大盛ばかりで12時半にはお蕎麦が売り切れ…

一日中曇りという予報だったのに、やけに蒸し暑いから変だと思ったら、昼前からやはり陽が出て来ました。これはもうあの真夏の逃げようのない暑さなのでした。そんな陽気を知ってか、今朝は庭の木槿がいっせいに咲き始めていたから驚きました。pekoの散歩も6時前に済ませて、亭主はまだ眠りたかったけれど、珍しく女将が早めに朝食を用意してくれたので、7時半には蕎麦屋へ出掛けて行く。米を研いで炊飯器にかけたら、早速、蕎麦打ちにかかるのでした。

湿気が多い朝だから、今日の加水率は42%で絶妙の柔らかさ。打ち粉もそれほど使わずに、蕎麦玉二つを伸したら、蕎麦切りまで順調に終えて、17食を用意した。最近は、綺麗に畳んだ生地も最後まで綺麗に切れるようになったから、750gを二回打つと8.5食×2で、17食になる。平日だから、15食も用意すれば十分だろうと、開店前にフタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。定刻になって暖簾を出そうと思ったら、もう駐車場に車が入ってきたから嬉しい予感…。

近所の会社の常連さんたちで、鴨せいろの大盛りを三つの注文だったので、これは大変と急いで鴨肉を解凍する。その間にもう一台車が入ってきて、ご夫婦のお客様がご来店で、今度は揃って天せいろの大盛りをご注文。更に続けて、カウンターにもうひとかた女性のお客がいらっしゃったから、12時前に生舟一箱の蕎麦がなくなったのです。やっと六人分の蕎麦を立て続けに出し終えたと思ったら、一息つく間もなく、今度は四人連れの若い男性客のご来店で。

またもや大盛の鴨せいろのご注文。この分だと今日は12時半前に蕎麦は売り切れるだろうと思ったので、表に「お蕎麦売り切れました」の看板を出して、厨房はまだ大忙しなのでした。そんな折も折、いきなりお袋様が暖簾の向こうから顔を出して、「5人なんだけれど大丈夫?」と、言うものだから、「蕎麦は売り切れちゃった」。どうやら蕎麦屋へ向かうご近所の友人たちと、ばったり出会って一緒に来た風なのでしたが、「ご飯物で好いわよ」と小母様方のご来店。

「天丼なら早く出来ますけれど」と言えば、5人が全員天丼でOK してくださったから助かった。親子丼だと具材を解凍して一つ一つ作らなければならないから、5人分を作るとなると大変な手間なのでした。前のお客たちの鴨せいろを出し終えるまで、サラダや蕎麦豆腐を食べて頂いて、天丼5人分を次々と作っていく亭主。炊飯器のご飯はこれでなくなっているはずだった。味噌汁も全て出尽くして、今日は残った物がないから気持ちがいい。でも、まだ1時過ぎ…。

お袋様を筆頭に、皆さんいい年齢の奥様たちなのだけれど、幾つになっても女性軍は元気で賑やか。何度も蕎麦屋へ来てくれた方ばかりだったから、前回も蕎麦が売り切れでうどんを召し上がったという人もいたから、恐縮なのでした。開店と同時にいらっしゃるお客たちは、案外、そんな事情を知っている方なのかも知れない。最近は、いきなり混んでも、「少しお時間をいただきます」と無理に一度に調理をしようとはせずに、丁寧さを心がけている亭主なのです。

前のお客の調理に時間がかかって少し待って頂くときには、サービスで小鉢をお出しして食べて頂いたり、こんな時こそ多めに仕込んでおく料理がものを言うのでした。今日も小鉢が褒められて、嬉しい亭主。夏野菜の揚げ浸しもカラフルだけれど、大根とイカの煮物にいんげんの千切りを載せたのは、涼し気で好かった。作ったばかりの蕎麦豆腐も、綺麗に全部売れたから、スタッフも平日に、土日並みの混みようで喜んでいた。その分、洗い物は大変だった…。

明日で6月も終わり。大型ショッピングモールが開店した1年前のこの時期は、そのオープニングの日から、目に見えてお客が減ったものでしたが、今年はなんとか初年度の客数に戻っている。売り上げも戻っているし、明日一日の営業の成果如何では、今月もなんとか黒字にこぎ着けることが出来そう。仕入れの値段とメニューの価格とのぎりぎりの設定で、よくぞここまで頑張っていると、これは自分自身に密かなエール。今夜も明日の仕込みに出掛ける予定…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.