曇天の日の静かな賑わい…

今年もまたナニワイバラの咲く季節になりました。ご近所には垣根に造ったりあちこちにあるので、夜道を通ってもほのかな香が漂うのです。昨日はこの花の甘い香りを味わいながら、夜のパトロールを含めると10000歩も歩いたせいか、夜はぐっすりと眠れたので朝の目覚めもすっきりとしているのでした。早めにpekoの散歩に出掛けて、蕎麦屋で糠床に漬けたナスとキュウリと大根を取り出しておく亭主。暖かくなったから、12時間程度でもう塩が利くでしょうから…。

女将が家の階段を昇った所に置いたカンパニュラやケイトウの鉢植えが可愛らしい。6月頃まで楽しめるだろうけれど、夏場は木槿が葉を延ばして花を付けるからちょうどいい。今年は芍薬が少し早いかも知れない。通りに面した塀際にあるものが増えすぎたので、何年か前に株分けをして、お隣との境のスモモの木の下にも植えたのだけれど、こちらもすっかり花を咲かせる気分なのです。これからの時期は夏までずっと花が絶えないから嬉しい季節なのです。

朝食を5分で食べて、BSで一足先に朝ドラを見た亭主は、洗面を済ませ、店に出掛ける。女将はゆっくりと朝ドラタイムを楽しんだら、スポーツクラブに出掛ける。夫婦二人でやりたいことをやっているから気楽なものです。米を研いで炊飯器の予約をしたら、糠漬けを小鉢に盛って、蕎麦豆腐を仕込む。そして、いよいよ本日の蕎麦打ちなのですが、先週の木曜は売り切れてお客に迷惑を掛けたから、今日は1.25kg14人分を一度に打って様子を見ることにしました。

朝の天気予報では湿度が随分高かったから、加水率を45%に止めたけれど、捏ねていて意外と力が要るのでした。それもそのはず、蕎麦打ち室の温湿度計を見たら気温18℃、湿度57%ではありませんか。もう少し加水してもよかったかも知れないけれど、十分に捏ねてある程度の柔らかさに仕上げる。打ち粉は畳む前に打っただけで、樫の重いのし棒でしっかりと伸し広げる。縦90cm弱、幅120cm弱まで広げてやっと八つに折りたためば、あとは包丁切り…。

早めに店に来たから、10時前には蕎麦打ちを終えたのだけれど、デザートの蕎麦饅頭がなくなっていたので、餡を丸めて蕎麦と小麦粉と重曹を混ぜて生地を練り、一つ一つ包んで蒸籠に並べていくから、時間がかかるのです。二品目の小鉢は、コゴミと油揚げを塩味で炒めてあっさりとしたものを造っておきました。野菜サラダの具材を切る頃には、いつもの時間になっているから焦った。今日は15種類の野菜を盛り付けたら、さすがに多いなあと感じました。

庭で採れたのが、リーフレタス、サニーレタス、紫キャベツ、イタリアンパセリ、ラディッシュ。スタッフが自宅で採って来てくれた春キャベツにスナップエンドウと菜花。後は昨日仕入れたパプリカの赤と黄、キュウリ、トマト、キウイ、人参、新玉葱と、栄養は満点の筈です。でも、250円のサラダにちょっと力を入れすぎではないのかと反省するのです。いつまで続けられるか…。

今日は前半後半と二手に分かれてちょうど好いくらいにお客が入ったので、洗い物をする暇があって楽でした。ご新規のお客様が多く、大盛りの蕎麦を頼まれる方が随分と多いのでした。気が付けば、生舟の中の蕎麦がほとんど残っていないから、やはり多めに用意しておいて良かった。蕎麦豆腐を持ち帰りたいとおっしゃるお客もいたりで、嬉しかったのだけれど、サラダは一つも出なかったから、ちょっと残念な気がします。閉店後はまたガレットの試作会でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.