天気予報は見事に外れて夏の雲…

週末の疲れが取れないまま、pekoと涼しすぎる朝の散歩に出掛け、蕎麦屋で夕べの洗い物の片付けをする。ついでに雨は期待できないから、ミニ菜園の野菜にたっぷりと水遣りをしておく。胡瓜が4本ほど大きくなっているから、来週は仕入れなくても済みそう。ナスもそろそろ沢山出来そうなので、楽しみな季節なのですが、そういう時期はナスやキュウリが安く出回る時期でもある。自家製は新鮮なのが取り柄だから、新しいうちに漬けものにでもしておこうか。

朝食を終えて亭主が洗面に経った隙に、居間の亭主の定位置にpekoがあられもない姿で眠っているではありませんか。仕方がないから、そのまま蕎麦屋へ出掛けてまずは一休み。奥の座敷で横になっていたら、夕べの農家の親爺様が車でやって来て、野菜を何種類か持って来てくれた。赤ビートとズッキーニは亭主には珍しい野菜だったから、どうやって食べたら好いのか尋ねるのでした。まったく有り難いことで、田畑の専門家は野菜作りの知恵もくれる。

身体は相当に疲れていたのだけれど、農家も朝から晩まで一週間休み無しで働くのだと言う話を夕べ聞いていたから、元気を出して今朝の蕎麦を打つ。平日の月曜だからと1kg11人分を一回打って、昨日の夕刻に打った蕎麦がなくなったと思っていたら、生舟に二束だけ残っていたので、合わせて13人分を用意して、今日の開店を待つのでした。加水率は43.3%で、ちょうど好い加減。最近は一挙に捏ね鉢の粉の中に水を注いで、手早く水回しを始めるのです。

丸出しの時に生地の厚味が均等になっていないと、後で修正するのは結構難しい。四つ出しである程度は均等な厚味に戻せるけれど、端を綺麗に直角に近づけようと無理をするとその部分だけ薄くなる。八つに畳んだ時に端の長さが多少短くなっても、、厚味が均等の方が美味しい蕎麦に仕上がる気がするので、余り無理に伸さずに放っておく。今朝も包丁の音は軽やかに響き渡る。昔、よく渓流釣りに出掛けた山の道の駅で、蕎麦を切る音が響いていたっけ。

今日のデザートには抹茶大福を四つだけ作って、野菜サラダも平日は三皿盛り付けるだけでで終わりにする。11時前には支度が終わって、奥の座敷で腰痛対策のストレッチをしていたら、「いらっしゃいませぇー」とスタッフの声がするから驚いた。後で聞いたら、11時にはもう車が入って駐車場で男性客が待っていたのだとか。亭主が厨房に入ったときには、リピーターの女性の二人連れのお客もテーブル席に座って、今日も開店前から賑わう霊犀亭なのでした。

天気予報とはだいぶ違って、昼になるにつれて空は晴れ渡り、陽射しも強く、気温はぐんぐんと上がってくる。店のエアコンを入れなければならないほどの暑さだったから、今日はせいろ蕎麦やぶっかけ蕎麦が随分と出た。女性のお客様たちは、蕎麦一杯でゆっくりと話をされていくから、のどかで好い。お茶のお替わりをするついでに盆を下げて、どんどんと洗い物を済ませていくから、後の仕事が楽ちんなのです。1時を過ぎてもぽつりぽつりとお客様がご来店…。

さすがに1時半を回った頃にはお客が途絶えたから、大鍋の火を点けたまま、少しずつ片付けに入るのです。今日は遅い午後に車のディーラーへ出掛けて、リコール対象の助手席のエアバックのインフレーターを、交換してもらいに行かなければならないのでした。1時間半ほどの待っている間に、ロビーの椅子に座って爆睡する亭主。やはり、よほど疲れているらしいのでした。元気な時は明日の仕事の段取りをもう考えているのだけれど、今日は頭が働かない。

家に戻れば、女将もかなり今日は疲れていたようで、二人で黙々と夕食を食べる。冷蔵庫を開けたら、最近、我が家で人気の宇和島ゴールドを女将が冷やしてくれてあったから、食後にボリボリとかぶりつく。pekoがその匂いを嗅ぎつけたのか、台所までやって来るから、さすが犬の嗅覚は凄いものです。甘酸っぱい物を口にしたら、何故か気分もすっきりしてきたから不思議なもので、決まった時間に食事の取れないことが、案外身体に負担をかけているかと反省。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.