蝉の声…

今朝は4時起き。まだ暗いうちに蕎麦屋へ出掛けて、朝一番で出汁を取りなから、昨日の洗い物を片付ける。涼しい時間帯だから、庭の草取りもしたかったけれど、短パン半袖の姿では蚊に食われるからと断念。朝食を終えてお袋様と農産物直売所に出掛ける前に、草取りをしようと思っていたけれど、今度はもう陽が昇って暑くなってきたからと諦める。結局、pekoの散歩に出掛けて朝飯を食べたら、早起きが祟って眠くなったから、床に戻って一眠りするのでした。

毎年、紅白の桃の花が綺麗に咲くお宅の前には、この時期に沢山の小さな桃の実が落ちていました。匂いには敏感なはずのpekoも振り向かないから、観賞用の桃の実は美味しくないのかも知れない。ちょっと拾って匂いをかいでみれば好かったと、後で思うから可笑しい。お袋様と出かけた農産物直売所は、新鮮な野菜を求めて朝から買い物の客が多かった。その足で、隣町のスーパーまで車を走らせて、足らない野菜類を仕入れてくる亭主。それからが仕込み。

鰹節のふりかけ作りをしながら、大根を透き通るまで下茹でして、最近、家の女将にも人気の大根の冷やしそぼろ煮を作る。出し汁に砂糖と淡口醤油で味つけをして、後は鶏肉の出汁が全体に行き渡るまで落とし蓋をして煮るだけ。これを冷蔵庫で冷やすと、4、5日は美味しく食べられるから夏場には重宝する。朝が早かったせいもあって、一眠りしたのに、どうも今日は調子が出ない。暑さが戻ったせいもあるのかも知れないけれど、休憩ばかりしているのです。

昼は女将と蕎麦を茹でてとろろ蕎麦。お稽古に彼女を送って帰る頃には、車外温度は36度まで上がっていたから、真夏の続き。車のエアコンを直す金も暇もなく、窓を全開にして汗をかきながらホームセンターに寄って店の消耗品類を買い求め、近くのスーパーで新鮮な特選生椎茸を手に入れる。この間、蕎麦屋の店内はエアコンを入れたままなので、店に戻ってやっと涼むことが出来ました。午後の仕込みは、先日、買い求めた冬瓜の処理から始めるのでした。

四分の一カットだけを買ったのに、随分と食べ出がありそう。まずはカボチャと同じで種をスプーンで取り出して、カボチャと違うのは皮を剥いて下茹でするところ。透き通って竹串がスーッと通るまで茹でたら、あら不思議、宝石のような透明感。定番のそぼろあんかけは、夏の時期には向かないから、ミミガーと一緒に炒めてみてはどうかと考えている。この涼しげな外見をなんとか生かせないものかと、いろいろなレシピを検索しまくるけれど、味はどうか。

トマトと冬瓜に紫蘇の葉を刻んで、オリーブオイルと酢のドレッシングで食べたら、見た目にも涼しそうだけれど…。試作してみて美味しければ、暑気払いの会食の野菜サラダに換えて見てもいいかも知れないと、ちょっと心が惹かれるのでした。ただ、その昔、やはりこの冬瓜をいろいろ試して食べてみたけれど、そのものが味も素っ気もないので閉口した苦い経験がある。見た目も大事だけれど、やはり、食べて美味しいと感じられなくては、お客には出せない…。

カレーを仕込もうと鶏肉も仕入れてきたけれど、カボチャの煮物をして鰹節のふりかけをフードプロセッサーにかけたら、もう集中が途切れてしまった。洗濯物を畳み終えたら一度家に戻ってpekoの相手をする。女将から連絡のない時には、4時になったら家を出て迎えに行くことになっている。蝉の鳴く森の近道を抜けて、暑い夕刻の国道をひた走る。そう言えば、今年は蝉の鳴き声が遅く、夏の終わりは蜩が鳴くものと思っていたが、今頃ミンミンゼミが鳴いている。

女将を迎えに行って帰ればもう5時過ぎだから、急いで夕食の支度。亭主は今日の仕入れのデータをパソコンに入力するひととき。弟が出張帰りのお土産に焼酎と薩摩揚げを持って来てくれたらしいのだけれど、ハイブリッド車の音が静かなせいか、書斎にいたのにまったく気づかなかった。夕食のおかずも半分は蕎麦屋の残飯整理でしたが、とても美味しかった。冬瓜とミミガーの炒め物を寝酒の肴にしたけれど、冬瓜は調味料の味が染みないのが難点と再確認。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.