真夏並みの暑さにやられて…

今日は早朝から蒸し暑かった。みずき通りも6時過ぎにはもう日が高々と昇り、今日一日の暑さが思いやられるのでした。pekoの散歩で蕎麦屋を廻り、昨日の片付けものを済ませて帰ろうとすると、先日、耕し始めていた向かいの畑に、何やら新芽が伸びているではありませんか。以前は、老夫婦でピーナッツ畑で落花生の収穫をしていたのでしたが、去年はとうとう作るのを止めたのかと思っていたら、今年は若い息子さんが頑張っていた。受け継がれたのか…。

朝食後に再び蕎麦屋へ戻ったら、朝からもう汗をかく始末。蕎麦打ちの前掛けを掛けて、今朝も二玉の蕎麦を打てば、蕎麦粉が新しく換わったせいか、同じ加水では若干柔らかい気がするのでした。蕎麦玉をビニール袋に入れて寝かせておく間に、昨日作った蕎麦汁を徳利に詰め替えて、キュウリと大根とミョウガで浅漬けを作っておく。打ち粉を少し多めに振って、蕎麦を伸していくのですが、柔らかい分だけ伸しが早く終わるから、どうも何かいつもと違うのです。

包丁切りになって、駒板を慎重に押さえながら、トントントンと切り進んでいくけれど、均一な厚さに伸されていないのか、どうも太さにばらつきが出来てくるような気がしてならない。ちょっと気が緩むと、もう、幅の広い部分が出来てしまったりするから、今日の難点は、唯一、加水に始まって加水に終わったかなという感じ。茹でてしまえば、それほど気にならない蕎麦なのですが、均一な太さの蕎麦を打つのは、同じ状態に茹で上がるということだから大切なのです。

常連さんのご近所の社長さんが、今日は珍しく早くいらっして、いつもの辛味大根でおろし蕎麦を注文なさる。暑い中を歩いていらっしたから、有り難いことです。蕎麦を締めるためにボールに入れた氷がすぐに溶けているから、水温も大分上がっているのが判る。蕎麦湯を作ってお出しする頃に、また一人カウンターにお客様。まだ昼前なのに、今日も忙しくなるのかしらと期待したけれど、この暑さでは、外に出てわざわざ蕎麦屋まで昼を食べに来るのは難しいか。

朝のうちに浸けておいた浅漬けを、今日使う分だけ小鉢に盛ったら、涼しげな色合いだったから好かった。敢えて、ナスを入れなかったのは、ナスの色が悪くなるのを嫌ったのです。ニンジンは赤い色がどこか暑苦しい気がしたのです。ミョウガの皮の色と香りであっさりと食べていただければいいかと思った。もう一種類の小鉢であるイカと大根の煮付けは、冷蔵庫で冷えて味がしみてきたので、これも暑い日には美味しい。目で涼しく食べて涼しく、これが夏向けだろう。

昨日仕込んだ蕎麦羊羹も、今日は皿に盛っておいたら、珍しく男性客がご注文でした。昼を過ぎたら、お客が来なくて暇だったから、スタッフと一緒にあちこちと掃除を始める始末。亭主は、段ボールを切って油の缶の蓋を作り、厨房の足回りを綺麗に掃除する。油や水が垂れたときにすぐに拭き取っておかないと、埃が付いて汚くなるのです。それが溜まってくるとなかなか落ちないから、やはり、日々こまめに掃除をすることは衛生上でも大事だと再認識するのでした。

ラストオーダーは閉店15分前だから、お客がいなかったので、今日は早めに暖簾をしまって片付けに入る。確か、先週の金曜日もお客が少なかった。そして、一週間の平日分を合わせたくらいのお客が、土曜日や日曜日には一度に来るから、これがまた大変なのです。こちらの思うようにお客が来てくれないかと考えること自体が、そもそも間違っているのでしょうが、何か上手い方法はないものかしら。世の多くの飲食店でも、同じ悩みはあるのかも知れない。

早く帰った午後は、パソコンに今日のデータを入力し終えたら、蕎麦粉の代金を支払いに行きながら、そのままプールへ出掛けてゆっくりと泳いだ。この暑さにもかかわらず、隣町のスポーツ施設は、駐車場が満杯なのでした。ちょっと泳いだだけなのにもう汗が止まらない。家に戻っても女将はまだ帰らないから、pekoに夕飯を与えたら、冷蔵庫の中を物色して、自分も早めの夕飯を一人で食べ始める亭主。彼女も夏の展覧会の作品がなかなか仕上がらずに大変そう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.