暑さがまた戻って…

昨夜の風雨は何処へやら。朝から湿気のある暑さだったから、pekoと元気に蕎麦屋へ散歩に出掛けて、幟を出したり、昨日の床掃除の後片付けをしたりと、早朝の一仕事を終えるのでした。7時前に家に戻ると、女将が台所で朝食の支度に追われている。蕎麦屋で残ったサラダの具材を沢山持ち帰っていたから、亭主が責任を感じて、レタスやキャベツ、パプリカ、アーリーレッド、パインを肉と炒めて、塩・コショウに砂糖・醤油で八宝菜風にしたら立派なおかず一品。

それでもまだ冷蔵庫には、三ツ葉やインゲンが食べきれずに残っていたから、こちらは蕎麦屋へ持って行って、今日の小鉢にと胡麻和えにする。二種類の野菜の歯ごたえと、煎って半分すった胡麻と三ツ葉の香りが好い。出汁と醤油と砂糖を加えれば、これも立派な一品。昨日、農産物直売所で買ったインゲンは新鮮で甘かった。今日のお客さんで女性の方が、これはとても美味しいと褒めてくださった方がいたから、なんでも工夫次第だと元気をもらうのでした。

定休日明けの木曜日は、750gの蕎麦を二玉打つと決めている。このところ、平日でもお客が多い曜日だから、これで何時まで売り切れにならずに持つかと心配するのです。まさか16食は出ないだろうと思っていたら、大盛りのご注文が随分と多かったので、1時過ぎには残り僅かで冷や冷やものなのでした。今日は常連さんが半数以上のご来店。わざわざ電話をくれて来てくださった方たちもいらっした。丼物も野菜サラダも味噌汁も出て嬉しい限りなのでした。

開店して間もなく、カウンターに座られた隣町からの常連さんは、例によっておろし蕎麦を辛味大根でのご注文。いつもは閉店間際にいらっしゃるから、蕎麦が売り切れてしまうこともあるのだけれど、今日は打ち立ての蕎麦を召し上がっていただけました。次にいらっして同じくカウンターに座られたお客も、隣の常連さんの様子を見たのか、おろし蕎麦の大盛りを辛味大根でとおっしゃって、今日は暑いのに汗をかきながらお二人で辛い大根蕎麦を召し上がるのでした。

先週末に折角来て下さったのに、満席で店に入れなかった隣町の会社の常連さんたちは、今日は早めにいらっしたので、お蕎麦も売り切れていなかった。例によって野菜を食べないお一人を除いては、野菜サラダのご注文。全員、天丼セットで社長はいつも通りのお蕎麦大盛り。去年も随分とご贔屓にして頂いたのですが、仕入れの原価の高いマグロ丼をお休みしているからちょっと気が引けるのでした。何とか工夫して復活したいのだけれど、思案のしどころ…。

今日のもう一品の小鉢は、大根とイカの煮物。するめいかに隠し包丁を入れて、薄口醤油で白っぽく仕上げたら、暑い日には案外合うかも知れないと思ったのですが、今年はイカが不漁でちょっと割高。キュウリやナスなどの夏野菜のぬか漬けが一番安くて美味しいのだけれど、漬ける時間が夏場はどうしても夜中になるので、毎日は夜の蕎麦屋へ出掛けて行く気がしないのです。それでも、庭で採れたての野菜のある時には、風呂上がりにもうひと頑張りする。

平日に平均して8時間の仕事量は、結構、きつい。一人で夜の営業もする土日は、昼と合わせて12時間になるから、年を取るに従ってだんだんと辛くなるような気がしてならない。もっと若ければ、バリバリ働いたのかも知れないけれど、今のようにぎりぎりの営業状態では、到底、生活は出来ないだろうから、隠居仕事と割り切ったのが正解と言うほかはない。その日打った蕎麦や造った料理が目の前でお客に食べてもらえるという、臨場感が何よりの励みなのです。

パソコンに今日のデーターを入力し終えたら、書斎で寝転びながら、明日もまた二玉の蕎麦を打ち、どんな小鉢を作ろうかと考えるのが夕刻までの楽しみなのです。女将が夕飯前のpekoの散歩に出掛けて行く。そして、亭主は今宵の酒の肴をあれこれと想像して、やっとブログを終えるのです。それから、元気の戻る夜にかけてが暇でならないことが多い。やはり蕎麦屋へ出掛けて糠味噌に野菜を漬けて来るべきなのか。この暑さでは今夜もなかなか寝付けまい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.