狭い範囲のようで、蕎麦屋から西の隣町のプールへ行く間だけなのでした。てっきり夜のパトロールも中止かと思いきや、最近のゲリラ豪雨というのは、まさしく亜熱帯にある南の島のスコールのようで、通り雨のように優しくはないのです。プールを出るころにはすっかり雨も上がって青空ものぞいているからあきれてしまうのです。帰り道に西のスーパーに寄っていつもの特選の生シイタケを購入し、蕎麦屋へ荷物を置いたらやっと帰宅する。

夜のパトロールに集まったお年寄りたちは、北朝鮮のミサイルの話題でもちきりで、今日の天気のめまぐるしさとか涼しくなって虫の声とか話題も豊富で、歩く道々話は絶えない。亭主は拍子木を打ち鳴らしながら、皆の足取りが遅くならないようにと先を行くのでした。涼しかったはずなのに、汗だくになって家まで戻り、やっと夕食にありつく。明日で8月もいよいよ終わり。夜風は涼しくしのぎやすい晩です。さあ、明朝は雨でなければ自宅の裏側の草取りの予定。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.