昨日は一日中、動き回っていたから…

ぐっすりと眠れた朝なのでしたが、なかなか起きられないのが最近の亭主。4時過ぎに目覚めて、床の中でストレッチをしたり腰や背中を伸ばしたりするけれど、気持ちよくなってまたウトウトとしてしまう。差し迫って何かをしなければならないという緊張がないから、時間があるならまた寝てもいいだろうと、まるでpekoの生活のようで怖いものがあるのです。女将が朝のゴミ出しに出掛ける気配で、『pekoの散歩に出掛けなければ…』と思い切って起き上がるのでした。

蕎麦屋へ出掛けて、pekoを玄関口に待たせたまま、また、鰹節のふりかけ作りの続きを始める。昨日フードプロセッサーで細かくした鰹節が十分に乾燥したので、今朝はストレイナーの網目を使って漉して、さらに細かくしていく。そして、鍋に火を入れながら、煎り胡麻を加えて砂糖と味醂、出汁醤油で味付けをするのです。これでまた、午前中の仕込みの時間まで乾かしておく。家に戻れば朝食の時間で、亭主が蕎麦屋の残りものの卵を焼いて今朝は随分と豪華。

満腹になったらまた一眠りしたかったけれど、さすがにお袋様を連れて隣町まで仕入れに出かけるから、早めに蕎麦屋へ出掛けてもう一度ふりかけの鍋に火入れをしておく。朝からずっと霧雨が降っていたので、スーパーの駐車場が混まないうちにと、入口近くの場所に車を停めて店内に入る。昨日のうちに新鮮な野菜類は仕入れておいたけれど、今朝もまだ大根は好いものが並べられていなかった。昨日売り切れていたパイナップルは新しいものをゲットする。

鰹節や味醂やサラダ油、豆乳、業務用のドレッシングなど、来週までに足らなくなるものは買い足しておく。お袋様もいつものように、仏壇用の花と一週間の主立った買い物とを済ませ、二人で雨の中を車で帰る。先日、お袋様が蕎麦屋と家とを往復する亭主のために、手提げ袋を作ってくれると言っていたものが、やっと出来上がったと持って来てくれていた。80歳をとうに越えているというのに、老いた息子のために立派な布袋を縫ってくれたのです。有り難いこと。

お袋様をマンションまで送り届けて、亭主は手には入らなかった大根を買いに農産物直売所までまた車を走らせる。思った通り朝は大勢の買い物客が来ていたけれど、お目当ての大根は60cmもあろうかという大きなものがスーパーよりもずっと安く売っていたのです。毎朝、新鮮な野菜が並ぶのが直売所のいいところで、早い時間でないとすぐに売り切れるから好かった。蕎麦屋に戻り、いよいよふりかけ作りも最後のパック詰めに入る。三日がかりの仕事でした。

大根を2本も買ったのは好いけれど、いつもの大きさよりもずっと量がありそうだから、昼飯前にもう一度魚屋スーパーへ行って、煮付け用のスルメイカを2パックとキヌサヤを手に入れてくる。どちらも小鉢用にはちょっと値が張るけれど、煮物ならば二三日は持つから、昨日の揚げ浸しと合わせて、週末まで使えそう。スポーツクラブから帰った女将と二人で昼食を終えた後は、今度はごろりと横になって一眠りする亭主。小一時間でも眠れるのが自分でも驚きで…。

定休日だから好いけれど、まさしくこれはpekoの生活に近いかなと、笑うに笑えないのでした。女将が稽古場に入っただいぶ後になって、朝のようになかなか起きられずにいたのでしたが、やっとプールの支度をして午後の仕込みに蕎麦屋へ出掛ける。まずは、インゲンと三ツ葉を塩茹でにして、胡麻和えの具材の準備。その傍らで米を少し入れた鍋で大根をあら煮して、同じく塩茹でしたキヌサヤを千切りにする。まな板を替えるタイミングを見計らってイカの処理。

小さなスルメイカは皮を剥かずに腹から割いて、頭と足は切り落として茹でて今夜の酒の肴にしようと気合いが入るのです。隠し包丁を入れたら出し汁を沸かしてイカと大根を煮込む。落とし蓋をして味を染み込ませている間に、まな板の消毒を済ませる。それから最後に蕎麦豆腐と水羊羹を仕込んで冷蔵庫に入れ、洗い物を済ませたらやっとプールへ出掛けられる。時計は5時を回っていたけれど、夜のパトロールは8時前からだから、余裕なのでした。でも、疲れた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.