久しぶりに気持ちの好い雨の朝…

久しぶりに心地よい雨音を聞いた朝。振り方が激しかったから、ペコを家に残して一人蕎麦屋へ出掛ける亭主。昨日の片付けがそれほどあるわけではなかったのだけれど、やはり、少しでも先に仕事を終えておかないと、今日一日の定休日が辛くなるのです。洗濯物を干したり畳んだり、蕎麦茶を沸かして、水で冷やしたら容器に入れて冷蔵庫で冷たくしておく。大雨注意報が出ていたから、お袋様に連絡をして仕入れの時間を遅らせる。その間に床屋に出掛け、

開店前だというのに先客がいたから、息子さんに頭を刈ってもらうのでした。女将とお袋様を連れて2日目の仕入れに出かけ、帰って来たのが10時半だったから、午前中に出来たのは、メニューにはない餃子の仕込みだけでした。昼に家で食べる分だけは容器に詰めて、ザルラーメン・餃子で元気を付ける。裏メニューとして登場するのはいつのことか。こんな風に密かに温めておくメニューというものがいつの日か日の目を見るのだと、ささやかな夢を見る亭主。

このレシピを考えたのは、20代の頃から随分と通ったラーメン屋の親爺様。カウンターの七席だけで店を始めたのでしたが、10年近くも頑張って新都心に奥さんや息子さんと共に大きな店を構えたのです。狭いカウンターの店には毎日のように通ったから、自然とザルラーメンのレシピのヒントを聞くようになって、自宅で試行錯誤で親爺様の店の味を見つけることが出来た。胡麻味噌とラーメンのタレとの相性で、冷やし中華に変わる和風の味になることが分かった。

そんな思い出を胸に、午後も早くから蕎麦屋へ出掛け、鰹節のふりかけ作りをしながら、天麩羅のおろしに使う大根の残りを下茹でして、イカと合わせて煮物を作る。インゲンと三つ葉を茹でて煎り胡麻を擦って、明日の小鉢の一品目、胡麻和えを赤絵の八角小鉢に盛って冷蔵庫で保存する。サラダに使うアスパラも塩茹でをしておき、まな板を換えて、いよいよスルメイカの処理を始める。大根は下茹でのお湯に浸けたまま透き通るまで待つのがポイントなのです。

鼈甲煮とは違って、薄口の出汁醤油で落とし蓋をしてじっくりと煮込む。今朝からずっと大鍋に火を入れて乾燥させていた鰹節はフードプロセッサーにかけて細かく砕き、更に乾燥を続けるけれど、今日中に仕上がる見込みはない。蕎麦豆腐を仕込んで洗い物を済ませた夕刻から、隣町のプールでひと泳ぎ。今日はコースが空いていて、亭主一人で悠々と泳ぎ始めたら、何時の間にか次から次へと追いかけてくるお客が現れる。四個メのアップを終えて+αで終了。

家に戻っても、女将はまだスポーツクラブから帰っていなかった。蕎麦屋の小鉢の具材を試食用に持ち帰っていたから、器に盛って女将の帰るのを待つ。デザート用に買ってきた桃の香りが食堂中に立ちこめて、季節を感じるひとときなのでした。今日は蕎麦粉を頼んだ農場から、何度も電話をいただいて、折り返し電話をすれば、注文した粉がいつもと違うけれどそれで好いのかという事なのでした。どうもネットで違う欄にチェックを入れて発注をかけていたらしい。

係の方の爽やかで親切な応対に感謝なのでした。やっと女将が帰って、運動の後にチーズ揚げ、鶏の手羽先焼きをこしらえて貰って、今日も一献。そう言えば、梅雨も明けたから、立秋までの間に暑中見舞いを出す時期だけれど、今年の夏はダイビングにも出掛けていないから、どうしたものかと思案橋。確か昨年はメールで返信をくれた友人もいたから、時代が夏の挨拶状を必要としていないのだろうかと悩むのです。メールの方がより詳しい近況を送れるし…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.