なぜかストーブの恋しい朝…

寒さで目覚めた夜中に、上着を一枚着込んでまたぐっすりと眠る朝。羽布団も薄掛けに換わっているから、未明の冷え込みには耐えられなかった。梅雨寒の時にでも使おうと、石油ストーブはまだ片付けていないから、朝から居間でも食堂でもストーブを焚く。店の駐車場の植え込みに、開店当時に買った鉢物の紫陽花を植えたのだけれど、今年は綺麗に花を咲かせて、どうしてこの鉢を買ったのかを思い出したのです。隣で咲き乱れる未央柳もいいけれど…。

昨日のうちに大方の野菜類は新鮮な物を仕入れておいたけれど、長葱と大根は少し古そうだったから、今朝に期待して出掛けたら、果たして張りのある新鮮な物が入荷していた。昼前に小豆を煮込んで、その間に明日の天麩羅の具材を切り分けておく。後は、デザートや蕎麦豆腐、厚揚げ田楽の辛味味噌を仕込めば今日の仕込みは完了。でも、庭のミニ菜園の草取りもあったので、やはり、午後からも少し来なくてはならない。まあ、半日休めればよしとするか。

洗濯物を畳んで戸棚にしまい、庭に出て草取りをしたら次に植える何かのために土を耕しておく。お隣の農家のお爺さんは、広い畑をトラクターに乗って今日も元気で耕しているから、猫の額ほどの庭の手入れを面倒くさがっていてはいけないと、小さな鋤で土を掘り起こすのです。女将がスポーツクラブから帰る時刻には家に戻って、昼はスパゲッティーのミートソースを作って食べる。女将が生姜焼きと野菜サラダを盛ってくれたので、栄養バランスもちょうど好いか。

書斎で一休みしていたら、横浜の娘が父の日に送ると言っていたという枇杷が届いた様子。昨日は昨日で、近くに住む弟が長崎の土産だとカステラを持ってきてくれたらしく、珍しい食べ物ばかりが食卓に置いてあるから、記念に写真を撮っておく。女将も稽古場に入ったようなので、そろそろ亭主も蕎麦屋へ戻るとするか。『蕎麦豆腐と辛味味噌の仕込み』と忘れないように、自分に言い聞かせて、帰りにはプールでゆっくりと泳いで来ようと支度を始めるのでした。

朝はあれほど寒かったのに、午後の陽射しはまるで夏。それでも北寄りの風が吹くせいか、日陰の気温はそれほどでもない。蕎麦屋での仕込みもすぐに終わるから、車を走らせて隣町の市民プールまで出掛けていく亭主。午後の3時前なのにプールはがら空きで、往復2コースの泳ぎ続けるコースには亭主一人だけ。午後の陽射しが天窓から差し込んでなんとも幸せな気分なのでした。調子に乗ってちょっとバタフライを泳いでみたのだけれど忘れてないから安心。

家に戻っても女将はまだ稽古場に入ったままだったから、仕方なくチーズ揚げを自分で作り、藤娘の純米吟醸酒生酒で今日一日の疲れを取る。運動の後の栄養補給にはチーズが好いとは、よく言ったもので、良質のタンパク質が筋肉を作るのにも一役買っているそうな。後は食物繊維と微量栄養素。赤ビートの甘酢漬けと高野豆腐を加えて、女将の作る夜の食事までの時間をかせぐ。明日の蕎麦屋の営業の準備も抜かりなく、明朝の蕎麦打ちが楽しみなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, . Bookmark the permalink.