臨時休業の暑気払い…

幾分涼ししい朝でしたが、ウッドデッキの朝顔は沢山の花を付けて、夏の一日の始まりを告げているのでした。昨日の昼と夜との営業で疲れたせいか、ぐっすりと眠っていつもの時間にはpekoの散歩に出掛けようと思ったら、ひと足早く女将が連れて出ていた。彼女自身も昨日は都内まで出て、疲れた一日だったはずなのに、生活のリズムを崩さないからさすが。亭主は朝食前に蕎麦屋へ出掛けて、夜のうちに持ち帰り忘れた蕎麦の残りを家に持って帰るのでした。

今日の貸し切り営業の開始は午後2時過ぎの予定だったけれど、今朝もいつもと同じ時間に蕎麦を打ち始める。ひと玉8人分だけなので楽でしたが、東京からわざわざ調理師学校の先生方がいらっしゃるとあって、亭主はいつもより気合いを入れてかっちりとした蕎麦を打つ。食のプロたちに味を試されると思うと、包丁切りにも時間をかけて、太さに乱れがないように集中をするから大変。日頃の成果が試される時だと、朝の仕込みにもついつい力が入るのでした。

海鮮サラダの野菜切りもいつになく慎重で、先週研いだばかりの包丁の切れ味が好いのが救い。盛り付けもいつものたっぷりの田舎盛りではなく、コース料理の前菜にふさわしい姿をと心がけるのでした。最初からかなり丁寧に時間をかけたので、だんだんと時間が押してきて刺身のツマの大根を桂剥きする頃には少し焦り気味。直前に仕上げる出汁巻き卵や鰻の酒蒸しや鴨肉と冬瓜の葛たたきも、今月の宴会料理で何度も繰り返し練習をしたお蔭で上手くいった。

昨日の夜のお客もお任せのメニューだったので、いくつかは再確認の意味で作る機会が持てて好かったのです。ただ、全体的には仕上がりが今ひとつで、盛り付けの細かな部分や段取りが、まだまだ駆け出しの調理人だと反省はしきり。まあ、お世話になった先生方には、卒業後3年目の腕前をそのまま見て頂くしか仕方がない。タクシーを連ねてご一行が到着したのは2時半過ぎで、仕事を終えての遅い昼食だったから、早め早めに料理を運んでお出しする。

女将とスタッフも最初はかなり緊張気味で、客席に料理を運んで次に出す皿や鉢をお湯で温める。お客が徐々に寛いでくるのが、厨房にいると話し声の様子でわかるから、カウンター越しにいつもの調子で受け答えをする亭主。出す料理のひと品ひと品の写真を撮るだけ余裕がなかったのが残念でならない。最後の蕎麦とデザートまで、約3時間の会食もあっという間のひとときで、いろいろためになる話を伺うことが出来たのでした。過分な食事代にも感謝です。

女将も自分とは別世界の食のプロ達に間近で接することができたと、疲れも忘れて随分と楽しそうなのでした。先生方の言葉の端々を覚えていて、つくづく感心するから可笑しかった。帰りがけに玄関先でお隣の奥様に会えば、先日来、臨時休業の事情を話していたので、「お疲れ様でした。いかがでしたか、先生方のお食事は?」と労ってくれるのでした。「やっぱり勉強になりますよ」とは亭主。昼を摂る暇もなかったけれど快い疲労。暑さも治まって吹く風も涼しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.