やはり疲れていたのでしょうか?

月末の定休日は床屋へ行くことに決めているから、今朝は早くから起き出して、pekoの散歩に蕎麦屋へ出掛け、出汁取りと鰹節のふりかけ作りの続き。1時間ほどの作業の間、pekoはよくぞ玄関の外で待っていた。家に帰ればちょうど朝食の時間で、亭主がパスタを茹でてミートソースにしたら、オムレツを作り、女将の用意したサラダを合わせて、ワンプレートの簡単な朝食の出来上がり。パスタ以外ほとんどが蕎麦屋の残りものだから、責任を感じて調理をした。

朝食後に一休みしたら床屋の開店時刻に間に合うように出掛けて行くつもりが、ごろりと横になったのがいけなかった。目覚めればもう10時近くで、やはり身体が疲れているのだろうか。稽古場で二八(二尺八尺)の紙に向かう女将に声を掛け、床屋へ出掛けたその足で、団地の外れにある農産物直売所へ行ってみる。夏野菜の出回る時期は、やはりここが一番で、キュウリやナスやトマトに枝豆と、袋二つも買い込んで蕎麦屋へ戻るのでした。昼までの勝負…。

再び鰹節のふりかけの鍋に火を入れたら、冷水で冷やしておいた出し汁や蕎麦汁を容器に詰めて冷蔵庫に入れ、洗い物を済ませて午前中の仕込みは終わり。家に戻って、また冷蔵庫の残飯整理に、亭主がカレーチャハンを作る。女将が食べやすいように、隠し味に砂糖と醤油を入れるのを忘れない。スープは女将がキャベツの芯まで煮込んだコンソメ味で、小松菜の残りを加えて、栄養は十分。女将もバランスが取れていれば文句を言わないから、有り難い限り。

今週は蕎麦が残らなかっただけまだ好かったのです。昼からも女将は稽古場に籠もりっきりだから、亭主が隣町まで仕入れに行くついでに今週分の魚や肉を買ってきてやる。今日は本来ならお稽古も休みの日なのでしたが、展覧会への出品期日が迫っているので、お師匠さんが特別に見てくれるのだとか。それが夕刻の6時からだと言うから、それまでに亭主は午後の仕込みを終わらせなければならない。終わりの時間が決まっているのも緊張感があって好い。

ちょっと仕入れは割高だったけれど、夏場に向けて今週は夏野菜の揚げ浸しを新バージョンで作る。先日、農家の親爺様にいただいたズッキーニを何とか和風の料理で出せないかと、乱切りにしてオクラと綠の食材に使う。食感を違える食材の蓮根はこの時期はかなり値が高いけれど、お袋様のレシピにはいつも入っているから、これも仕方がない。カボチャは天麩羅用の端切れを使い、ナスも先週使い残した何本かを利用。味つけは昨日の天つゆベースで。

その間にも、今朝ほどフードプロセッサーでみじん切りにした鰹節を入れた大鍋に三度目の火を入れて、まだ乾燥を続けるから気が長いのです。揚げ浸しの材料を切り分けたら、まな板を替えて、親子丼の具材を切って火に掛けておく。国産の鶏のもも肉は二枚で600円もするから、6人分の具材を作っても、玉葱、出汁醤油、砂糖と、原価にいくらかかるのか。それに卵と三ツ葉を使い、ご飯と小鉢と味噌汁を付ければ、あまり利益が上がらないのも道理なのです。

そもそもが丼物のセットメニューは量も多いから、仕事をするご近所の会社のお兄さんたちに割安で食べてもらおうと考えたものなのでした。それが、値段の安いことも手伝って、年配の女性が頼まれると大体が多すぎて残される。はじめの頃は、「ちょっと多いですよ」と親切で言っていたのが、嫌な顔をされることもあるから、最近では黙って作るのです。料理のお金をいただいても、不味くもないのに残されるのは何か勿体ない気がするから、今後の改善の課題…。

包丁切りもいつになくスピードを上げて、洗い物を済ませたら、何とか女将を送る時間に間に合いました。生椎茸や三つ葉の仕入は毎週火曜日に隣の町のスーパーに行っているから、隣接したホームセンターで厨房の消毒薬や洗剤を買うついでに、ちょっと早めに女将と家を出たのでした。最後の時期の林檎や宇和ゴールドや梅干しなどを買い込んで、女将は「お金を持ってきていないから」と、亭主が全て立て替え払い。予想外に空いていた夕刻の国道を走って、

お師匠さんの家に向かえば、ちょっと早すぎる時間。仕方がないから、団地のあちこちをぐるぐる回っていたら、公園のほとりに紫陽花の綺麗に咲く場所がありました。ご近所に住む人が植えたらしく、蕎麦屋に植えた園芸種もあってカメラを構えて撮っていると、散歩の親爺様が怪訝な顔をしてみるものだから、「これは珍しい種類なのですよ」「ガクアジサイじゃないのですか」「その仲間ですけれど、値段が高いのですよ」と言ったら、妙に納得してくれたからびっくり…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.