朝から雨、さすがにこの陽気では…

強い雨の降る朝でした。出がけに庭の木槿が咲いたのを見つけたものだから、雨の中をカメラに収めて蕎麦屋へ出掛ける亭主。ご近所に咲くノウゼンガツラも、今年は随分と花が早いような気がする。つい二日ほど前には、やっとつぼみが一つ開いたかと思っていたら、今朝は幾つも花を咲かせて、もう夏なのですよと人間たちに知らせているようなのでした。雨のせいもあるけど、朝から随分と蒸す陽気で、かなり眠ったはずなのに何故か身体が重いような気がする。

蕎麦屋の駐車場に咲く紫陽花を見て、すーっとその気だるさが癒えたのです。美しいものを見ると、人間の心は変わるものなのだろうか、過去の素敵な記憶を蘇らせるだけでも、心が洗われるような気がするのは、自分だけなのだろうかと、ふと、思う事があるのです。隠居仕事の蕎麦屋稼業も、一人で仕込みに専念することが多いから、蕎麦を打つひと時にも、様々な思い出が頭の中を行ったり来たり。昔懐かしいあの人は、今頃どうしているのだろうかと考える…。

今朝は蕎麦打ち室の湿度が78%だったから、加水率は42%と決めて、最近にしては少なすぎる水の量だったけれど、これが正解で、満足な蕎麦が打てたと喜ぶ亭主。まったく、蕎麦粉も自然の生き物だから、付き合うのがなかなか難しい。相手の気質をよく理解して、向こうの臨む状況を提供してやらなければ、しっかりとした仕上がりにはならないのです。年間を通して46%というのが平均した加水率なのですが、夏と冬では100gも水の量が違うから驚きです。

人が死に至るときには、今までの人生に思い巡らすなどというのは、テレビ映画などの決まったシュチエーションですが、長く生きてくると、今の人生よりもかつて生きた人生の方が遙かに長いのだから、様々なことが脳裏に去来するのは推して知るべしかも知れません。でも、死に行く場面でなくても、亭主などは毎日がその繰り返しで、それこそいろいろなことを思い出す。しかも、不思議なもので事細かに様々なことを記憶の向こうから蘇らせるのだからびっくり…。

要は、現役で仕事をしているときと違って、実際には関わる世界が狭くなっているから、自分が暇な分だけ頭が思い出の中を検索しまくるといった状態なのかも知れません。蕎麦屋の仕事がそれほど暇なのかと言えば全く逆なのですが、お客が来て応対する以外は、何をするにも全て自分一人の世界だから、余計な考えが頭の中を駆け巡るのかも知れません。普通に定年を迎えて、家でゆっくりとする同世代は、一体どんな心境なのだろうかと気にもなるのです。

今朝は、デザートに抹茶大福を四つだけ作っておきました。この雨では、お客は少ないだろうけれど、休日なのでデザートの付くランチセットのご注文があるかも知れないと、野菜サラダと蕎麦豆腐の仕込んだ数に合わせたのです。それでもこんな雨の中をご来店下さるお客もいるから、「暇だねぇ~」と言っていた女将も亭主も俄に活気づくのでした。ご新規さんだったから、尚更、気を遣うのだけれど、こればかりは、店とお客との相性というものもあるから判らない。

亭主たちよりは見るからに若いご夫婦でしたが、静かに食べたいご様子だったから、こちらから声を掛けるわけにもいきません。「焼売をいただけますか」と、か細い声でご注文なさる奥様の声も、換気扇の回っている厨房にいる亭主には聞き取れないから困ったもの。出した料理は蕎麦湯まで全て綺麗に完食していただけたので、まずは合格点。お客の盆を下げて洗う楽しみは、どれだけ料理が残っているかを見ることなのです。それは、自分への評価でもある。

お客の少なかった昼は早々に暖簾を下ろして、家に戻って一眠りする亭主。午後の追い打ちがなかっただけに随分と楽なのですが、蕎麦が残っても始末に困る。今日は上手く打てたと思う日には、やはり、お客に食べてもらいたいというのが作り手の本音か。4時過ぎにまた蕎麦屋に戻り、あれこれと仕込みをする亭主。お袋様がやって来て、レジの現金を入れる容器を持ち帰る手提げ袋を縫って来てくれた。洗濯物を畳んでくれたり、幾つになっても有り難いこと。

6時半を回って、そろそろ帰り支度を始めていたら、常連さんが「まだ、いいですか?」とご夫婦でいらっしたから、丁重におもてなし。食事以外に、車だから酒も飲まないのに、蕎麦以外にいつも一品量料理を注文なさるから、「鴨肉の冷しゃぶはいかがですか?」と、作ったばかりの料理を出して差し上げる。「夕食なのでしょうから」と、持ち帰ろうと思っていた鰻とオクラの煮こごりや野菜サラダをお出したら、閉店時間を過ぎる。「また来ます」と言って帰られたのでした…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.