平日でも盛況で…

何年も犬と暮らしていると、お互いに気持ちが通じ合うようになるもので、今年10歳になるpekoの吠える声も「抱っこして」「眠たい」「お腹が空いた」「なんだあれは」ぐらいの区別が付くようになったのです。斯くして、夕べは9時前に「もう寝るから」と吠えられて居間を追い出された亭主。仕方がないから風呂に入って床に就くのでしたが、寝れば眠れるものなのが怖い。お蔭で朝の3時過ぎには目が覚めて、早い散歩と朝食を済ませたら、また一眠りするのでした。

今朝の蕎麦打ちは1.25kg14人分、状態のいい昨日の残り3人分と合わせて17人分を用意したのですが、平日なのに昼前から随分と混み出したのです。ご家族四人でいらっしたお客様が、珍しいからとガレットまでご注文いただいたものだから、厨房はいきなりスイッチオンの状態でした。幸い、マグロ丼・天丼・かき揚げせいろと蕎麦以外は火口が二つで足りたので、残りの火口でガレットを焼くことができました。これが思いのほか好評で、少し自信を持ちました。

今日の小鉢は、春の野菜三種類で筍のきんぴらとタラの芽と油揚げの煮物、そして、セロリとキャベツと人参のコールスローをそれぞれ5,6皿ずつ用意しました。筍は庭の木の芽を刻んで香りを付けて、自家製タラの芽の苦味と同じく自家製セロリの葉に、筍もキャベツもスタッフのYさんの自家製だから、今日の小鉢は新鮮さと天然物自家製のオンパレードになったのです。しかも、出す鉢出す鉢すべて完食だから嬉しい限り。造る側の気持ちはこれに尽きます。

残念ながら、昨日に引き続いて野菜サラダ13品目の四皿は売れなかった。代わりに、ガレットの付け合わせにたっぷりサラダが出て満足していただいたから、好しとするほかはないのです。それにしても、後から後から随分とお客が入って、気が付けば天麩羅の具材入れも空っぽで、平日なのにやはり暖かくなったから、蕎麦でも食おうという気になるのかしら。常連さんがお友だちを連れていらっしたのを除けば、ほとんどがご新規のお客さんだったから驚きました。

下げた洗い物は、一時期、奥の廊下にお盆ごと置いてあったのを、料理をすべて出し終えたら亭主がもの凄い勢いで洗い始めるのです。スタッフも今日はさすがにスイッチが入って、どんどん拭いて片付けていく。閉店時刻を過ぎてもまだお客はいたのですが、厨房は大忙しで、全部片付け終わって、ゴミ捨て、洗濯、消毒を終えて2時15分過ぎだったから、今日は優秀でした。新規のお客さんたちが、「お蕎麦美味しかった」と言って帰られるのを喜んで見送る二人。

最近は夜の課題として、店に残っている食材で明日はどんな小鉢を作ろうかといろいろと調べているのですが、やはり、もうひと工夫が欲しいものが多い。彩りの面もそうだけれど、入れる器にも合わせたいというのが作り手の気持ち。上手くマッチングしたなと思う日にこれだけ沢山のお客が来たから、今日は本当に好かった。明日の分の蕎麦汁が少なくなったから、蕎麦粉の代金を振り込みに出掛けて、仕入れを済ませ、出汁を取りにまた蕎麦屋へ出掛ける亭主。

忙しかった今日のご褒美か、ちょうど銚子の鰯が六匹で90円で出ていたから、早速、買って帰って女将に頼んで鮨飯の鰯丼を夕食に食べる。今夜はまたプールで泳ぐ日だから、これから少し休んで体調を整えます。明日は土曜日で天気もいいと言うから、また混みそうな予感がするのでした。夜は元水泳部の女性陣が仕事帰りに蕎麦屋で集まると言うから、今夜も早めに休むことにしよう。朝昼と何回蕎麦を打てばいいのやら、これが思案のしどころなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.