晴れて蒸し暑い一日…

夕べは風呂に入った後で久しぶりにラーメンを作って食べたら、もう9時前には眠くなって床に就いたのです。だから、3時過ぎには目覚めて、腰痛を堪えながら、今日の小鉢にもう一品と、蕎麦屋へ出掛けて糠味噌にナスとキュウリと大根を漬けてくる。それからもうひと眠りすれば、女将の食事の時間帯に目が覚める。pekoの散歩を急いで済ませて、食卓に付けばもう女将の朝ドラの時間でした。いつもマイペースの彼女の規則正しい生活には、本当に頭が下がる。

蕎麦屋の仕事が忙しかったり、プールで泳いだ日などはぐっすりと寝込んでしまう亭主の生活ぶりは、本当にその日暮らしで、なかなか規則正しいとは言い難いのです。調べ物があったりすると、疲れていない日は目が冴えて夜更かししてしまうし、腹が減ってもなかなか寝付けないし、逆に、それを楽しんでいるようなところがあるからいけない。でも、睡眠はやはり大切で、よく眠った日には蕎麦屋の仕事が終わっても眠くならないのです。今日も二玉の蕎麦を打つ。

今朝は地伸しから気合いを入れて、綺麗に厚さを揃えるように意識しました。両の掌で蕎麦玉をつぶしていくのですが、この作業も、案外、馬鹿に出来ないのです。次の作業である丸出しで、伸し棒で少しずつ生地を回しながら、均等な厚味でなおかつ丸くなるように伸していくのですが、地伸しで円周部の厚味に差があると、なかなか上手い具合に丸く出来ないのです。それが不完全だと、四つ出しの時にまた不具合が生じて、綺麗な楕円形が作れなくなるのです。

一事が万事とはまさにこのことで、一連の動作が皆繋がっているから難しくて面白いのです。四つ出しで厚味がほぼ均等で綺麗な四角形が出来れば、それから後の作業で失敗する事はなかなかないのですが、調子に乗って生地を伸しすぎたりすると薄い部分が出来てしまう。今日も750gを二玉打って、端切れが出ないように頑張ったから、一人前135g前後で17食分が用意できました。打ち粉の重さもあるから、実際には一人前130gの蕎麦と言っているのです。

開店の時刻から緩やかにお客がご来店で、1時半を過ぎるまで今日は店にお客のいない時間帯がなかったのでした。こういう日は、洗い物がなかなか片付いていないから、暖簾を降ろしてからが忙しい。でも、前半は常連さんたちが多く、のどかな会話を楽しんで、皆さんゆっくりとなさっていた様子。後半は、ご新規さんのお客さんが多かったから、亭主も遠慮して調理に専念するのでした。今日もやはり天せいろのご注文が半分以上。値段が安いのが人気の秘密か。

「安すぎるわよ」と言って帰られる女性客もいるけれど、「油が好いからもたれないね」と言ってくださる方もいる。「腕の未熟な分、材料でカバーしています」と亭主は笑って応えるけれど、おろしたばかりの油も、次々と天麩羅を揚げていくと、刻々と油の状態が変わっていくのが分かるのです。一度に二人分までと決めて、その都度、丁寧に揚げてはいるのですが、火にかけ続けていると、どうしても油が疲れてくる。少し休ませると、また、カラッと揚がるから不思議。

汗びっしょりになりながら、3時過ぎに家に戻って、冷蔵庫で冷たく冷やしてある宇和ゴールドにかぶりつく。酸味と水分のあるものが無性に欲しくなるのです。蕎麦は売り切れたから、明日もまた二玉を打たなければならないと思うと、蕎麦粉の消費が激しいのが心配になる。蕎麦湯を作るのにも、蕎麦粉を随分と使っているから、月に二回の仕入れだけでは足りない勢いだから難しいのです。材料費を抑えるか、売り上げを増やすか、このバランスがまだ未解決…。

女将がお茶を持って書斎にやって来て、「今日はどうだった?」と尋ねるから、ブログに書いたとおりの話をもう一度する。pekoの散歩に付き合って、ご近所をぐるりと回って帰るのだけれど、まだ若かった昔と違ってpekoのリードを引く力も衰えている。お互いに年を重ねて今日も元気でいるから、それで好しとしておくのがいい。女将と二人で夕食の食卓に付くと、pekoも膝に乗りたがる。食事が終わる頃にやっと黄昏れて、まだ早すぎると眠気と戦う亭主なのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.