これは堪らない暑さの一日…

朝のNHKの天気予報で、今日は佐倉が37℃と、全国の猛暑都市の中に名前が挙がったと、驚いたように女将が言う。亭主は汗びしょで目覚めたから、よほど暑い朝なのだと感じていたのです。早朝の涼しいうちに蕎麦屋の草取りでもしようと思っていたけれど、とんでもない、朝から蒸し風呂のような暑さなのでした。寝ぼけ眼でpekoの散歩に出掛けたのはいいけれど、家の前の坂道まで来て足取りが重くなり、元気なpekoに引かれて坂を登る有様なのでした。

女将の朝ドラタイムには、食堂のテレビのリモコンが壊れたので、女将にテレビのある居間まで占領されるから、ゆっくりと休んでいる間もなく蕎麦屋に出掛ける亭主。今朝も秋蕎麦と春蕎麦を一玉ずつ打つ。湿度は45%なのだけれど、気温はもう29℃もあるから、加水率で悩むところですが、春蕎麦は昨日よりも更に少なめの加水で打ち始めました。これがぴったりの塩梅で、しんなりとしてコシのありそうな蕎麦が打ち上がりました。秋蕎麦は心持ち多めの加水で。

伸し棒がスルスルと転がるのがちょうど好い生地の具合の証。硬すぎても柔らかすぎても、なかなか上手く伸せないから、不思議なのです。早めに蕎麦を仕上げて、葱切り、野菜切り、ついでに蕎麦豆腐や冷やし田楽に添えるオクラを茹でて、容器に入れておく。11時前に開店前の仕込みを全て終わらせて、今日はスタッフとゆっくり賄い蕎麦を食べる余裕がありました。開店直後にいらっしたのは、隣町から来る常連さんで、福島の除染ボランティアから戻ったとか。

世の中にはいろいろな人がいるもので、話を聞けばこちらの視野も広がるから有り難いことです。続けてテーブル席に座られた老夫婦は、ぶっかけ蕎麦と天せいろのご注文で、静かに寛いでいらっした様子。奥様の運転でいらっした中年のご夫婦は、ご主人がビールと冷やし田楽を頼まれて、「いつも前を通るのだけれど、やっと食べに来られました」と、蕎麦饅頭までご夫婦で頼まれて、「とても美味しかったです」と言ってお帰りになった。天麩羅がよく出た一日…。

若い男性客などは、それでも天丼セットを頼まれたけれど、昼からますます気温の上がったこの暑さでは、外に出るのもやっとという感じ。平日の猛暑日にしては、よくお客が来て下さったものだとスタッフと感心するほど。早めに暖簾をしまって、片付けに入るのでしたが、外は不蒸し風呂状態で、エアコンを効かせた店内がまるで天国のようなのでした。残り少なくなってきた蕎麦茶の注文をして、家に戻って盆休み明けの酒屋へ行ってビールをケースで仕入れてくる。

酒屋の顔馴染みの小母さんが、「堪らない暑さですね」と、声をかけてくれた。ご主人が出て来て、ビール瓶の入ったケースを車に運んでくれる。再び家に戻って、関西の酒商に電話をして仕入れの方法について尋ねる亭主。今日はプールに出掛けられそうにない。夜はまた、蕎麦屋へ行って明日の出汁取りをしなくてはならない。ホタテとオクラの煮こごりと、鴨の治部煮も作っておこうか。日曜の準備もあるから、魚の仕入れは明日の午後にでも行くことにして…。

夕刻少し横になって眠っていたら、女将が戻って自分の夕食だけを用意して、「あらいたの?蕎麦屋へ出掛けたのかと思った」と驚いた顔。この暑さでは、なかなかそうはいかないのが辛いところで、一緒に夕食を食べるのでした。食後に夕刻のpekoの散歩に出掛けた女将は、気持ちが悪くなってしまいそうな暑さだと言いながら戻ってくるのでした。明日は読売展の祝賀パーティーに女将が参加するため、蕎麦屋はスタッフに手伝ってもらうことに。夜は亭主一人。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.