幾分涼しくなって…

夜が早いと朝も早く目が覚めるから困ったもので、今朝もお茶を一杯飲んでから、5時半にはpekoの散歩に出たのです。蕎麦屋で駐車場の草取りをして、お新香を漬け直してから家に戻っても、まだ6時半だから、「随分早くから起きて.るのね」と女将もやっと起き出したところ。結果として、女将が早くから朝食を作り始めなければならないから、亭主はフライパンで手早く二人分の親子煮を作り、お新香を出して食べ始めるのでした。温かい物が食べたい涼しさ…。

それでもまだ早い時間なので、満腹になったら書斎でごろりと横になって、昨日の晩に読みかけだった料理雑誌をめくる。今月号は和食の特集だから、食材や調理法、盛りつけなど勉強になる事は多いのだけれど、どのお店でも結構な値段で出しているから驚くのです。やはり、技術料という値段の付け方もあるのだろう。駆け出しの調理人を自負する亭主は、この技術料という観念が希薄だから、何を作っても安い値段でしか出さない。当然、原価率は高くなる。

恐らく、長年やっているうちには、自然と手間暇のかかる料理には、このくらいの値段が適切と思うようになるのかも知れない。「これは安すぎるでしょ」と、お客に言われることもあるのだけれど、「まだまだ修行中ですから」と低姿勢で臨むのが最近の亭主。和食の小料理屋の写真が何軒も掲載されていて、客の見ている前で造る料理も一つ一つ解説付きだからためになる。素材や味つけが書かれていても、決して真似の出来るものではないと分かるから面白い。

そんなページをめくっているうちに一眠り。今朝の仕入れに出かける時間が近づいたので、蕎麦屋へ出掛けてコーヒーを一杯飲んだら早速お袋様に電話をする。やっと涼しい朝が戻ったようで、風も幾分冷たいくらい。車の中でこの一週間の出来事をお互いに話ながら、隣町の魚屋スーパーへ出掛けて行くのでした。ついでに女将に頼まれていた果物や魚も買って帰る。お袋様を家まで送ったら、今度は自宅の冷蔵庫に買い物をしまって、また蕎麦屋へ戻る亭主。

今日こそは、床屋へ出掛けようと、急いで買ってきた荷物をあちこちに収納して、女将の戻る昼までには家に帰らなければ…。ひと月振りに顔を合わせた床屋の親爺様と、例によって四方山話に花が咲き、恐らくは人が見たら、好い爺様たちが楽しそうに話し込んでいるという光景なのに違いなかった。「休みの前の日は疲れないですか」と尋ねれば、「最近は、一日の休みでは疲れが取れない」という親爺様。お客が来ない日もやはり疲れると言うから、同感…。

昼前に家に戻ったら、ご近所の家が取り壊されていました。最近は、30年以上も経つ家を建て直すお宅も多いけれど、中には更地にして売りに出すところもあるようなのです。明日は我が身かと思いながら、昼飯にはザルラーメンと生姜焼きご飯をぺろっと平らげたから、自分でも驚いたのです。午後は残りの仕込みを終えて、早めにプールに出掛けよう。明日からはまた涼しくなると言うから、どれだけお客が来るものか。英気を養っておかなければと思うのです。

蕎麦屋で午後の仕込みをしていたら、若いご夫婦が車を停めて掲示板を見に来るから、玄関を出て店置きのパンフレットをお渡しする。「火曜日と水曜日は定休日なんですよ。店には来ているのですけれど、一週間の仕込みをしているのです」と、説明をしたら、納得して頂いた様子でした。プールで泳ぐのは、次の休憩が始まるまでのわずか10分間だけれど、400mをアップして、身体をほぐして終わり。後は、蕎麦屋へ戻って仕込んだ水羊羹を冷蔵庫にいれるだけ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.