晴れたらもう真夏の空…

夕べも早く床に就いたのでしたが、夜中に目覚めてパソコンに向かい、また調べ物をし始める亭主。何がそんなに気になるのか。牛縞腸のレシピやお客様からよく聞くキノコ園、最近沢山花を付けるカボチャの受粉について等々、疑問に思い始めると切りがないことばかりなのです。床に就いて料理雑誌の今月号を見れば、蕎麦と天麩羅の特集が組まれている。やはりまだまだか…。お蔭で新聞配達のオートバイが近所を走る頃に、再び床に就いて朝まで爆睡。

pekoの散歩に出ようとしたら、ゴミ出しから帰った女将に、「朝顔がやっと咲いたわ」と言われたのです。霧の深い朝でした。こんな日は日中は晴れて暑くなるのが常ですが、もう暑中見舞いの季節だから、やはり、久々に古くからの友人たちに葉書を出そうか。自分だったらどんな季節の便りをもらったら嬉しいだろうかと、もう、何十年も続けているはずの習慣を、もう一度考え直してみるのでした。蕎麦屋の庭に広がるカボチャは、今日も沢山花を付けていました。

今朝は新蕎麦の粉が届く日だったから、秋蕎麦を打ちながら新蕎麦の届くのを待つ亭主。開店の時間までに間に合わなければ、今日は新蕎麦はなしになるから、気が気ではないのです。10時前に、若い配達員が「おまちどうさまでした」と荷物を持ってきたから、「お待ちしていました」と、蕎麦打ち室を出たままの亭主の出で立ちを見てか、「遅くなって済みません」と随分と低姿勢なので驚きました。「ご苦労様です」と、こちらも思わず声を掛ける。気持ちがいい。

湿度は80%近くあったのですが、気温が25℃と低かったので、今朝の加水率は42.1%。これでしっとりとした捏ね具合で、打ち粉を少し多めに使って、切りべら23本で一人前135gとちょうど好い具合。どうして23本になるのかを考えてみると、案外、奥が深いのかも知れないと、最近では思う事があるのです。ちょうどいい蕎麦の生地の厚さと奥行き90cmという蕎麦打ち台の寸法に関係がありそうなのです。切り幅が揃うと、自然と23本になってくるから不思議…。

後から、新蕎麦の粉が届くのを待って追い打ちしたから、葱切り、サラダの野菜きりまで休憩する暇もなかった開店前。それでも、賄い蕎麦を茹でて食べ、デザートの紅芋大福を慌てて作ったのです。朝の予定では久しぶりに蕎麦饅頭を蒸かしてやろうなどと考えていたのですが、昼になるにつれて気温がぐんぐん上がって、蕎麦打ちの後でもあるから汗だくなのでした。冷たく冷やした蕎麦羊羹や水羊羹などは、もうこの時刻からでは仕込めなかったのです。

昼前の一番手のお客様はバイクに乗ったご新規の親爺様で、せいろ蕎麦と、様子見という感じだったので、「新蕎麦がありますけれど」とご案内をさせていただきました。亭主からすれば、秋蕎麦も同じ時間に打っているから、どちらも遜色はないはずなのでしたが、蕎麦好きの方は、やはり新蕎麦にこだわるご注文。カウンターの片隅でスルスルスルッと蕎麦を啜る音だけが聞こえ、蕎麦粉から作ったこってりとした蕎麦湯をお出しすれば、綺麗に飲んでいただいた。

今日はご新規のお客さんばかりで、昼過ぎにいらっしたご家族連れは、ステーキ丼セットに天丼セットとランチセットと、かなりのボリュウムのあるご注文なのでした。「ステーキ丼はいかがですか」と亭主が問えば、「美味しいですよ」と若旦那。「海老がぶりぶりよ」とは若奥様で、お年を召したお母様は、「お蕎麦が美味しい」とのお褒めの言葉でした。いつも前の通りを通るのだけれど定休日で、ネットを見て今日はやっているからといらっしたそうで、有り難い事です。

昨日よりもお客は少なかったから、閉店15分前のラストオーダーの時刻で早めに暖簾をしまい後片付けに入る。外はからりと晴れ上がった真夏の空なのでした。家に戻ればpekoが一人でクーラーの入った居間でお留守番。汗だくになって帰った亭主は、書斎に入って今日のデータのパソコン入力。今月は仕入れが多すぎたから、今日の時点で赤字が確定。それでも女将の帰った夕刻に隣町のスーパーに出掛けて、果物と試食用の調味料を買ってくるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.