梅雨空が戻って紫陽花が色鮮やかな日も…

やっと咲き始めた蕎麦屋の玄関脇の紫陽花。これも開店したての頃、鉢で買い求めたものを植え替えて3年目になります。朝日しか当たらない駐車場の植え込みだから、咲く時期が遅いのか、それでも3年目になって今年は随分と綺麗に咲きそうだから嬉しい。今日の蕎麦屋もお客の出足こそ遅かったけれど、閉店時刻の後まで、お陰様で、二箱の生舟の蕎麦は完売しました。夕べの夜のうちに蕎麦汁を作ったり、漬けものを漬けておいたりしておいて好かった。

夕方、蕎麦屋の庭から採ってきて漬けたキュウリは甘いから驚きでした。採り立てのナスも柔らかくて、遅い時間に蕎麦屋へ出掛けた甲斐があるというもの。新鮮な食材に叶うものはないと再認識するのでした。今日はこのお新香の小鉢が随分と捌けたから、新鮮なうちに食べてもらえて好かった。切り干し大根も、カボチャと小豆のいとこ煮もあったのだけれど、丼物がご飯のなくなるまで出たから、やはり、お新香が一番だったのでしょう。料理がなくなるのは嬉しい。

12時前から、次々とお客がいらっして、生舟二箱の蕎麦もみるみるなくなっていく。昨日に引き続いて、夜の分の蕎麦までなくなったから、夕刻はまた新たに蕎麦を打たなければなりませんでした。今日は70%弱の湿気があったから、加水率は42.7%まで落としてしっかりとした蕎麦を打つ。包丁切りもトントントンと軽やかにこなして、最近は、滅多に失敗する事がない。切り終えた蕎麦を掴んで打ち粉を払うときに、蕎麦のそのしなやかさがまさに成功の印なのです。

天候が好くないのに、よくぞいらっしてくださったと言うほどのお客の入りで、駐車場は満杯で、道路の向こう側に車を停めていらっしたお客もいたから、ちょっと困った。車でいらっした二人連れのお客が、ビールを注文なさって「グラスを二つ」と言うのが亭主に聞こえたものだから、「お車ではないのですか、お一人だけにしかお出しできませんよ」と、満席のお客に聞こえるように言えば、素直に聞いてくださったから有り難いことなのでした。いろいろなお客がいる…。

カウンターに座った白髪の男性客が、親子丼セットを平らげた後に話をするには、昔お婆様の打つ蕎麦を食べて、毎日蕎麦だから嫌だったと思っていたのだけれど、年齢になるとやはり蕎麦が恋しいのだとか。隣町に十割の蕎麦を食べさせる店があったのだけれど、店主が腕の腱鞘炎になって蕎麦屋を廃業したのだと言う。「長く続けようと思って、欲張らずに一日に打つ蕎麦の量を決めているのですよ」と、年を取ってから本格的に蕎麦を打ち始めた亭主が応える。

外は雨、こんな天気の中をご新規のお客様が沢山いらっしてくださったから嬉しい一日なのでした。女将も二日続けての混雑に相当に疲れたらしく、動きが緩慢になっている。ひとしきり混んだ後は、お一人の女性のお客はリピーターさん。静かにお蕎麦を召し上がって寛がれていた。1時半を回って、生舟に残った最後の三人分の蕎麦は、ご家族連れのお客様がいらっして召し上がって行かれた。閉店間際にいらっした常連さんにも女将が売り切れのご案内をする。

更にまたその後に車でいらっしたお客様にも、女将が対応してくれていた。いらっしゃるお客には、全部お蕎麦を出して上げたいけれど、朝のうちに打てる蕎麦の数には限りがある。沢山残してしまっても、また赤字が膨らむだけなのです。値段が安いからか、天せいろが随分と人気なのですが、先日、胡麻油と綿実油の費用を計算してみたら、なんと、単純計算で一人当たり50円の油代がかかる計算なのでした。どうりで天麩羅が沢山出ると仕入額が増えると思った。

天せいろは霊犀亭の看板メニューではあるけれど、海老もかなり大きなものを使って、生椎茸も特選だし、材料費もあるから、調理する側の労力の割りに、ほとんど儲けに繋がらないのです。それでも幟にも自分で撮った写真を印刷してもらって、980円で頑張っているのは、やはり何か特徴があった蕎麦屋がいいと思うから。お客が今以上に増えるようならば、食材や油の質を落とすのは忍びないから、やはり、この値段も考え直さなければならない時期が来るか。

夕刻は家で30分ほど横になったら、蕎麦屋へ出掛けてまた蕎麦を打つ。雨がかなり強くなってきたから、お客が来る筈もないのだけれど、明日の仕込みに余念がない。そして、新しい夏のメニューの開発にも前向きな亭主。薄切りの鴨肉の冷しゃぶに白髪葱と茗荷を刻んで、今回は採れたての胡瓜を卸して色彩を添えてみました。味つけは鴨肉を茹でた汁に一番出汁を合わせてぽん酢を少々。鴨を茹でる前に下味を付けてあるからこれが絶品の味わいなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.