久々に街に出た日は…

昼前からの外出に備えて、朝は5時過ぎから蕎麦屋へ出掛け、一日分の仕込みを大急ぎで開始する。昨日のうちに蕎麦汁を仕込んでおいたから、今日は天麩羅の具材を仕込んで密封して冷蔵庫に入れ、蕎麦豆腐や明日のデザートの水羊羹を仕込んだら、pekoを連れて朝食を食べに家に戻る。食後も早めに蕎麦屋へ戻って、お袋様と仕入れに出掛ける時刻まで、一日分の仕事を片付けるから大変です。でも、やれば出来るから、今後のためには勉強になった。

どうしても、定休日が二日あるからと、ずるずると時間をかけて仕込みをしてしまう傾向があるのかも知れません。時間はないものだと初めから思っていれば、時間は有効に使えるのかも知れない。ただ、鰹節を乾燥させて胡麻を合わせてとふりかけを作る作業は、さすがに今週はお休みにした。庭の野菜に水遣りをして、今日の蕎麦屋の仕事は終わり。酢橘の葉にアゲハの幼虫が沢山付いて、枝はまたもや丸坊主になりかけている。自然の勢いとは大したものだ。

女将が留守の間に家に戻って着替えを済ませ、久しぶりのスーツ姿で暑くて堪らなかったけれど、日陰を吹く風は心持ち涼しいのでした。上着を腕にぶら下げたまま、駅までの2kmの道のりをてくてくと歩く亭主。ドングリ公園の木々の緑がすっかり色濃くなって、pekoの散歩道も最近は近回りばかりだから、ここまで歩くのも随分と久しいのです。もちろん電車に乗るのも4月はじめの調理師学校の入学式以来なのです。今日は懐かしい先生方に会えるかと楽しみ…。

かつての職場には仕事を辞めてからというもの、一度も顔を出したことがないのに、その後、世話になった調理師学校には、何度も足を運ぶようになったのは何かの御縁か。このところ遊びにも出掛けずに蕎麦屋の仕事に専念している自分の現在の姿は、確かに、学校の先生方から並々ならぬ刺激を受けてきた結果であるのかも知れない。そんな心は若者の初々しさにもどこか似ているのだけれど、身体は随分と老いて遠くまで出掛けて行くのが億劫なのです。

何十年ぶりかで降りた都内の駅前からは、スカイツリーが目の前に見えるから驚きで、街並みもすっかり変わって綺麗な並木道が続くのです。祝賀会の会場のホテルは目と鼻の先。大学で記念式典を終えたらしい先生方や学生が、続々と同じ方向へと流れていくのでした。受付を済ませると控え室へと案内され、同じように来賓として招待されている年配の方々と挨拶を交わす。会場の大広間には相当の人数が集まって、創立70年という歴史の重みを感じました。

理事長先生をはじめ、行政の長が祝辞を述べられ、会は和やかなムードのうちに始まるのでした。先日、蕎麦屋までわざわざ足を運んでくださった先生を見つけて、お礼と満席で店に入れなかったお詫びをする亭主。調理師学校での恩師の先生方にもご挨拶をして、手短に近況をお伝えするのでした。帰りがけにその先生方に連れられて、卒業生のお店で二次会。亭主とは同期の若い男性が、料理を運んできたから驚きで、いつも刺激をもらえるのが嬉しかった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.