いつまで続くのかこの暑さ…

土日の昼夜の営業はやはり疲れが溜まるのか、今朝は7時半まで目が覚めなかったのです。お客が入って話でもしていれば、気が紛れるのでしょうが、仕込みもなく、ただ待つだけの時間は却って気持ちが疲れてしまうのかも知れません。いや、ここ何日かの暑さ続きで参っているからそう感じさせるのかも知れないと、懸案の夜の営業について考えさせられた週末でした。女将がpekoの散歩を代わってくれたので、亭主は起き出して自分で蕎麦を茹でて食べる。

十分に眠ったから頭はすっきりしているのでしたが、毎度のことながら、定休日前の月曜の朝は蕎麦屋へ出掛けるのもゆっくりになる。バラの花が見事なご近所の景色に慰められて、少しずつ元気を取り戻し、朝のコーヒーを一杯飲んで、今朝の段取りを考えるのです。小鉢もデザートも昨日のうちに仕込んであったから、蕎麦を打ってサラダの具材を刻めば今朝の仕込みは終わりのはずでした。ミニ菜園の野菜に水を遣ったついでに辛味大根を少し抜いてみた。

葉が生い茂っているのに、まだ少し背丈が足りないのは、肥料が足りないからだろうか。去年は、もう少し大きく育ったから、やはり、6月が収穫の時期かも知れない。今年は、十分に間引きをしたので、大根の形は良さそうです。暑い時期にぴりっと辛い卸しにして、お客に蕎麦を食べてもらえる日が待ち遠しい。今朝の蕎麦打ちは加水率43%でぴったりの柔らかさ。切りべら24本で130g強。端切れの賄い蕎麦分を除き、15人分を用意して開店の時刻を待つのでした。

昼前からぽつりぽつりとお客が入って、今日はせいろ蕎麦の大盛りやぶっかけ蕎麦がよく売れました。やはり、暑さのせいであっさりとした食べ方が好まれたのかも知れないと思います。一時期は駐車場も満杯で、月曜日にしては珍しい混みようなのでした。ご新規のお客様が多く、隣町の団地からもご夫婦で見えて、「いつ出来たんですか」と尋ねられるから、「三年目になります」と応えれば、びっくりした様子。「宣伝をしていませんので」と申し訳なさそうに亭主。

お酒を飲むわけでもないのに昼から厚揚げ田楽のご注文だったから、時間をかけて焼き上げてお出しすれば、「これは美味しい」とお褒めの言葉。「味噌は何を使っているんですか」とおっしゃるので、「自家製の寒仕込み味噌です」と作り方を説明して差し上げる。蕎麦屋で出す料理は、ほとんどが手作りだから、材料を説明しても、味噌を造る手間はなかなか伝えきれない。厚揚げは市販のものだけれど、その一品を作るまでの試行錯誤は話しても分からない。

デザートにしてもそうだけれど、今日の抹茶小豆も、聞かれれば小豆を煮て抹茶に氷糖蜜を混ぜて煮込むと説明しても、「お砂糖は使わないのですか?」と尋ねられるから難しい。小豆を煮るときには同量の砂糖を何回かに分けて入れているし、氷糖蜜そのものが砂糖の代用品だから、話は伝わりにくいのです。要は、手間がかかるので、全部を説明するのは難しいと言うことなのです。昼を過ぎた後半には、常連さんが次々と見えて、カウンターで寛いで行かれる。

「さっき通ったんだけれど、車が一杯だったから」と、週に二度ほどお見えになるご夫婦や、いつもパソコンを携えていらっしゃるお嬢さん。今朝方バスを待っていたお婆さんも、挨拶をしてちょっと立ち話をしただけなのに、帰りに寄ってくださった。こうやって、少しずつお客が増えているのが嬉しいのです。早めに暖簾をしまってスタッフと後片付けに入っても、二人とも心は軽やか。オープンカウンターの店の好いところは、全て開けっ広げなところなのかも知れません。

2時を少し回った頃に、女将が今週の残飯を持ち帰りに来てくれる。思ったほど、天麩羅が出なかったから、具材が大分残ったのと、レタスが随分しっかりと巻いたいい品だったので、使い切れなかった。午後の暑い時期にやっと店を閉めて家路につけば、くらくらとするような陽射しなので驚いたのです。夜になってやっと涼しい風が吹くので、幾分過ごしやすくなるのは、まだ本当の夏ではないからでしょう。暑さに慣れるまでが一苦労。今週も長い一週間なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.