朝夕は凌ぎやすい涼しさなのだけれど…

定休日といえども、朝のpekoの散歩は欠かせないから、今朝も寝ぼけ眼で家を出る亭主。早朝から家の前を掃いていた隣の小母さんに出会って、「早いですね」と挨拶を交わしたのだけれど、、「定休日はもう疲れが溜まっちゃって」と弱音を吐露する亭主なのでした。「小母さんを前にして申し訳ないけれど、歳を取るとやっばり疲れが違うんですね」と、pekoに引かれて、蕎麦屋まで出掛けていくのでした。今朝は宅配便が来る予定だったから朝から忙しいのでした。

朝食後に書斎の前の植え込みを剪定し終えたら、買い出しに出掛ける間、女将に蕎麦屋の店番を頼んで宅配便を待ってもらったのですが、なかなか来る気配はない。来週分の返しを作る醤油の配達だから、差し迫ってはいたのですが、昼飯を食べに家に戻った間に入れ違いで不在連絡票が入っていた。空はこのところの晴れ一色で、気温がジリジリと上がってくのが肌で感じるくらい。午前中の仕込みは、春キャベツとキュウリの塩漬けと蕎麦の出汁取りで終わり。

一番出汁・二番出汁と時間をかけて出汁を取ったら、蕎麦汁や天つゆを作って蕎麦汁は蕎麦徳利に詰めて冷蔵で保存する。天つゆは水で鍋ごと冷やしたらやはり冷蔵庫に入れておく。使わなかった出汁は、容器に入れてこれも冷やして冷蔵庫に入れるのです。蕎麦屋にとっては、蕎麦打ちと同様に大切な作業だから、結構時間がかかる作業なのです。鍋釜を洗って帰り支度はしたけれど、宅配便が来ないので奥の座敷でごろりとして一休みをする亭主でした。

日陰は涼しい風が吹いているのでしたが、外は相当な暑さになっている。庭の野菜に水遣りをしたら、昼は家に戻ってとろろ蕎麦を食う。不在連絡票がポストに入っているのを見つけたのは、食後に蕎麦屋へ戻った時なのでした。わずか15分の差。直ぐに連絡をしたら、「もう遠くに来ているので、1時間では届けられません」と言うので、昼過ぎに女将をお稽古に送る予定だっから、「では、木曜日の午前中にお願いします」と、今日は返しを作るのを諦めたのです。

女将を送った帰りにいつものスーパーに寄って、特選の椎茸や房付きのトマトを仕入れて帰り、ついでに家の食べ物も買ったから一度家の冷蔵庫に入れに戻って、今日は三度蕎麦屋へ出掛けて行く。もう一つの宅配便を待ちながら、小鉢に使う切り干し大根を仕込んで、親子丼の具材を作って置くのでした。3時間ほど待ったけれど、来る気配がないので、夕刻の水遣りを済ませたら、女将を迎えに車を走らせる。一番暑い時間帯だから、車外温度は30℃もある。

暑さのせいか、身体は相当に疲れているという感じなのです。蕎麦屋の庭の草取りや店の掃除など、やりたいことは沢山あるのでしたが、仕込みをして後片付けをするだけで精一杯で、なかなか若いときのようには動けない。目の前の食材の処理は黙々とこなすのだけれど、他の事まで手が回らないのです。動けなくなったのか、実際にやることが沢山ありすぎるのか、月に一度の床屋へも行く予定だったのに、女将と帰る夕刻にはもうへとへとだから困った…。

夕方の風は幾分涼しくて、テレビで大相撲中継を見ながら、鰹の刺身で一献の亭主。この間、地元の業者に頼んで塀際のポストに内蔵されているインターホーンを直してもらったから、ついでに、10年以上も前に亡くなったお爺さんの名の入っているポストの表札を替えようと、ネットで同じ製品を取り寄せた。後は、アクリル板の表札にエナメルで名前を書いて、取り付ければ終わりなのだけれど、これがなかなか終わらない。何事も気を長く持たないといけない…。

テレビで天気予報を見ていた女将が、「この時期は例年23℃か24℃なのですって」と驚いたように叫んでいたから、やはり、暑さのせいで体力も消耗しているのかも知れない。それを全て老いのせいかと感じるのも、気力・体力に自信が無くなったからなのだろうか。毎日、次はこれをやろうと思って暮らしているのだけれど、「~なければならない」という生活は、いつの時代も精神的に疲れるものだ。定休日ぐらいはもっと自由に暮らしたいものだとしみじみ思うのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.