日陰に吹く風は涼しいのだけれど…

ひんやりとした朝でしたが、陽が高くなるにつれて陽射しが強くなってきました。日曜日は、いつもそれほど多いお客があるわけではないのでしたが、昨日が余りにも少なかったから、その続きで少ないか、あるいは反動でお客が増えるか、予想が難しいところ。日中の暑さもあるだろうからと、今朝も蕎麦を打って、約20人分を用意しておいたのでした。この陽気なら、二桁のお客は来るとは思っていたのですが、朝打った蕎麦が昼の間に売り切れたからびっくりです。

蕎麦屋の並びも空き地がなくなって新しい家が建ち並ぶ季節。3年間、地道に営業を続けて、だんだんと地域の人たちに知られるようになったから、常連さんやリピーターの方に交じって、毎日、新しいお客がやってくるようになったから嬉しい。今朝の蕎麦打ち室の気温は22℃、湿度は60%を切っていたから、42%の加水率で打ち始めたのですが、これが幸いしてか、しっとりと打ち粉を使わなくても伸せるくらいの硬さで打ち上がったから、大変嬉しいことなのでした。

たたみ方の工夫で、最近は無駄にする蕎麦粉も少なくなって、洗っても水切りをしてもある程度の長さを保てるようになった。切りべら23本で太さが均一に揃って一人前135gになると、かなりいい出来栄え。それを実感するのは、打ち粉を払うときの蕎麦のしなり具合、そして、大鍋で茹でるときに束をさらさらっと鍋に入れるとき。『よしっ、いいぞ』と、内心、今日の蕎麦打ちの成功を喜ぶ瞬間なのです。日によって変わるこの加水の塩梅が、今は一番の課題と言える。

日中がどのくらいの暑さになるのか、朝の涼しさからは推察も出来ないけれど、厨房に置いてあるタブレットでもう一度天気予報を確認して、今日は抹茶大福を作ることにしました。暇だった夕べのうちに、青きな粉と抹茶と砂糖の配合は終えておいたから、漉し餡を丸めて、白玉粉を水と氷糖蜜で溶かして求肥を作る。熱いうちにどんどん求肥で餡を包んでいく作業は、何度やっても大変な作業。日持ちがしないから、今日は六つ作っただけで終わりにしたけれど…。

野菜サラダの具材を刻んで、天麩羅の具材を仕込み終えたころに、店の電話が鳴って年配の女性らしい声で、「今日は営業していますか、お昼ぐらいに五人で伺いたいのですけれど」と言う。「12時半ごろが一番混みますので、少し早くいらっした方がいいかも知れません」と応えておく。女将が大根と生姜を卸しているうちに、亭主はぶっかけ蕎麦を作って奥座敷で賄い飯を食う。11時過ぎだから余裕があったのですが、女将が「お客さんなのだけれど」と言いに来る。

先ほどお電話をくれたご一行が、早くもご来店なのでした。食休みもなしで厨房に戻って、注文の品を聞けば、ランチセットを5つにビールのご注文でした。暖簾はまだ出していないけれど余り待っていただくのも申し訳ないから、野菜サラダと蕎麦豆腐をお出しして、次々と天麩羅を揚げていくのでしたが、こんな日には次のお客が開店前からもういらっしゃる。ご家族四人連れで大盛りのせいろにとろろ蕎麦、親子丼と、開店前から急に忙しくなってきたから大変でした。

始まりが早かったから、二回転ほどした1時過ぎには、もう二箱の生舟が空になるから驚きなのでした。蕎麦豆腐が美味しいからと、お土産に持って帰りたいとおっしゃる女性たちには、もう品数がないのでとお断りした。皆さん、とても美味しかったと言って帰られたから好かった。女将の話では、子供さんか誰かが年越し蕎麦を頼んで、ついでに蕎麦豆腐を持ち帰ったら、とても美味しかったのだと言ったのだとか。カウンターにも男性の一人客が何人かいらっして、

あれよあれよという間に、「お蕎麦売り切れ」「本日の営業は終了しました」の看板を出したのが、1時半頃だったか。20食の蕎麦売り切れで、サラダもデザートも全て出尽くしたから気持ちがいい。溜まった洗い物を済ませて女将と家に戻ったのはいいけれど、夜の営業の分の蕎麦長いから、もう一回蕎麦を打たなければならない。蕎麦汁も切れていたから、作り足さなければいけない。こんな日に限って夜も随分とお客が来るから、有り難いやら忙しいやらで大変。

結局、今日は生舟三箱分の蕎麦が出たのでした。夜もテーブル席もカウンター席にもお客が入って、女将にSOSの電話をする亭主。やはり、昨日が暇だった反動か。常連さんやリピーターのご夫婦や、お一人でのお客様たちが、それぞれゆっくりとされた夕刻のひとときなのでしたが、一日中、蕎麦打ちや洗い物が多すぎて、腰が痛くなる亭主。同情する女将が労ってくれるのだけれど、夕飯を食べ終えたのがもう9時近かったから、今日はブログも遅くなりました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.