高原の涼しさと朝の雨…

ハーフパンツとTシャツでpekoの散歩に出掛けた朝は、まるで高原の涼しさなのでした。蕎麦屋の庭の野菜の様子を見ながら、ナスやキュウリやシシトウを収穫して、家の女将に持って帰る。朝食に三日目の最後の新蕎麦を茹で、山葵を利かせて蕎麦湯まで綺麗に飲み干す亭主なのです。夕刻の水泳が効いたのか、昨夜は風呂に入ってそのままもう床に就いたから驚きで、夜中に一度目覚めて気になっていた料理のレシピを調べたら、また朝まで熟睡しました。

いつもの時刻に再び蕎麦屋に出掛け、取りあえず米を研いで炊飯器にかけ、庭の紫蘇の葉を採ってきて綺麗に水で洗う。その間に今朝は熱いコーヒーを入れて朝の仕込みの段取りを考えるのでしたが、新蕎麦の粉が今日の分までしかなかったのに気が付いて、明日は早い時間に到着するといいけれどと、心配事は絶えないのです。いつものように新蕎麦と秋蕎麦を8人分ずつ打ったら、休む間もなく葱切り、サラダの野菜切り。開店前に賄い飯を食べ損なった。

暖簾を出すか出さないかの間にもうお客の車が駐車場に現れて、続けざまにご来店だったから、何かあったのかしらと驚いて準備を始める亭主。後から店に入ったご夫婦の方が、先に注文をされたので、鴨肉を冷凍庫から出して解凍する。最初から鴨せいろの大盛り二つと、手間のかかるご注文だったから、後のお客様には随分とお待ち頂いたのです。そうしているうちにもう一台車が入って、隣町の常連さんがお友だちを連れてのご来店。続く日には続くもの…。

時間のかかるときには、小鉢の一つでもサービスでお出しして、ご免なさいと食べて頂いているのです。鴨肉の下味を付けてネギと一緒に焼いている間に、汁を沸かしながら味見をして、小松菜を用意する。次のお客の天麩羅も揚げてしまいたいところだけれども、混んだ時ほど丁寧にと、鴨肉の焼き具合を見ながら蕎麦を茹でるのでした。最初のお客の料理を出したら、温めておいた天麩羅鍋の油で、すぐに天麩羅を揚げて差し上げる。天つゆも沸かして準備する。

どうしても蕎麦を茹でるのはその後になってしまうから、お客のテーブルに料理が届くのは天麩羅が揚がってから、1分以上の時間差がある。熱々のうちに食べて頂きたいけれど、これが精一杯なのです。天麩羅を揚げながら蕎麦を茹でるときもあるけれど、茹でた蕎麦を洗って氷で締めている間に天麩羅を盛り付けなければならないから、せいぜい一人分の時だけなのです。こういう時こそ、盆や皿や薬味をセットするスタッフとの連携がものを言う。もう汗だくです。

皆さん「新蕎麦が美味しい」と蕎麦湯まで綺麗に飲まれてお帰りになったから嬉しかったのです。最初にいらっした奥様お二人が、最後まで残ってコーヒーまでご注文いただいて、世間話をされていかれたので好かった。聞けば隣町からいらっしたと言うから、雨の中を有り難いことなのでした。「蕎麦湯まで本当に美味しいわ」と濃厚な味わいを褒めていただき、恐縮の至り。コーヒーカップまで「素敵な器、可愛らしい」とおっしゃってゆっくり寛いでいただいたのでした。

1時半を回っても、もうお客姿が見えなかったから、亭主はかき揚げを揚げて賄い蕎麦の準備をする。涼しいはずの今日の陽気で厨房もいつもよりは温度が上がらなかったけれど、びっしょりと汗をかいていたのでした。壁に取り付けた扇風機は、果たしてどれほどの効果があったのでしょうか。家に帰る道で、近所の子どもたちがボール遊びをしていた。最近はこの辺りでは珍しい光景だから、微笑ましくて心が明るくなるのでした。「こんにちは」と元気のいい挨拶。

書斎に入って、パソコンに昨日今日の仕入れや売り上げのデータを入力していたら、居間でpekoが吠えるものだから、雨上がりの公園まで夕刻の散歩に出掛ける。最近は、歳を取ったせいか、すぐに吠えて自分の意思を通そうとする。どこかせっかちになる人間の年寄りと似ているから可笑しい。階段脇の木槿の花に雨の雫が溜まって夏らしい風情。女将は美容院に出掛けているらしかった。蕎麦屋から持ち帰った野菜サラダに牛縞腸を焼いて夕刻の一献です。

夏の宴会料理のために研究したレシピを実際に作ってみて試食するのも、なかなか楽しいのです。まだまだ味が今ひとつと言うところかな。女将が戻って夕飯の続きが始まったけれど、早めに食べ終えて手持ちぶさたな陽の暮れ時だったから、暗くならないうちにと蕎麦屋へ出掛けて、昨日から作り続けている鰹節のフリカケの仕上げの作業を開始した。ついでに洗い物の片付けと洗濯物を干したり畳んだり。それでも5000歩余りの運動量ではよく眠れるか心配…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.