朝からかなりの暑さだったのですが…

午前五時半、日の出過ぎ。湿気が多いせいか、朝から暑いと感じるのでした。蕎麦屋廻りの散歩に出掛けたpekoも何処かだるそうで、お互いに歳だねと亭主が笑う。蕎麦屋のミニ菜園に水遣りをして、大きくなりすぎた胡瓜を二つ持って家に帰る。夕飯時に食べるぬか漬けを女将が漬ける時分だからちょうど好い。玄関脇の軒下に植えたミニトマトも、やっと実が出来てこれからが楽しみなところ。ナスも随分と大きくなったのが幾つもあるから、用途を考えなければ。

朝ドラの終わる時刻に再び蕎麦屋へ出掛け、今朝は最初に蕎麦を打つ。加水率は、温度と湿度を勘案して42.7%。昨日の少し柔らかいという失敗を繰り返したくなかったのです。その判断が正しかったのか、今朝は打ち粉を余り使わずに蕎麦切りまで作業を進めて、最初に切った一人分が、切りべら23本でぴったり135gだった。最初が上手くいくと後が楽で、トントントンと軽い包丁の音を響かせて、8人分を打ち終わる。夜の営業も考えて、21人分の蕎麦を用意。

先週のように混む日は、それでも午後にまた追い打ちを掛けなければならないけれど、今日の暑さはどんな影響を見せるのかと、ハラハラしながらの開店時間なのでした。開店間もなく、ご近所のご家族がいらっして、しっかりお昼のご様子。天丼セットと天せいろ、暖かい天麩羅蕎麦と、火口が足りなくなるご注文だったから、天せいろと天せいろを先にお出しして、天丼セットをすぐに仕上げて無事に調理を終える。と、思ったらもう次のお客のご来店なのでした。

テーブル席も一杯でカウンターにもお客が座るから、いつ満席の案内を出そうかと様子を見ている亭主。駐車場もすぐに一杯になって、いつもの土曜日の混みようが始まるのでした。年配のご夫婦に交じって、最近はもう二回りほど若い世代のお客が来るのが目立つのでした。カウンターに座って、亭主と話をするご夫婦も、もとはこのご近所の農家の出身なのだとか。地産地消の話になって、亭主は食材の新鮮さを、どんな料理も越えることは出来ないねと応える。

開店前にぶっかけ蕎麦を作って食べる亭主は、インゲンの天麩羅がどれほどで火が通るものなのかと試してみるのでした。蕎麦の出来具合や蕎麦汁の仕上がり具合、今日一日、お客に出す食材がどれほどの味なのかを知っておく必要があるからなのです。閉店時間の過ぎるまで、今日もお客が途切れることがなかったから、やはり、土曜日は要注意なのです。暇な平日の来客数を、この土曜の一日で全て超えてしまうから、女将が愚痴るのも無理はないのです。

それでも、早めに洗い物を済ませて、家に戻れば女将はもう美容院へ出掛けると言うから、凄い体力。亭主はパソコンにデータ入力を済ませてごろりと横になってしばしの休憩なのでした。きっと、女将も美容院で寝ているのだろうと思っていたら、案の定、夕飯時にはそんな話をしているのでした。10分でも20分でも横になって一眠りすると、元気が出るとは昔ながらのお袋様の教え。混んだ日の夕刻は、明日の仕込みが沢山あるから大変なのでしたが、無事に完了。

少し涼しくなった夕刻になってお袋様がやって来て、洗濯の物の片付けなどを手伝ってくれたのでした。紫蘇味噌を造るからと、帰りにミニ菜園に沢山生えている紫蘇の葉を採って行ってもらった。近くに住んでいるとお互いに何かと便利なのが好い。幾つになっても親子の関係は変わらないから面白い。80歳半ばになっても調理をする興味が尽きないのは、やはり、昔取った杵柄か。今日は先ほど作ったばかりの三つ葉といんげんの胡麻和えを試食してもらった。

「あんたのところは出汁を入れるからやはり美味しいね」と、蕎麦屋ならではの工夫をすぐに見分けるからさすがに凄いのです。新鮮なインゲンも甘いし、味には自信があったから嬉しかった。「胡麻だけは生胡麻を煎らないと香りが出ないんだよ」と、今日は煎り胡麻を使った亭主が気づいていた事を言う。明日の出汁を取り、蕎麦汁を仕込み、じっくりと酒蒸しした鰻の煮こごりをまた作って、これは明日のお楽しみ。蕎麦豆腐を仕込んで今日の営業時間を終えました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.