車外温度34℃の午後…

夜中の電話で寝そびれた亭主は、夕べはまた、パソコンに向かって夏の懐石レシピを調べ始めたのでした。それでも、寝酒も夜食も取らずに頑張ったから、今朝もとろろ蕎麦を完食。蕎麦が続くと体調が良くなるから不思議。早めに女将がpekoの散歩に出てくれたから、亭主は子ども会の廃品回収の段ボールや新聞紙を出す役回り。朝食後に女将と隣町のスーパーに出かけて、初日は新鮮な野菜だけを選んで仕入れ、そのまま蕎麦屋へ出掛けて行くのでした。

庭の野菜に水遣りをしたりら、出汁取りの準備をしたのは好いけれど、厨房の床が汚れているのが気になったから、洗剤を付けて洗い始めると、もうワックスを掛け終えるまで止まらない。他に誰もやってくれないのだから、こまめに掃除をしないといけないとは分かっているのです。それでも一日の営業が終わると、もう疲れているから延び延びとなる。今日は奥の一番油で汚れた部分だけで終わり。せめて厨房の床ぐらいはと、明日の続きが楽しみになるのでした。

昼も女将と二人で昨日持ち帰った蕎麦を茹でて食べたのだけれど、蒸し暑くなってきたからちょうど好い。昨日揚げて帰った天麩羅もグリルで焼いてカリッとさせたら、なかなかの味わいなのです。思わず二食分を完食する亭主。それでもお腹がもたれないのは胡麻油の効用か。昼過ぎに女将をお稽古に送って、いつものように隣町のスーパーへ寄ったら、なんと休業日。生椎茸だけは他の店ではなかなか手に入らないから、代わりを探すのに一苦労なのでした。

結局、団地の中のショッピングモールに車を止めて、肉厚の生椎茸をゲットしたのだけれど、少し古い物も交じっていたから、果たして5日間の営業に耐えられるか。ついでに小振りのするめいかが安く出ていたから、買って帰って出し汁で大根と煮付ける。たまには違った小鉢も好いだろうと、ちょっと奮発してしまいました。イカを開いて皮を剥き、隠し包丁を入れて、年配のお客でも噛みやすいようにと気を遣ったのですが、小さめのイカだからか随分と柔らかい。

その間に蕎麦汁や天つゆを火に掛けて、冷水で冷やしたら徳利に詰める作業。このところすぐに蕎麦汁がなくなってしまうから、今日は少し多めに作ったのですが、金曜日までは何とかもたせたい。毎日作るのも、別に苦ではないのだけれど、二三日、冷蔵庫で寝かせた方がやはり美味しいと感じるのです。ちょうど頼んでおいた再仕込み醤油が届いたので、明日は返しも作っておかなければと、空になった甕を洗って干しておくのでした。4時を回って迎えの時刻。

蕎麦屋の駐車場に止めておいた車の車外温度は34℃と表示されていたから、今日も相当に気温が上がったらしい。団地を抜けて国道までの近道を車を走らせるのでしたが、どうもエアコンが調子が悪く、熱風しか送ってこないので窓を全開にして走り続ける。やはり修理に出さないとこの夏は乗り越えられそうにないと感じる。10年目を迎えた亭主のお気に入りの愛車も、近ごろはめっきり遠出をしなくなったせいか、どこも悪いところがないので乗り続けている。

渓流に出掛けていた日々ははるか遠く、あの頃は、通勤以外に、海山川へと駆け巡り、四輪駆動の車が5年も持たなかったから、相当に乱暴な間乗り方をしていたのかも知れない。今は週に何度かの仕入れと女将の送り迎えだけだから、ハイオクのガソリンも月に一度入れればまにあう程。ひたすら毎日、蕎麦屋と家とを歩いて往復する日々が続いているのです。元来が活動的な亭主も、何か今までとは違う人生を歩んでいるような気がしてならないから不思議。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.