三年目の四月の最終日に…

昨日にも増して暖かい一日なのでした。6時過ぎの朝の散歩にpekoを連れて蕎麦屋まで行って、玄関の外に彼女を待たせ、出汁を取って蕎麦汁や天つゆを作って冷やしておく。お客で混んだ日の翌日は、仕込みも沢山あるのです。予想を超えた数だったから、蕎麦汁もどこまでもつかと心配だったし、温かい蕎麦の汁と天つゆはもう残り僅かだったので、どうしてもこの朝一番で仕込んでおかなくてはいけない。世間はゴールデンウィークだから今日ももしかすると…。

朝食を終えて重たい身体を引きずるように再び蕎麦屋へ向かう亭主。前掛けをして蕎麦打ち室に入れば、否が応でもしゃきっと蕎麦屋の親爺。昨日の反省を踏まえて、今朝は44%強の加水率で、750gの蕎麦玉を二つこしらえ、昨日の午後から追い打ちした蕎麦と合わせて、今日は20食以上の蕎麦を用意したのてす。デザートは昨日に引き続き黒豆大福。小鉢には石垣島から送っていただいたもずくの酢の物をメインで用意して、今日の営業に臨むのでした。

開店の15分前から、もう常連のお客さんたちが玄関前に集まって、お湯も沸いていないし、ご飯も炊けていないけれど、店の中に入って少しお待ち頂くのでした。その間に、また別のお客さんたちが店に入ってきて、「11時半からなので、まだ準備が終わっていないのですよ」と言えば、「幟が出ているからいいのかと思って」と、かなり強引なご来店。幟はその日に営業をしますよという目印で、玄関前の暖簾と「営業中」の看板が開店の合図なのですが、まあ好い…。

そんな具合で始まりが前にずれ込んだものだから、開店時刻を過ぎた頃にはもう店の中はほとんど満席で、次々と注文の品をお出しする。ご家族連れのお客様は、皆、違ったメニューを注文されるから、せいろは一番早く、ミニ天丼セットと天せいろは同じ時間に、鴨せいろは一番最後に作らないと、火口が足りない。三番目、四番目のお客さんたちには申し訳ないけれど、しばらくお待ち頂いて、女将が忙しそうにお茶出しと注文を聞いて回る。今日も大変な賑わい。

1時過ぎには二箱あった生舟の蕎麦が残り僅かになって、それでも入って来るお客がいるから顔を見れば、水泳部の古いOBご夫妻ではありませんか。奥様の実家に来たついでに寄ってくださったとかで、店の中は片付け物も間に合わずにてんやわんやの状態。外には、「お蕎麦売り切れ」の看板を掲げているのだけれど、それでもお客はやって来るのです。本当にこれでもう蕎麦は終わりというところで、今日の営業は終了。実は天麩羅の具材も何も残っていない。

今日は野菜サラダも蕎麦豆腐も売り切れて、ご家族のお客様が黒豆大福も全部お土産で持ち帰って下さった。開店前にいらっしたご老人たちは、途中で女性軍が近くのお寺の牡丹を見に出たきりなかなか帰ってくなかった。最後にOB夫婦と和やかに話をしながら、洗い物を終えてもう時計は4時過ぎ。食材が何もなくなったので仕入れに行く暇もないから、夜の営業を急遽取りやめにしました。4月最後の賑やかな蕎麦屋の一日、三年目の今日で初めての黒字。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.