梅雨の雨雲も何処へやら…

夕べのうちに仕込みを終えていたから、今朝は朝早くの蕎麦屋の仕事がなかった。公園廻りの近道がpekoの得意の散歩道だから、ちょっと運動が足らないのではないか…。人間にも増して早く年老いて行くのが犬の定めだから、あまり無理に歩き回らせるのも可哀想かと思ってしまうのがいけないのか、「また、太りましたね」と、女将が定期検診で言われてきたそうなのです。日に二回のダイエット食を少なめにして与えているけれど、これ以上は減らせない…。

水を飲むだけでも体重は増えるから、この暑さの続く中を犬も大変なのです。散歩から帰って亭主の太ももを枕に、目を開けたまま鼾をかいて寝ている姿は、見ていてもどこか痛々しい。pekoと一緒に歩いたご近所でも、秋の七草の萩の花がもう咲き始めていたから、今年は気候もちょっとおかしいのです。朝のうちは曇りか雨だった予報も急に変わって、今日は一日中晴天の暑い梅雨の中休み。定休日前の月曜日は、果たしてお客の入りはどうなのだろうか…。

夕べ生舟一杯の蕎麦を打ったから、それに加えて今朝は750g8人分だけ蕎麦を打つことにして、月曜日は二桁のお客が来ることは少ないからと安心して開店の準備をする。昨日までは42%台だった加水率も、今朝は乾燥しているからと43%台に戻して水回しをすれば、ベスト。今日もしなやかでコシのある蕎麦が仕上がったから嬉しい。ただこのところの混みようで、蕎麦粉が残り少なくなったから、いつもの農場に電話をして5kg入りの袋を二つ注文しておく。

お客が増えると、それだけ仕入れも増える。お店の料理の値段が適正ならば、お客の増えた分だけ利益が増えるはずなのだけれど、霊犀亭の場合は、仕入れが増えても労力の割には利益が増えていないから、どうも単純には計算できない。それだけぎりぎりの値段でお客に提供していると言うことなのだけれど、開店から3年目を迎えて、いつまでも赤字を抱えたままでは長く営業をしていけそうにないと、密かに思う亭主なのです。もっと緻密に計算しなければ。

この間、仕入れたばかりの蕎麦粉がもう底をつく。胡麻油の仕入れもひと月早まったし、値の張る仕入れが続くと出費がかさむのです。先日、営業で回って来た業者に言わせると、天麩羅油の値段は4分の1ぐらいに下げられるというのですが、折角、軽くてもたれないとお客に喜ばれているものを、質を落とせばどうなるか。値段の安いせいもあるだろうけれど、天せいろは注文の数から言えば4割を占めるから、今のところは、現状を維持したいと思っているのです。

今日はかんかん照りの夏の陽気に戻ったのは好いけれど、お客はさっぱりなのでした。開店前にスタッフとぶっかけ蕎麦の賄い飯を済ませて、準備万端で暖簾を出したのですが、週末の賑わいとはほど遠いのでした。お蔭で、打った蕎麦も沢山自宅に持ち帰らねばならなかった。余った天麩羅の具材も全部揚げて持ち帰り、夜は女将と久しぶりに天麩羅と蕎麦を腹一杯食べる。このところ売り切れの日が多かったから、家で蕎麦を食べるのは珍しかったのです。

久しぶりにテレビで洋画を観て、寝酒も飲まずに床に入ったのは好いけれど、ウトウトしていたら枕元で電話が鳴り出す。こんな時刻に掛けてくるのは、古い友人たちが皆で飲んでいる席からぐらいだろうと思ったけれど、今日は月曜日。果たして、電話に出てみれば、調理師学校時代の同級生からで、都内で店を出すめどが立ったという報告なのでした。若いだけに、前向きに学ぼうという姿勢が好い。「それはおめでとう」と言えば、近いうちに蕎麦屋に来るという。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.