定休日前のお蕎麦売り切れ…

夕べは疲れ果てて夕食後の8時前にはに洋服を着たままダウンしてしまった亭主。夜中に目が覚めてブログの更新だけは済ませたけれど、やはり眠いのでまたもや眠り込んでしまう有様。土曜日の昼夜の営業以来、やはり疲労が蓄積しているらしく、今朝も「今日は朝顔がこの夏で一番沢山咲いたわよ」と、女将に言われたのだけれど、亭主が家を出る頃には、もう朝顔の花も萎んでしまっていたのでした。蕎麦屋に着いて、早速、米を研いで蕎麦打ちを始める。

定休日の前の平日だから、蕎麦が余っても困るからといつもより少なめに打ったのでしたが、開店と同時にご近所のご夫婦が見えて、天せいろのご注文。今までの経験では、こんな日はお客が続くのだけれどと、予感はしていたのですが、ご家族連れが何組かいらっして、瞬く間に生舟の蕎麦がなくなっていくではありませんか。最後に向かいの地区のお婆さんとお孫さんがいらっして、1時前にはお蕎麦がなくなったのでした。その後にご来店の皆様ご免なさい。

途中、ちょっとしたアクシデントで店のブレーカーが落ちてしまったから大変。幸いなことにガスは火が消えなかったから、お客様には全て料理を出し終えたのですが、エアコンも止まって、不自由な思いをさせてしまったので、冷蔵庫に残っている小鉢やサラダ、デザートなどをサービスでお出ししたのです。足が滑って蕎麦湯をちょっとばらまいたら、目の前のコンセントにどろっとした蕎麦湯がかかって漏電したらしい。冷蔵庫も止まったから、冷や冷やものでした。

今日は、家では女将と店ではスタッフと、それぞれ昨日の食事会の対応の反省をしました。配膳の仕方の手際の悪さや、空いた皿や小鉢を下げるタイミングなど、お客が食べるときの利き腕を邪魔しないようにとも、あらかじめ言ってはあったのですが、狭い空間だからなかなか思うようにいかなかったらしい。亭主も仕込みや調理、盛り付けの細かな点で反省点は沢山あった。先生方を前にして、そうした普段の営業を見直す契機になったのが一番大きな収穫か…。

掃除をして電気が復旧したので、店の片付けを終えて玄関を出ると、駐車場のコンクリートの上をセスジスズメガの幼虫が尻尾を振りながらのそのそと這っているのでした。農作物を食い散らすという害虫だから、踏みつぶしても好かったのかも知れないけれど、黄色や赤の斑点が鮮やかで何処に向かっていくのかと小さな命に魅せられる亭主。蕎麦屋の自分の歩みもどこか小さなこの虫のように思えて、「何を頼りに進んでいくのだろう」とじっと眺めていたのです。

夕飯前にpekoの散歩でみずき通りを渡って蕎麦屋に出掛け、昼の洗い物や洗濯物の後片付けをしてくる亭主。明日は朝から入選した女将の作品を観に、都美術館まで出掛けなけれならないので、午前中の仕入れはなしで片付けも出来ない。蕎麦屋の仕事を離れて休日を過ごすには、何処かに出掛けるのが一番だけれど、今日よりも更に暑い一日となりそうです。東京から来て下さる常連さんの勧める、御徒町の蕎麦屋 「吉仙」 で柚子きりを食べてこようと思う。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.