ひんやりとした朝だけれど…

週末の疲れは休み中に回復すればよしとするのが老いの寂しさで、夕べも早い夕食後にもう床に就いたのでした。まるで、現役時代の生活のように夜中に目覚めて、風呂に入ったら隣町まで車を走らせ、食材を物色しながら仕入れに出かける亭主。同じように仕入れに来ていたどこかの店員風の若い女性も顔色が良くなかったから、明日の仕入れなのだろうか。蕎麦屋へ寄って今日の仕込みの準備をし終えたら、また、家に帰って眠る。女将はとうに夢の中…。

早朝の散歩で蕎麦屋へ出掛けて、疲れたpekoは居間で昔飼っていた猫のように椅子の肘掛けに座って一眠り。朝食を終えた亭主も、まだ寝床が恋しかったけれど、いつもの時刻に再び蕎麦屋へ。花を終えた東側の春菊を引き抜き、草取りをしたついでに、ミックスレタスを収穫。50℃のお湯で洗ってしゃきっとさせる。コーヒーを一杯飲んだら、火曜日の朝一番の仕入れに出かけたのでした。スーパーの向かいにあるマンションの入口には、皐の花が咲き乱れて…。

陽射しはどんどん強くなるばかりで、小学校の裏の坂道を登れば、蕎麦屋はすぐ目と鼻の先。明日の午後が使えない分だけ、今日のうちに仕込みを沢山終わらせておかなければいけなかったから、出汁を取りながらカボチャを煮込んで、蕎麦汁と天つゆを作って水で冷やしたら、残った出汁を容器に入れて冷蔵庫に保存する。時計が11時を回った頃には、蕎麦徳利に蕎麦汁を詰めて、洗い物を終えたら、家に戻って昼食に昨日の蕎麦を茹でてぶっかけで食べる。

家の中にいれば、涼しい風が吹き抜けて心地よいのだけれど、外は真夏の炎天下。それが分からないpekoは外に出たがって吠え出すものだから、女将が庭に放してやると、さすがに暑かったらしくてすぐに戻って来たのです。居間の椅子に腰を下ろしてニュースを見ながらウトウトとする亭主。お稽古が休みの女将は午後も稽古場に籠もって、展覧会用の大作を書き続けている。と、郵便屋が速達を届けに来たと思ったら、別の出品作品が入賞したという知らせ。

亭主もやっと午後の仕入れに行く覚悟を決めて、暑い最中を隣町まで車を走らせる。先日、耕しておいた自宅の庭に植える夏の花を何種類かみつくろって、あとは蕎麦屋の空いた土地に植えるキュウリとミニトマトの苗を買う。そして、向かいのスーパーで特選の椎茸やピーマンなどを仕入れ、暑い暑いと家まで帰って来たら、クーラーで涼む。書斎の窓際にある温度計は56℃を指して針が振り切っているし、夕方までは活動が出来る状態ではなさそうなのでした。

書斎でごろりと横になって今日明日の段取りを考えながら、ウトウトとする亭主。4時を過ぎたら、風も幾分涼しくなったので、今度は歩いてそば屋へ出掛けるのでした。今日買い込んで来たキュウリとミニトマトの苗を植えるために、朝方採ったばかりのミックスレタスを全部引き抜いて、支柱を立てたら苗を植えていく。ついでに南側の野菜にも水遣りをして、5時を回ったのでこれで今日の仕事は終わりにしました。ズボンに付いたアゲハの幼虫を捕って自然に帰す。

野菜の50℃洗いは給湯器が付いた水道なら簡単に出来ます。収穫して閉じた野菜の気孔を再び開いて、水分を取り込ませるという手法らしいのですが、確かにしゃきっとして長持ちするから不思議。水切りをして冷蔵庫に保存すれば、店で買った状態のものよりは長持ちします。疲れた人間の身体も何かこんな手法でシャキッとは出来ないものなのでしょうかね。風呂に入るのも一つの手ではありますが、湯上がりの一杯でまた疲れが出てしまうのかも知れません。

ひと月前に植えた南側のキュウリはもう花が咲き終えて実がなってきました。時期をずらして植えることで、収穫の季節を長くしたいというのが狙いなのですが、もっと暑くなればもう一緒。ラディッシュなどは食べ切れずに、もう1ドル硬貨よりも大きくなっているから、どうやって使ったら好いものかと考えているところ。甘酢漬けが無難なところかかも知れません。春菊も二度目の種を蒔いたら、新芽を天麩羅の具材で使えるけれど、もう花芽が付いているから難しい…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.