都美術館と蕎麦屋「吉仙」と…

いつになく涼しい朝でした。それを知ってか庭の木槿も最後の力を振り絞っている感じなのでした。こういう朝がチャンスと、6時前から蕎麦屋に出掛け、亭主は東の庭のトマトや紫蘇や胡瓜の茎を根こそぎ取り払って、小一時間ばかり草取りをする。家に戻って今度はpekoを散歩に連れだし、朝食に4日目の蕎麦を茹でて食べるのでした。キッチンペーパーでひと束ずつ包んで密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存してあるので長さも味も変わらない。我ながら感心…。

今朝は女将の朝ドラが終わってから、上野の都美術館へ出掛ける予定でしたが、北朝鮮のミサイル騒ぎで朝ドラが中止だというので、早めに家を出て駅までの2キロの道のりを汗をかかないようにとゆっくりと歩く。例によって、健康のために速く歩く主義の女将は。後から家を出て途中で亭主を追い抜いていく。汗だくになってしまうと、冷房の効いた電車の中で冷えるから、逆に健康に悪いだろうにといつも思うのですが、二人の体質の違いだろうからと黙っている。

上野の森に着いてみれば、東京は佐倉よりも幾分涼しい気がするのでした。開館時刻の美術館はまだ空いていて、ゆっくりと展示を見て回る夫婦。広い会場に所狭しと展示されている作品の数々を早足で眺めながら、女将の社中の人たちの作品を一つ一つ写真に撮っていく。それこそいろいろな書風があるもので、素人の亭主には何処が好いのか分からないような作品もあるから奥が深い。5度目の入選を果たした女将の出品作にやっとたどり着いて記念撮影。

昨年は初めての落選だったから、今回は早い時期から選文をして自分で書き始めていたらしい。昔、初めてこの読売展に入選した作品が、蕎麦屋「霊犀亭」の命名の由来となった李商隠の詩だったから、以来、亭主も少なからず美術館に通うようになったのです。亭主の書斎で埃をかぶっていた漢詩文の書物を、再び開いて読んでくれたのが、意外にも女将だったとは、嬉しいような寂しいような。今風の子どもたちには、古い書物そのものが縁遠い存在なのでした。

平日にもかかわらず、隣の動物園は朝から行列が出来ていましたが、昼に近づくにつれ、美術館に向かう人の数もだんだんと増えて来た様です。木々の日陰を選んで歩きながら、さっき来た道をもどり、いよいよ今度は暑い最中を御徒町まで歩かなければなりません。今日の第二の目標は、店の常連さんに勧められた蕎麦屋へ行って柚子きりを食べること。先日も、「柚子の時期じゃないのに」と、亭主が聞きただしたら、「一年中やってるよ」と言っていたけど…。

昭和通りを松屋方面に歩いて、上野から10分ほどでしょうか、間口が狭いので通りすぎてしまいそうになったけれど、女将が店の看板を見つけました。確かに看板の最初には手打ち蕎麦とかかれているではありませんか。開店前だったので、しばらく待っていると、次々にお客が来るから人気があるらしい。地下の店内は思ったよりも広く、30席ほどの落ち着いた雰囲気の店なのでした。女将がメニューを決めかねている先に、亭主は馬刺と田酒を注文するのでした。

蕎麦は二人揃って天麩羅付きの二色蕎麦を頼んだのは好いのですが、果たして、やはり、柚子きりは夏場の二ヶ月ほどはやっていないと言う。代わりに茶蕎麦があるというので、普通のせいろと茶蕎麦の二色にしてもらいました。若い女性の店員さんが3名ほどで、徐々に混んできた店内を動き回っている。厨房は思ったよりも狭い様子でしたが、何人かで調理をしている気配。昼時にはもう満席だから、やはり平日でも、都内の手打ち蕎麦屋は人気なのでしょう。

酒も馬刺も美味かった。霊犀亭の常連さんが好きだというので頼んでみたけれど、やはり亭主は魚が好かったか。お待ちかねの蕎麦と天麩羅でしたが、車エビと野菜は美味しいかったけれど、せいろは亭よりも少し太めかなと言う感じでいい粉を使っている。茶蕎麦は香りが好くてつるんとした歯ごたえ。蕎麦汁は薄めで亭のそれに近く、この店を紹介してくれた常連さんが、東京から佐倉まで、ついでとは言え霊犀亭を訪ねてくれる理由が分かるような気がしました。