開店30分で満席になった土曜日は…

青空の広がった朝は気持ちがいい。pekoを連れて蕎麦屋へ出掛けて昨日の洗い物の片付けをしたついでに、幟を立ててチェーンポールをおろす。女将が「夕べ脅かすから眠れなかった」と愚痴をこぼしている間に、亭主は朝食を終えて再び蕎麦屋へ向かうのでした。この週末に向かって、どんどんお客の数が増えているから、今日は混むよと言っただけなのに。緊張したのだろうか。その気の亭主は8時前には蕎麦屋に入って、蕎麦玉を二つ作って二回の蕎麦打ち。

昨日、生舟に残った蕎麦と合わせて20人分近くを用意したから、この間のようなことはないだろうと、安心してコーヒーブレイク。蕎麦汁も昨日のうちに仕込んであるから、今日は黒豆大福を作って、葱切り、野菜サラダの準備と、頭の中でシュミレーションが進んでいく。女将の手伝いの時は、どうしてもテンポがゆっくりだから、大根や生姜の皮を剥いて大根卸し、生姜卸しも亭主が担当する。掃除や洗濯物の片付けを終えたら、女将は味噌汁作りと小鉢の盛りつけ。

今朝は少しだけ加水率を上げてみたら、四つ出しの生地の端も切れずにしっとりと仕上がるから嬉しい。この微妙な水加減は、単に計算上の数値では駄目なのです。蕎麦打ちの名人と言われる人たちが、いろいろな場面で最後の水の加減は指先で決めろなどと言っているのも解るような気がするのでした。デザートに用意した黒豆大福も作り慣れてきたから、朝の忙しい時間帯でもささっと作り終えて、いつものお気に入りの皿に載せてカウンターに並べるのです。

キュウリとナスのぬか漬けも、昨日の夕刻に漬けてあったから、朝の散歩の折に出して冷蔵庫に入れて置いたのです。味は少し濃いめだったけれど、お客さんには喜ばれる新鮮さです。ナスにまぶしたミョウバンが効いて、色鮮やかなのが売りなのですが、素材の新鮮さが第一の味わいのはずなのです。開店5分前に暖簾を出したら、なんと、ぞろぞろぞろっとお客が入るから驚きなのでした。「順番にお作りしますからお待ち下さいね」と女将の言う声が聞こえる。

混んだ時でも、火口に限りがあると自分にも言い聞かせているので、厨房の亭主は慌てず焦らず、丁寧に一つ一つ注文の品を仕上げて行く。店の時計を見たら、まだ12時前だというのに、もう店の中は満杯で、カウンターにも6つの椅子に全員お客が腰を下ろしているではありませんか。やはり、ゴールデンウィークの人出なのだろうかと、嬉しい気分で楽しくなる。お客さんへの声かけも忘れずに、お子様連れのご夫婦には、サービスを忘れないように気を使う。

カレー蕎麦やミニ親子丼とせいろ蕎麦のセットが続いても、慌てず焦らず丁寧に。蕎麦湯も一組ごとに粉を溶いてお作りして、味見をしたらお出しするという具合。ランチセットも続けて出るからサラダも蕎麦豆腐もどんどんなくなっていく。あれよあれよという間に、生舟に用意した蕎麦がなくなっていくから驚きなのでした。お客の話を聞けば、開店当時にいらっしたことがあるのだけれどと言う方もいらっして、3年目の霊犀亭の蕎麦をどう感じられたかが気がかりで。

皆さん「美味しかった、また来ますね」と帰って行かれるのが、何よりも有り難いことでした。閉店間際にも、駐車場が車で一杯なのにまだお客が入って来る。とっくに「ただ今満席です」の看板を出してはいたのだけれど、慌てて暖簾をしまうのでした。ぴったり生舟の蕎麦がなくなって昼の営業の終わり。今年の4月の来客数を軽く更新して、女将も喜びながらも相当に疲れている様子なのでした。亭主は蕎麦打ち室に入って夜の営業のために蕎麦の追い打ちをする。

家に帰って亭主が余りにも遅い昼食を食べたのはもう3時半。書斎のパソコンに向かって売上伝票のデータ入力をすれば、今月の赤字は1、200円と、明日一日の営業があるから、初めての黒字になるのは時間の問題なのです。やはり石の上にも3年か。今日もご新規さんとリピーターのお客が半々ぐらいだったけれど、開店時間に多くお客がいらっしたのは、単なる偶然とは思えないのです。なんか、少しずつ口コミで霊犀亭の蕎麦の美味さが広まっているのかも。

低気圧の通過する夕刻の時間帯、明日の小鉢や蕎麦汁の仕込みに夢中だったけれど、庭の野菜に水を遣っていたら、急に辺りが暗くなって雨が降り出してきたから大変。急いで幟をしまって暖簾を下ろすのでした。定刻よりも早く家に戻っても、昼が遅かったので、なかなか夕食を食べる気にならない。やっと食卓に並べられた料理に箸を付け、女将と「明日ももっと暖かいのだね」と話をする。食後に食堂で居眠りをする女将も、相当に疲れている様子なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.