元気が出て心温まる話…

亭主もpekoも早起きの習慣が付いてしまったのか、日の出前の朝の散歩は続いている。夜までの営業で夕食後に横になったまま朝まで眠ってしまったから、今朝も空腹で目が覚めるのでした。涼しい朝だったから、台所に行って朝ラーメンを作って食べると、身体が温まって元気が出る。食べたばかりだというのに、pekoが居間でもう散歩に出る運動を始めるものだから、玄関を出るのでした。ブーゲンビリアの花の色が随分と濃くなって、実に爽やかで美しいと思う。

蕎麦屋で一仕事を終えて、玄関口の長椅子で一服していると、いつもの小母さんが犬の散歩にやって来て、「随分早いですね」と言われて挨拶を交わすのでした。勿論、あまり早すぎる起床だから、家に戻ってテレビでニュースと天気予報を見たら、また床に入って一眠りする。女将が朝食を食べる時刻にまた起き出して、昨夜は風呂も入らなかったから、今朝は朝シャワーを浴びて、出勤の準備。定休日前日になるのが随分と早い気がするのは、気のせいなのか…。

それでも、身体が疲れているからか、歩くスピードは非常にゆっくりなのが自分でも分かるのです。時折、立ち止まって景色を眺めながら、今朝の涼しい風に吹かれる。蕎麦屋の庭に出て、キュウリやナスやシシトウの収穫をする。大きくなりすぎると美味しくなくなるので、定休日明けに使おうと冷蔵庫で保存するのです。野菜たちに朝の水遣りをしていると、自然と身体が目覚めてくる。昨日の蕎麦はほとんど残っていなかったので、今朝も秋蕎麦と新蕎麦を打つ。

お客が多いのは嬉しいのだけれど、また蕎麦粉の発注をかけなければならない。食材や消耗品の在庫管理は、当然のことながら、亭主が一人でやるものだから、考えたら大変な仕事なのです。今朝も冷蔵庫に小鉢のストックがなくなっているのに気が付いて、ナスとキュウリとミョウガを刻んで慌てて浅漬けを作る始末。蕎麦を打ちの終わる頃にスタッフが来て、ほっと一息を付くの亭主です。暑さのせいもあるけれど、忙しい週末を終えた月曜は身体が重いのです。

珍しく、今朝は女将も夕べ風呂に入ってめまいがしたと言っていた。そんな身体の心配をしながら、今朝もサラダを作り終えて、開店前にぶっかけの賄い蕎麦を食う。ぴったり開店の時刻にお客がいらっして、見れば若いカップルなのでした。天せいろ二つに出汁巻き卵を頼まれたから、全部お出しした後で、「出汁巻き卵はいかがですか?」と尋ねる亭主。「柔らかくて美味しい」と奥様が応えてくださった。「火口が少ないので、混んでいると大変なのですよ」と亭主。

若いのに気さくな話しぶりだから、色々と話をするうちに、お袋様のマンションの坂の下にあるパン屋さんのご夫婦なのだと言うから驚きでした。ご近所のパン屋事情にも詳しいらしく、同じ自営業の苦労は話すまでもないこと。月・火が定休日なのだけれど、火曜は仕込みで今日しか休めないのだとか。若いだけあって、火・水休みで二日とも仕込みで店に出る亭主よりは、随分と仕事も早いのでしょう。爽やかなお二人に、逆に元気をもらって嬉しかったのでした。

お店のお客に霊犀亭の話を聞いてのご来店だと言うから世間は狭い。という間に、次のお客は蕎麦好きのお子様を連れた常連さんの奥様で、先のお客のパン屋さんにも通うというから尚更のこと世間は狭い。聞けば美味しい大人向けのパン屋で、子供には硬すぎるのだという話を聞く間に、当のご夫婦はお帰りになるから、すれ違い。それでも、地域の人たちが、少しずつ会話を深めてお互いを理解する場がここにあったと感じて、何故か元気が出るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.