蒸し暑い梅雨空の一日

小雨の降る朝でした。夕べも早く休んだのに、身体がだるいのは湿気があるせいなのか。雨がひどくならないうちにとpekoを連れ出して蕎麦屋まで行き、米を研いで炊飯器の予約をしておく亭主。気になっているミニ菜園の草取りは、また別の日にすることにして、家に戻ればもう朝食の支度が出来上がっているのでした。起きたばかりで、何故かいつもより食欲がないのに、蕎麦屋で毎日のように残る野菜サラダを、消化しなければならないのも辛いところです。

昨日のうちに蕎麦豆腐もデザートの水羊羹も仕込んでおいたから、今朝は蕎麦打ちとサラダの野菜切りだけと、いつもよりゆっくりと家を出る。一日中雨の降るような予報だったから、今日は1kgだけ蕎麦を打つことにして、一人前135g前後で11人分強の蕎麦を仕上げる。湿度は70%を超えていたから、加水率は43%。ほどよい硬さで打ち上がるのが気持ちよかった。冷蔵庫を覗いたら、また蕎麦粉が少なくなっているから、発注しておかなければ週末までもたない。

やはり、このところお客の数が増えているから、蕎麦粉のなくなるのも早いのかも知れない。今月に入って、定休日明けの木曜日はいつも二桁のお客が来店しているけれど、まさか、この天気では、今日はもうちょっと少ないだろうというのが亭主の読み。それでも、蕎麦が足りなくなってはいけないと、開店前にはスタッフとうどんを茹でて、ぶっかけで賄い飯を食べて準備は万端。雨も昼前には上がったようで、開店して間もなく女性客が続けてご来店なのでした。

今、賄い飯でかき揚げの練習をしたところだから、カウンターに座られた年輩のご婦人のぶっかけ蕎麦のご注文もさっと仕上げてお出しする。テーブル席の女性たちはランチセットで、野菜サラダや蕎麦豆腐をお出ししている間に、蕎麦を茹でてはい出来上がり。皆さん、今日のデザートをご所望だったから、水羊羹を切ってお出しする。蕎麦湯もしっかりと飲んでくださって、「みんなとても美味しかった」とゆっくりと寛いでいらっしゃる。その間に近所の会社のお客様。

最近はよくいらっしゃるお客さんが、今日は三人連れで、鴨せいろの大盛りのご注文。まだ、12時を過ぎたばかりだから、ちょっと蕎麦が足りるかと不安がよぎるのでした。鴨肉を焼いている間に、もう一台車が入って、駐車場はもう満杯。カウンターに腰を下ろした男性客は、ミニ親子丼セットのご注文だったから、天麩羅鍋を降ろして、火口を三つでフル回転。あれよあれよという間に、生舟の蕎麦は底をつくのでした。ご近所の若い女性たちでお蕎麦は売り切れ。

今日は、常連さんとリピーターさんとご新規のお客が、ちょうどバランスよくご来店でした。時計が1時を回った頃には、「売り切れ」の看板を出して、少しずつ洗い物を片付けていく亭主。不思議なことに今日は、ぶっかけ蕎麦が幾つか出たけれど、天せいろは一つも出なかったのでした。早めに幟をしまって「本日の営業は終了いたしました」の看板を出していたら、先日来た食材業者の営業マンがまたやって来た。霊犀亭は出来合いのものは使わないから、難しい。

それなら油や鴨も肉、海老ならどうでしょうかと言うものだから、キロ単位で買うものだけに、ものが良くて安ければ好いのだけれど。結局、一応、亭主は値段を調べておくと応えると、来週また寄らせてもらうと言うのでした。現在の市場の場外から送ってもらう品物と比べて、果たしてどちらが良いのだろうか。小さな蕎麦屋だけに定期的に仕入れるものは蕎麦粉や醤油類ぐらいで、なくなってきたら発注するという現在のやり方の方が、コストは安いのではないか…。

時間があったので、女将が稽古場に籠もっている間に、夕方のpekoの散歩に出掛ければ、ご近所の家の取り壊しが随分と進んでいるのでした。建てるのに何ヶ月もかけて、何十年も住んだ挙げ句に、壊すとなれば数日で更地になってしまうから、方丈記の記述どおりに儚いものです。かと思えば、新しく家を建てるお宅もあるし、まさに「淀みに浮かぶ泡沫はかつ消えかつ結びて…」と、人の世の無常を思い知らされる。いつかは自分たちの番が回ってくるのだから…。

ぐるりとpekoの散歩の近道を回って、やっと我が家の前の坂道を登る。お隣の親爺様が梅の木を剪定していたから、亭主も見習って長い剪定用の鋏を持ちだして、すももの枝を切りそろえたのですが、この時期の自然の成長の早さにはまったく驚かされる。大人数で暮らしていた頃には、それでもまだ部屋数が少ないと思って増築までしたけれど、誰もいなくなったら、家が大きすぎて却って寂しいもの。三年前の蕎麦屋の新築は、そんな経緯もあっての決断でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.