終わらない夏…

昨日は夕刻にプールで泳ぐ時間が取れたので、日曜日の暑気払いのメニュー表をもう一度書き直して、夜もぐっすりと眠れたのです。寝汗をかいて目が覚めたから、今日も朝から暑い一日なのに違いない。5時半に一度蕎麦屋へ出掛けて、少しでも涼しいうちにと、懸案のグリストラップの掃除を始めたのです。小一時間の作業だから、始めてしまえばわけもないのですが、草取りとセットでやろうと考えていたから、朝の短時間ではなかなか終わらなかったのでした。

あれもこれもと気が付いた仕事を作って一日を過ごすのが隠居生活なのだけれど、年を取った分せっかちになって、あれとこれとを一緒に片付けようなどと欲張るものだから、結局、両方とも出来なかったりする。基調には蕎麦屋の仕事があるから、実際にはそれほど多くのことが出来るわけでもないのですが、一仕事を終えては汗をかき、一服したくなるから体力が続かない。今朝も掃除を終えて家に戻ると、女将がもうpekoの朝の散歩を終えてくれていたのです。

朝ドラの時刻を前に食堂のテレビが壊れたと大騒ぎをする女将でしたが、リモコンの不具合らしくスイッチが入らない。結局、「居間で見ればいいじゃないか」と、蕎麦屋に出掛ける亭主。定休日明けは、蕎麦を二玉打つから、気合いを入れて蕎麦打ちに臨む。朝のうちにエアコンを入れていたからか、蕎麦打ち室も40%の湿度。加水率を41%に落としたのですが、新蕎麦はやはり水分が多いのかちょっと柔らかめでした。それでも、上々の出来栄えで開店前の仕込み。

野菜サラダの野菜切りや葱切りはどうしても開店前の作業となるから、時計と睨めっこで、スタッフ共々口数も少なく無心で準備をする時間帯。小鉢にはキュウリと茗荷のの梅和えを用意して、カボチャのいとこ煮や大根のそぼろ煮は、まだ冷蔵庫の容器の中。お客が増えるようなら、その場で盛り付ければ好いから、スタッフも手慣れたものなのです。ところが、最初のお客でちょっとトラブルが…。孫たちには回転寿司で購入した鮨を食べさせたいからと言うので…。

「他のお客様もいらっしゃるので、お持ち込みはご遠慮いただいているのですが…」と、亭主が言う傍から、子供の父親が鮨のパック詰めをビニール袋にぶら下げて四人がけのテーブルに他から椅子を持って来て、五人で座っているではありませんか。リピーターの老夫婦の顔を立てて、「お皿を出しますので、入れ物のままで食べないでくださいね」と、強い調子で言うのでした。結局、お茶も箸もおしぼりも醤油皿も五人分なのに、料理の注文は3人だけという顛末。

次のお客がいらっして、「あちらのお客が、お寿司を食べているから、メニューを探してしまいました」と、早速、クレームが入る。常識では考えられないことが、目の前で起きるから、怖いのです。近くの国道沿いにはファミレスもあるのに、田舎の蕎麦屋だから好いだろうという了見なのだろうか。店の前の路上駐車と同じで、店の品格を下げるお客の行為を放置すると、その程度の店だという噂が一人歩きする。折角、安く質の良い料理を提供しようと努力しているのに。

今日は久し振りに混んだ平日だから尚更のこと、最初のお客への対応を反省するのでした。遅い午後に床屋に行って、早速、親爺様に話したら、「そんなお客は断らなければ駄目だよ。こちらも商売なんだから」と、即座に言われたのでした。嫌な思いをして、一日が妙に暗くなった。道路を渡ろうとする歩行者を見ても、我先に車を走らせる輩の多い昨今、皆自分中心で人のことを考えないのは、時代が変わったからなのだろうか。夕刻まで暑さの酷い一日でした。