真夏の戻り梅雨で…

今朝も4時起きで、pekoと一緒に散歩に出掛け、蕎麦屋で一仕事。老犬の生活が主人にも影響を与えるのか、家に戻って再び床に入って眠るから、女将に言わせると「pekoと同じになってる」とか。 蕎麦屋で庭の草取りでもすれば好いのでしょうが、pekoを待たせているからなかなかそうもいかない。家に帰っても朝が早すぎて朝食の時間まで間が持たないのです。それにしてもよく眠れるもの。仕事を終えた午後も寝ることがあるから、随分と眠っているのです。

やはり、pekoの生活に影響されているのでしょうか。もう少し科学的に考えてみれば、最近の湿度の高い陽気と、昼の厨房での暑さで軽い熱中症のような状態になっているのではないかと、心配する亭主。アイスコーヒーや冷たい蕎麦茶を飲み過ぎるから、自然とお腹の調子も悪くなる。朝夕が涼しいから、尚更のこと、気温の変化に適応できていない自分がよく分かる。種がこぼれて芽の出た朝顔を、今年は女将が誘引した。亭主は蕎麦屋にかかり切りの毎日…。

朝食を終えて再び蕎麦屋に出掛ければ、庭の野菜が水を欲しがっていたから、8㍑の如雨露二つに何回も水を汲んで往復するのです。そろそろ追肥をやらないとと思いながら、仕入れの時にいつも肥料を買い忘れて帰る。暇な隠居仕事のはずなのに、どうもここのところ暑さのせいか、歳のせいか、何かと忘れてしまうことが多いのです。今朝も涼しかったのに、動き出すと汗がしたたり落ちてくるから、湿度が随分と高いようなのです。やはり睡眠と食事は大切な事。

今朝は小鉢がなくなってきたので、ミミガーの白味噌和えを作ってみた。夏の宴会にどうだろうかとレシピ研究を続けていたのですが、沖縄では本来ピーナッツバターを入れるらしいのだけれど、ジーマミ豆腐と同じでどうも和食の枠をはみ出てしまうような気がする。鰹出汁も白味噌も蕎麦屋にある材料だから、庭で採れたキュウリを千切りにして簡単に出来るのが好い。コラーゲン豊富な豚の耳。お酢を入れてさっぱりとするのがポイントかも知れない。好評でした。

休日にしては早くからお客が入って、最初の何人かは歩いていらっしたお客で、開店前から玄関前の椅子に腰を下ろしてご夫婦で待っていらっしゃった。「気が付かないでご免なさい」と、女将がお茶を出せば、お二人とも天せいろのランチセットをご注文。用意した野菜サラダも蕎麦豆腐も日の目を見るから、亭主も女将も元気をもらうのです。その間に天麩羅を揚げて、新蕎麦を揚げたら大釜に蕎麦を入れる。新蕎麦の粉を溶いて蕎麦湯を作れば、後はデザート。

常連さんもいらっしてカウンターで天せいろのご注文。休日だからか、今日はビールのご注文も多かった。酒の肴に蕎麦豆腐や冷やし田楽も単品で出ていたから嬉しい限り。綺麗にお化粧をして着飾った母娘らしい上品な女性のお客様も、新蕎麦のご注文で、「とても美味しかった」と言って帰られたとか。仕事の昼休みか若い職人さんがカウンターに座って親子丼セットのご注文。次から次へと調理をこなす亭主はもう汗びっしよりで、奥座敷で下着を着替える。

閉店前にも父娘らしいお客のご来店で、しっかりと遅い昼食に蕎麦を食べて行かれた。思ったよりも気温は上がっているのだろうか。奮発した壁掛けの扇風機はちっとも効果を発揮していない様子。女将に助けられて、無事に二桁のお客をこなし、家に帰ってザルラーメン・餃子の遅すぎる昼食を摂る。売り上げデータをパソコンに入力したら、エアコンの入った書斎で一眠りの亭主。これが最近の生活パターンなのです。眠り足りないのか、寝起きが悪いので困った。

冷たく冷やした桃を囓って目を覚まし、夜の仕込みに出掛ける亭主。眠り足りなかったからなのか、珍しく、なかなか目が覚めないというか、脱力感で動く元気が出ないから不思議なのでした。仕事帰りのご近所の若いご主人が、窓越しに挨拶をして行った。今日は団地の盆踊り大会だから、会場の公園は蕎麦屋とは方向が違うのでお客はそんなに期待はできないから、夏の宴会用の鰻の煮こごりや、明日のデザートの寒天寄せを作って、また一汗をかくのでした。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.