月の終わりの賑わい…

今日も朝から蒸し蒸しする陽気で、通りは雨で濡れていました。pekoの散歩に蕎麦屋へ出掛け、夕べ漬けておいた糠漬けのキュウリとナスを取り出しておく。10時間ではこの時期少し味が濃いのだけれど、ご飯のおかずにはちょうど好いかも知れない。女将の好みの薄味にするなら、やはり8時間というところか。片付け物は夕べのうちに終わらせておいたから、すぐに家に戻って早い朝食を食べる。蕎麦屋の木槿も花を咲かせていたから、やはり夏の陽気かな。

今朝も蕎麦を二玉打たなければならなかったので、少し早めに出掛けて米を研ぎ、デザートのマンゴーゼリーを仕込んだら、蕎麦打ち室に入る亭主。湿度は78%といつもより湿気が多かったので、加水率は41.6%にして、力を入れて捏ねていくと、やはりこのくらいでちょうど好い硬さ。打ち粉をほとんど使わなくても綺麗に伸せる程度のしなやかさが好い。角の部分まで丁寧に広げた生地は、八つに折り畳んで、一人前140g 弱で、ぴったり8人分が取れるのでした。

今朝もこれを二回繰り返して、16人分の蕎麦を用意する。130gなら17人分は取れるのでしたが、金曜日はそんなに沢山お客が来た試しがないから、端切れの部分は家に持ち帰って、酒のつまみの蕎麦揚げにしてもらうつもり。開店当初は、店で揚げてお客にも出していたのだけれど、天麩羅に使っている胡麻油が早く汚れるのが判って、自分で持ち帰って食べているというわけなのです。スタッフと賄い蕎麦を食べたらいよいよ暖簾を出して今日も営業開始です。

今日の最初のお客は、3人連れのご家族様で、ご新規のお客だったからか、せいろ蕎麦とおろし蕎麦と初めての店の様子見と言ったところ。途中から、焼売を頼まれだり、お持ち帰りのフリカケをご注文されたりと、蕎麦湯まで綺麗に飲んで下さって、少しは気に入ってくださったか。続けてリピーターのお客様が二人連れでいらっしゃって天せいろのご注文。「お蕎麦が美味しかったわ」とご満足の様子でお帰りになったから嬉しい。テーブル席が埋まったらカウンター。

こちらもご新規のお客様たちで、天せいろのご注文。その間に男性客のリピーターさんが、やはりカウンターの隅にお座りになって、天せいろと辛味大根のご注文。これで店の中はほぼ満席状態なのですが、まだ12時を過ぎたばかりだから、昨日に引き続いて、普段ならもっとお客の少ない金曜日の今日も、異例の混み具合なのでした。それでも、皆さん語らいながらゆっくりとお食事をすると言った感じで、寛いで下さったご様子なので厨房の亭主も嬉しいのでした。

その後も、もう一回転。「蕎麦湯もとても美味しいわ」と言ってくださるお客もいたりで、自然とお客様との会話が増える。「カレー蕎麦」と言っていたご主人の言葉を聞き間違えて、「カレーライスですか?」と、亭主が聞き返すと、「カレーライスは出来ないでしょ?」と、言うものだから、「出来ますよ」と、早速、冷凍したカレーの袋を大鍋に入れる。「この人カレーが大好きなのよ」と、ランチセットを頼まれた奥様が話に加わる。すると、「カレーはどうしてこんなにお安いの」

野菜サラダと味噌汁を付けて650円にしているのは、話せば長いことなのだけれど、苦学生時代の学食で毎日食べたカレーライスに助けられたという話をすると、妙に納得するご夫婦。「具沢山で美味しいよ」と、奥様の残された天麩羅や蕎麦まで食べてご主人が言うから、「本当はね、働く若者に向けに作っているんですよ」と、昔を思い出す亭主。「一杯飲みたくなっちゃうね」とご主人も胸襟を開く感じで、「駅前だからちょっと歩いてくるのは遠いんだよね」と言う。

「団地の奥に住む方々は、駅前まで出掛けなければ食べるところもなかったのですよね」と、亭主が昔話を始めた頃には、もう、他のお客はお帰りになっていました。昨日とほぼ同じくらいのお客の数だったけれど、月末の平日にこれだけ混んだのも珍しいのでした。用意した蕎麦もほとんど売れ切れで、蕎麦汁もなくなってきたから、今夜はまた出汁を取って仕込んでおかなければならない。お客が多い日は、それだけ仕込みも多くなるのが道理で、忙しい一日です。

猛烈な勢いで洗い物を片付けて、2時半にはスタッフと共に家路につくのでした。女将は出掛けているから、物音で目覚めたらしいpekoが、怠そうに椅子のアームレストに座っているのでした。6月最後のデータ入力を済ませたら、今月の食材費/売り上げは48%と、少しだけれど、二回目の黒字月になった。勿論、亭主は無給のままだからまだまだなのですが、先行き明るい月の終わり。隣町のプールに出掛けて、今日は少しだけ長い距離を泳いで帰るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.