終日の雨…

目覚めたらもう雨の降っている朝でした。ひどくならないうちにpekoの散歩に出掛けようと亭主が起き出したら、もう女将がひと足先に連れ出したらしく、仕方がないから一人でお茶を入れて飲んでいたのです。生暖かく蒸し蒸しとする朝だったから、身体がだるく感じるのか、まだ眠り足りないのか、目覚めがすっきりとしないのは、夕べ遅くまで夏のレシピ研究をしていたからなのかも知れない。実際に作ってみて皿に盛って食べてみないと、やはり、自信が持てない。

お袋様に電話をして、隣町のスーパーの開店時刻に二人で仕入れに出かける。今日はみすぼらしいキュウリしか出ていなかったから、午後になって団地の外れの農産物直売所を訪ねなければならなりませんでした。雨だから、きっとお客も少ないだろうと思ったのです。いつもなら、午後には売り切れているのだけれど、今日は沢山残っていた。インゲン豆も安くて新鮮なものが一杯売れ残っていたし、小さな新ジャガがあったから、なん袋も買って帰ったのです。

新鮮さがどれほど大切なのかは、調理をして食べてみれば分かる。糠味噌に漬けてみれば分かる。5日間、冷蔵庫で保存して使ってみれば分かるのです。スーパーで安売りの時に売っている棘棘のないキュウリは、もう3日目ぐらいの代物で、蕎麦屋の庭で採った胡瓜などは、もって厨房まで運ぶまでに痛い程で、糠味噌に漬けても野菜の甘い味がするから驚きなのです。採れたての新鮮な茄子も、へたの部分が痛い程の棘で覆われているから、地産地消はいい。

蕎麦屋で来週分の返しを作って、明日の天麩羅の具材を切り分ける。蕎麦豆腐を仕込んで冷蔵庫に入れたら、後は付け出しの三点盛りの皿を眺めて、夏のレシピを考える。去年も一昨年も作ってきたものだけれど、少しずつ改良を加えて、その後の料理を作る時間をかせがなければならない。色合いと食感と形のバランス、それていて季節を感じさせるものが好い。鰻とオクラの煮こごりを賽の目に切って盛り付ける。そして、茶豆といくらとスモークサーモンを盛って、

後のひと品は、何にしようかと考えてみる。蕎麦豆腐を丸くくり抜いて味噌だれを掛けて出したらどうだろうか。まだまだ高級な食材を出せるような店ではないから、海胆や蟹などは使えない。コースで出す他の食材とダブってしまうのは禁忌だから、確か、最初の年は長芋を海苔でくるんで揚げたのでした。何もない白地の皿を眺めながら、どんどんと想像が広がっていくから楽しいのです。でもやはり、実際に皿に盛ってみてどれだけ美味しいか、酒に合うかと考える。

女将の家に戻る時間に合わせて亭主も昼を食べに帰る。蕎麦屋で仕込んだカレーを試食しておこうと、昼は二人で野菜サラダの残りとカレーライス。蕎麦もまだ残っているけれど4食続けて食べたから、ちょっと休憩です。食後にテレビで洋画を観て、一休みしたらまた蕎麦屋へ出掛けて行く。女将はとうに稽古場に入って悪戦苦闘している様子。あまりすることなかったから、厨房の床掃除の続きを終えてワックスを塗る。そして、いよいよプールへ出掛けるのです。

雨の日だというのに、駐車場は車で一杯。それでも温水プールは、子どもたちのエリアが混んでいたけれど、泳ぎ続けるコースには2、3人しかいなかった。ゆっくりとアップを始めても、前の人に追いついてしまうから、エンドの壁際で「済みません」と言って追い越させてもらう。今夜は防犯パトロールのある日だったけれど、この天候では中止に違いない。4時過ぎから夕食を食べ始めて、一眠りするつもり。明日の小鉢のもう一品はまだ仕込んでいないのが気がかり。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.