常連さんパワーで、満席、お蕎麦売り切れ…

昨夜は10時就寝、今朝は6時起床。寝汗もかかずに眠ったのは好かったのですが、それでもなかなか起き上がれないから、やはり、多少は熱中症気味なのかと、厨房に風を送る壁掛けの扇風機を購入しようと考える亭主。このところの女将の暑がる様子にも、例年とちょっと違う暑さなのだと感じるのでした。散歩から帰ったpekoは、エアコンの入った居間で、いつもの場所を確保して眠り込んでいるから気楽なものです。亭主は暑くて傍には座ることが出来ない。

朝食に業者の持って来た豚肉の生姜焼き丼を試食して、やはブラックアンガス牛のカットステーキ丼で正解だったと、今日からスタンドメニューに加えることにしました。蕎麦屋の朝はいつもと同じで、庭の野菜に水遣りをして、大きくなったナスとキュウリを収穫したら、米を研ぎ炊飯器にかけて、蕎麦豆腐とデザートの水羊羹を仕込んでおく。それでやっと蕎麦打ちの開始。今朝はどういうわけか指先の湿り具合に頼って40%の加水率で打ち始めたら、力がいった。

固く練り上がったから、伸し棒も重たい樫の木の伸し棒を使って、時間を掛けて丁寧に伸すのだけれど、やはり生地の硬い分は周辺が少しひび割れて、やっといつもの幅と長さにのし終える。どうしても厚めに仕上がるから、駒板を送って包丁切りをしても、心持ち太めの出来栄え。こんな時は、一人前135gで切りべら21本で切っていくのですが、かなりコシのある蕎麦が出来上がって、茹でるのにも注意が必要だと、水回しの段階でもう10g加水する必要を感じる。

食べては美味しいけれど、どうしても乾燥するから長くは保存が効かない難点がある。などと思っていたら、開店前の店の駐車場には、もう車が入っていたのでした。暖簾を出しに出てみたら、常連さんで、今度はまた両親を連れて来るとおっしゃっていたお客様。前回は大変な混みようで、ご両親もゆっくり出来なかったのでしたが、それを勘案してか、今日はお早いおこしなのでした。ところが、こんな日に限って、続けて常連さんの車が二台入って来るのでした。

最初のお客がやっと注文を決めて、調理を始めたばかりだったから俄に忙しくなる。次のお客が、鴨せいろと天丼セットで、三組目のご夫婦はお酒と一品料理も頼まれる。女将はその時点で動きが止まるから、亭主は天麩羅を揚げながら、鴨肉を焼きながら、山芋まで擦って用意した盆にセットするのでした。お客の蕎麦の食べ具合を垣間見ながら、蕎麦湯を溶いて出して、一組ずつ仕上げて行くのが常道なのに、女将は一度に注文を受けるから、パニクっている。

仕方がないから、「満席の看板を出して」と女将に言って、後から来るお客を牽制しておく。実際にテーブルとカウンターの真ん中が埋まっているのだから、まんざら嘘ではないのです。全て常連さんだから、いろんな会話が飛び交って、今日は、あちこちで新蕎麦が美味いという言葉が印象的なのでした。年配のご両親が、「蕎麦の香りが好かったわ」と言えば、違うテーブルからは、「蕎麦湯まで、本当に美味しいわね」と褒め言葉。やっと三組目まで料理を出して、

カウンターの常連ご夫婦と四方山話。今日は奥様が中村藤娘をご一献で、ご主人は運転手らしいのでした。先日は確か逆だったからかなかのなおしどり夫婦。一息入れようとすれば、もう玄関の外に次のお客の姿が…。扉を開ければ、一昨日もいらっした女将の友達が友人を待っている様子だったから、「暑いから中でお待ち下さいよ」と言って入っていただく。どうやら1kmの道のりをこの暑さの中を歩いて来たらしいのです。お友だちも女将の友達だから有り難い。

閉店の前にまた車が入って、常連さんがお友だちを連れていらっしてくださった。前回は蕎麦豆腐を食べ損なったからとランチセットを頼まれて、今日はお土産にも蕎麦豆腐をご所望なのでした。朝のうちに沢山仕込んでおいてよかった。今日は冷やし田楽も焼売も売れて、用意した食材がいろいろと出るのは本当に嬉しい限りなのでした。そのせいか、天せいろは意外と少なくて、小鉢が随分と出たから、早朝に漬け込んだ糠味漬けのキュウリが大変売れたのです。

蕎麦が売り切れたから、午後もすぐに蕎麦屋に戻って蕎麦打ちを始める亭主。蕎麦屋の下の通りで、ご近所が集まって子どもたちの夏祭り。流し素麺や御輿まで用意して、若いお父さんたちがまめにたち動いているのでした。遠くから眺めていても、未来が見えるようで、それはまるで夢のような光景なのでした。蕎麦打ちを終えた夕刻は、明日の仕込みにかかり切りの亭主。家に戻って夕食のひとときを楽しんでいたら、弟から電話でお盆の時期に宴会の予約…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.