どうしてこんなに眠れるのだろうか…

早朝のpekoの散歩と蕎麦屋の朝の仕事を終え、朝食に昨日残った蕎麦を食べて、居間で寛いでいたら、珍しく女将が「お隣との境の紫陽花を切らなければ」「二階の植木鉢を下に降ろさないと、人が来ても泊まれないわ」と言うものだから、車庫から脚立を出して紫陽花の木を切り、二階に置いてあった青年の樹や君子蘭の植木鉢を幾つも、玄関まで運んできたのでした。8時過ぎに蕎麦屋へ出掛け、野菜の水遣りを済ませて、お袋様と農産物直売所へ出かける。

昨日、蕎麦屋にお客でいらっしたパン屋の若い店主が、朝から仕込みに入っているのを見て、お互いに定休日も大変だよねと元気を貰うのです。お袋様を家まで送ったら、その足で隣町のスーパーまで仕入に出かけ、蕎麦屋に戻って冷蔵庫に収納する。休む間もなく、今日は女将のお稽古が休みだから、午前中に西の町まで生椎茸や三ツ葉を仕入れに行ったのだけれど、なかなか新鮮なものがないのでした。午前中に床屋へ行く予定が、とうとう実行できなかった。

昼時には一度家に戻って、女将と二人で最後の蕎麦を茹でて食べる。二日目の新蕎麦もなかなかの味わいで、エアコンの効いた書斎で仕入れのデータをハソコンに入力していたら、何時の間にか眠っていました。やはり、暑さのせいか、昼も夜もとにかくよく眠れる。蕎麦屋へ行ってから床屋へ寄るよと稽古場の女将に言ったけれど、このところの厨房の暑さに耐えかねて奮発した扇風機を取り付けたり、出汁を取ったりしている間にもう夕方になっているのでした。

カボチャや大根の処理を明日に回して、コーヒーを入れて明日仕込む小鉢を何にしようかと考えながら、蕎麦徳利に蕎麦汁を詰めて、今日の仕込みを終わりにする。今日は土用の丑の日だから、普段ならば鰻を買って帰るのだけれど、蕎麦屋のレシピ研究の途中とあって、女将にはアンガス牛のカットステーキ、下町育ちの弟が好きなホルモン焼きは、盆の宴会の折に出してもいいと考えながら、自分は牛縞腸を焼いて、晩のひとときを試食がてらに楽しむのでした。

新設した壁掛けの扇風機の威力も眉唾物で、今日もどれだけ汗をかいたから分からないのでした。歩いて二度、荷物を運んで車で二度蕎麦屋を往復したけれども、4000歩余りの運動量だから、これでは到底痩せるはずもないのです。開店間際にビールを仕入れに行ったら、酒屋の親爺様が、昨日のイベントの片付けに追われて「歳を取ると本当に辛いですよね」と言うのも頷ける。「なかなか蕎麦を食べに行けないけれど、よく頑張りますね」と言われて恐縮した。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.