珍しく混んだ月曜日…

日曜日の夜はお客が来ることが多いけれど、洗い物や片付けを終えて遅く家に帰るから、どうしても夕食が遅くなる。すると、風呂も遅くなって、ブログも遅くなり、床に就く時間が0時を過ぎる。pekoの朝の散歩は亭主の務めと、早く起き出して蕎麦屋へ出掛けるけれど、これだと睡眠不足で今日一日の営業も覚束ないから、朝食後にまた一眠り。曇り空で涼しい朝だったから、月曜日はお客も少ないだろうと、幼稚園児が母親に連れられて出掛ける頃に家を出る。

蕎麦も打ちすぎても余るといけないと、今朝は13食だけ用意して11時前には朝の仕込みを終えたのです。明日が定休日だから出来るだけ余分なものは作らない。野菜サラダを刻んで、葱切りをしたら、いつもならぶっかけ蕎麦で賄い飯を食べるのだけれど、用意したのが微妙な蕎麦の量だから、様子を見ることにしたのです。果たして、開店時刻から駐車場は満車になって、次々とお客さんがご来店でした。歩いて見えた方たちもいらっして、急に賑やかになる。

今日は、常連さんとリピーターさんが多かったので、皆さん和やかな雰囲気で、違う席のお客の会話にも加わったりで、楽しいひとときを過ごして帰られた。「いつも小鉢が楽しみなの」とおっしゃる奥様が、今日はそら豆のポテトサラダにインゲンを添えたものをお出ししたら、また感激なさって褒められた。辛子マヨネーズを使ったのが他のお客様にも好評だった様子。実は、一番出汁と薄口醤油も隠し味で加えているから、ひと味違った味わいであったのでしょう。

ひとしきり賑わった後も、次から次へとお客が来るのが不思議でならない。それもリピーターさんばかりで、有り難いことなのでした。若いカップルとカウンターに座った男性客で、生舟の蕎麦は完売。「お蕎麦売り切れました」の看板を出したのが、1時30分過ぎだったから、ちょうどいい時間なのでした。野菜サラダも、蕎麦豆腐も、デザートの蕎麦饅頭も、ランチセットがいくつか出たから、残りものも少ないのでした。親子丼の具材も全部売り切れたから嬉しかった。

残った天麩羅の具材を全部揚げて、うどんがあったのでスタッフとぶっかけうどんにして食べる午後。土曜日と同じくらいのお客が来たけれど、休日と違って昼時に一度にどっと来るという感じではなかったから、洗い物もその都度何とかこなして、3時前には上がることが出来ました。日中は相当に蒸し暑くなったから、厨房の亭主は汗だくで少しは体重が減っただろうか。最近は、お客のいない合間を見て、腰痛防止のために奥の座敷で真向法に取り組んでいる。

身体中の筋が硬くなってくる年頃だから、同じ姿勢ばかり続けていると、血行が悪くなるせいか放っておくとなかなか治らないのです。運動をしていた昔は、伸脚をしても胸まで膝に付くのが普通だったけれど、最近では足の裏に顔も付かない。柔軟性を維持するのは全身の健康のためにも必要だからと、少し続けてみることにしたのです。過去の経験ではひと月も続けるとべたーっと身体が折れ曲がるようになる。何十年もヨーガを続ける女将を見習わなければ。

夕食を終えて暇になった晩は、また蕎麦屋へ出掛けて鰹節のふりかけ作りの準備をする。ついでに、明日の出汁取りの準備もしておく。少しでも出来ることをやっておけば、定休日も楽になるのではという思いなのです。真っ赤に染まった夕焼け空を久しぶりに見て、遠い昔にもこんな日があったのを思い出す。まだ、18歳ぐらいのことだったか、予備校に通う学費を稼ぐために、夜のバイトで都心のビル掃除に出掛けたものだが、若い頃の苦労は何でもなかった。

蕎麦屋で粘ること2時間、鰹節をなんとか乾燥させて、その続きはまた明日にすることに。家までの夜道を歩きながら、あの頃も、いつも一人でこんなふうに夜道を帰ったのだったなあと、当時を思い出す。寂しいというよりは、未来の何かを漠然と憧れる生活だったのだろう。あれから半世紀近い年月を経て、年老いた現在の自分は明日の生活を準備して家路につく。そんなとても判りやすい生活だけれど、いったい何を目指して暮らしているのか、ふと、心配になる…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.