朝から本格的に雨の降った一日は…

朝から散歩に連れて行けとpekoが吠えるので、傘を差して家の門を出たのでしたが、50歩も歩かないうちに来た道を逆戻り。やはり、散歩に出られるような雨の降りではないと分かったらしいのです。老犬の知能もどこか子供のようなので可笑しかった。もっとも、若かった頃は雨の中でも平気で散歩に出掛けて行ったから、愛犬の老いを寂しく思うべきなのかも知れない。人間も老いと共に、雨の日に外に出るのは億劫になるのかも知れないが、今日も蕎麦屋稼業。

5月になって、木曜日、金曜日は平日でも相当お客が入っていたけれど、さすがにこの天気では今日はお客が少なかろうと、今朝も蕎麦が残るのを覚悟で1kgの蕎麦を打つ。昨日の加水率を更に減らして、今日は41%で打ってみたかったのです。室温は21℃、湿度は75%。やはり少し硬めに打ち上がるから、伸すときもあまり打ち粉を使わずに、包丁切りもサクサクと歯切れよく駒板を送れるのでやりやすい。捏ねるのに力は要るけれど、やはりこのくらいが好い。

以前、蕎麦打ち名人の蕎麦打ちを見に行ったときにも、打ち粉を払う時の蕎麦の感じがちょうどこのくらいだった気がする。切った蕎麦の打ち粉を払うのに打ち台にとんとんと当てても、ぐにゃっとするでもなく、手首で振っても乾いた感じなのでした。切り易ければ尚更のこと、厚さを均等に伸しておければ、しっかりとした蕎麦になるのです。水回しと捏ね方が少ないと、伸した生地の端がひび割れする。明日もう一度同じ量で挑戦してみようと、また一つ課題が出来た。

今日は外の気温が低かったから、デザートには久しぶりに蕎麦饅頭を蒸かした。35gの餡を丸め、蕎麦粉と小麦粉を70gずつ合わせて、氷糖蜜90ccで捏ねていく。8等分に丸めた皮の材料を、丸く潰して掌に広げたら、一つずつ餡を包んでお尻を締める。両手でくるくるっと撫でるようにもう一度丸めたら、クッキングシートを引いた蒸かし釜の中に並べていくのです。新調したステンレスの四角い蒸かし釜は、結構、容量があると見えて、8個の饅頭が蒸し上がった。

今日の小鉢は、久しぶりに切り干し大根の登場。小鉢が楽しみだとおっしゃるお客もいるので、手を替え品を替え、食べ飽きないように工夫をしているつもり。お新香も少し残っているから、二種類あれば、今日の天気なら間に合うだろうと読んでいるのでした。週末は、お酒を頼むお客もいるだろうからと、突き出しにもう一種類増やしておくのが、このところのパターンで、明日は、最後に収穫したタラの芽を塩茹でして冷凍してあるから、白和えにでもしようと思う。

家では、今が旬のそら豆やスナップエンドウを茹でて酒のつまみにしているのだけれど、店で用意しておくには、まだ酒を飲まれるお客が定着していないから、コスト高になる。農家から分けてもらって、その日のうちに茹でて食べなければ美味しくないと思うからなのです。そうでなければ、冷凍物の豆類を出しても同じ事になる。美味しい打ちに召し上がってもらいたいという気持ちはあっても、いつも仕入れておくというわけにもいかないのが、痛し痒しというところか。

ひとしきり激しく降っている雨の中を、開店して間もなく車で男性客がご来店。前にもいらっしているお客でしたが、この雨の中を有り難いことです。と、思えばもう一台駐車場に車が入って、見れば昨日もいらっしたお客様。今日はさすがに冷たい雨なのか、鴨南蛮蕎麦の大盛りをご注文でした。綺麗に食べ終えたら、まだ足りなかったのか、カウンターに並べてあった蕎麦饅頭を一つくださいと言うから、「さっき蒸かしたばかりですよ」と、出して差し上げるのでした。

皆さん仕事の昼休みという感じで、今日はお一人でいらっしゃる男性客ばかりが続きました。店は空いているのに、カウンター席に腰を下ろして、ゆっくりとしていかれるのでした。最後にいらっした若い男性も、親子丼セットを頼まれて、カウンターの隅で寛いだ様子で、蕎麦湯まで綺麗に飲んでくださった。ラストオーダーの時間も過ぎて、早めに暖簾をしまったら、洗い物や片付け物を済ませて家路につく。皮肉なもので、もうこの頃には雨も上がっていたのでした。

亭主が書斎に入った遅い午後には、空が明るくなってきたから、このままもう降らないのかと、昼前の雨を恨めしく思う。pekoの散歩に行ったら、女将の帰る前にプールにでも出掛けよう。明日からは晴れると言うから、また混む週末が始まるのだろうか。休めるときにゆっくりと休んでおくのがいい。ブログを終えて夕食を食べた後は、このところ退屈に感じて、ギターを出して昔の曲を思い出しながら弾いている。身体は疲れているのに、暇をもてあましているのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.