朝から真夏の陽気で…

いつものように朝は涼しかろうと、ハーフパンツの上に長袖のジャージを羽織ってpekoの散歩に出たら、6時半だというのにもう太陽が随分と高く昇っている。蕎麦屋に着くまでもう一汗掻いたから、今日は予報通り真夏の陽気だろうと確信した。ミニ菜園の夏野菜にたっぷりと水遣りをして、お隣との境に置いてあるナスやピーマンの野菜用ポットにも水をくれてやる。さすがに暑い時期にどんどんと育つから、こちらも自然と元気をもらうのです。ナスの収穫も間近か。

家に戻っても暑い暑いと言っている亭主に、「家の中にいたらそんなでもないわよ」と長袖長ズボン姿の女将が水を差すものだから、「今朝の陽の光を浴びたら暑くなるよ」と言い返したのが拙かった。「まったく、pekoと同じなんだから…」と、今度はハアハアと舌を出して水を飲んでいるpekoにまでとばっちりがくるのでした。朝食を終えて女将が朝ドラに夢中になっている間に、「行ってきまぁす」と蕎麦屋へ向かう亭主。テレビのボリュウムが大きすぎて安らがない。

朝は静かに落ち着いた気分で蕎麦打ちを始めたいというのが亭主の本音。今朝も43.3%の加水率で蕎麦玉を二つ打つ。湿気がある割りには、いつもより打ち粉を使わずに包丁切りまでこぎ着けたのです。切りべら23本で130g強と、思っていたとおりに打ち上がるから気分がいい。蕎麦の一本一本がしなやかに揺れるのが分かる。やはりこれが本当に美味い蕎麦と言えるのかも知れないと、開店前にスタッフと食べる予定の賄い蕎麦が楽しみでならないのでした。

ところが、蕎麦が上手く打てたと思う日には、得てしてお客が少ないのです。今日も開店時刻に女性の一人客がとろろ蕎麦のご注文だったから、亭主自らとろろを卸して打ち立ての蕎麦を茹でてお出ししたら、蕎麦湯まで綺麗に完食してくださって、「孫が蕎麦が好きなので、今度は連れて一緒に来ますね」と言って帰られた。ところが、その後は1時過ぎまでお客が来ないのです。外はあまりの暑さで、これでは表に出る気もしないだろうという陽気だから仕方がない。

やっと遅いお客がいらっして、ランチセットのご注文。野菜サラダと蕎麦豆腐をお出しして、天せいろは天麩羅を腕によりを掛けて揚げる亭主。蕎麦もしっかりと洗って氷で締めてお出ししたのです。ところが、久しぶりに会ったお友だち同士らしく、話に花が咲いて、一向に蕎麦の食が進まない。天麩羅は冷えてしまうし、蕎麦はのびてしまうから、端で見ていてもハラハラ物なのでした。「とても美味しかったわ」と会計を済ませてお帰りになるから、不思議でなりません。

お客の少ない日には、お客を待っている間にいろいろと仕込みや厨房の掃除をして時間をつぶすのが常。今日も、昨夜のうちに出汁を取りに来て作った明日の分の蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めたり、スタッフと一緒にシステムキッチンの扉や冷蔵庫の扉を掃除して、時間の経つのを待っているのでした。大釜の火を点けたままの厨房の温度計は31℃を指していたから、何もしなくても汗が出てくる状態で、時折、クーラーを入れた奥の座敷で涼んで来る亭主なのでした。

それでも、最後のお客が閉店後までいらっしたから、片付け物をしながら暖簾や幟をしまわせてもらって、お帰りになったらすぐにスタッフと店を出る。昨夜漬けた糠漬けは随分と沢山残ったから、仕方がないので家に持って帰る。漬けものは簡単で好いのだけれど、残ると次の日にはもうお客に出せないから、困った物なのです。漬け込む時間と取り出す時間がこの時期は、8時間から10時間と決まっているので、夜に蕎麦屋へ出掛けて漬けるだけ余分な労力となる。

家に戻ればpekoが日中の暑さでぐたっと眠りこけている。売り上げの伝票データーと今日の写真の整理を終えたら、居間にいるpekoに「散歩に行くか?」と言えば、おもむろに起き出して伸びをするのは、外に出掛けたいという合図。女将はスポーツクラブで当分帰らないから、亭主がプールへ出掛ける前に、pekoの散歩を終らせておかなければならないのです。風は幾分涼しくなったけれど、午後の暑さの余韻がまだ残っているのでした。人も犬も大変な一日です。

夕刻のプールは例によって空いているから、伸び伸びと泳いで今夜もお酒が美味しいのです。先日、農家の親爺様にいただいたズッキーニを、今宵は縦長に切ってチーズと厚揚げ田楽に使う辛子味噌で焼いてみました。親爺様の言っていたラタティーユもいいけれど、所詮、西洋の野菜の煮物だから、日本酒には合わない。どうして、昨今は、こんな食べ物が流行ってきたのだろうか。ワインと合わせて前菜に食べたいくらいに美味しいけれど、今日は日本酒。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.