昼も夜もお蕎麦売り切れの一日…

夜の9時過ぎに蕎麦屋から戻って、女将が風呂に入っている間に、簡単な酒の肴を作ったらやっと夕食のひととき。今日はどういうわけか、昼も夜も蕎麦屋が混んで、昼飯を食べる暇もなかったので、すっかり消耗してしまいました。体力がなくなったのかとちょっと心配にもなるのですが、蕎麦粉の代金を払い込みに出掛けたその足で、天麩羅の具材が切れたから、仕入れに行くのでした。、昼食も食べずに休む暇がなかったのが一番の原因かも知れないと反省。

今日の蕎麦打ちは、朝も夕刻も43%強の加水率でばっちり。蕎麦がかっちりと打ち上がると、精神的に安定してくるから、他の仕事もスムーズに進むような気がするのです。トントントンと包丁切りの出来る絶妙の硬さが、このところずっと続いている。均等な厚さで丸出し、四つ出しを終えれば、ほっと一息。使った打ち粉の分量を勘案して、一人前135g前後でどんどん生舟に蕎麦を並べていく。やはりその日に打った蕎麦は、洗っても水切りをしても切れないのです。

昼は11時からもう駐車場に車を止めるお客がいらっして、お年寄りもいたから店の中に入ってもらったのですが、開店時間にはもう次のお客がご来店でいつもの混んでくるパターン。昨日の混雑を経験している女将も慣れたもので、「今お茶をお出ししますから」と声をかけては、出来上がった料理をお出ししているから心強い。ところが、続けてどんどんと後からお客が入ってくると、もう、しどろもどろで、亭主が天麩羅を揚げても、盆も皿もセットされていないのです。

リピーターさんも多くて、カウンター越しに和やかな会話を交わすのも楽しいひととき。どういうわけかこのところ、天せいろや天丼セットの注文が多いから、用意した天麩羅の具材は瞬く間になくなっていくのでした。昼の最後にいらった若いカップルも、親子丼セットに天丼セット。昼の間に炊いたご飯が全て出尽くしたのも珍しいことなのでした。「多くなかったですか」と尋ねれば、女性の方は、「もうお腹いっぱいです」と笑って応えてくれた。でも、デザートは別腹…。

蕎麦饅頭や水羊羹のデザートが全部売り切れて、残るはアイスクリームだけになった。出る時は随分と沢山出るもので、有り難いことです。作った甲斐があるというのが嬉しい。昨日と同じだけのお客が入って、用意した蕎麦もほとんどなくなったから、午後はまた蕎麦打ちをしなければならないのが辛い。駅前の大型ショッピングモールに出掛けて、足りなくなった天麩羅の具材を買おうとしたのですが、駐車場が満杯で入れない。やはりバーゲンセールの影響か。

夜の準備もあるから気が気ではなかったけれど、近くのスーパーで新鮮な具材が手に入ったので一安心。店に戻って追い打ちの蕎麦を打ち、夜の開店をしようかと思っていたら、お袋様が現れて、「今日は暑かったから表に出なかった」と、散歩がてらに様子を見に来てくれたらしい。「蕎麦でも食べていけば」と亭主は言うのだけど、「昼に仕込んでしまった料理あるから」と、昼の洗い物の片付けをしてくれたから助かる。年を取っても料理の好きなのが取り柄。

夜は珍しく沢山のお客がいらっして、ほとんどの方がお酒を召し上がるから、酒の肴の一品料理を次々とご注文。皆さん、常連さんばかりだったから、女将にSOSの電話をすれば、快く助っ人に飛んできてくれた。鰻のにこごりも瞬く間に売れて、厚揚げ田楽も売り切れた。鴨葱の塩焼きも出尽くして、やっと辺りが暗くなってきたのです。歳の近い農家の親爺様が、「7時過ぎまでは畑に出てるから、早く来るのは大変だよ」とお互いの仕事の事情を語り合うのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.