晴れたり曇ったりスコールの午後は…

雲間から陽の差す朝でした。pekoの散歩で蕎麦屋を廻り、昨日の洗い物を片付けて帰る。育ちすぎた春菊の花が可憐に咲いているのが何故かもの悲しい。蕾が沢山あるので可哀想だからと、去年はキュウリを植えた場所だったけれどそのままにしておいたのです。花が終わったら、もう一度耕して次の野菜を植えるとしよう。南の空には青空も覗いて、今日は好い天気になるのかと期待していたのですが、天気予報もあまり当てにはならないのが近ごろの陽気。

庭の元気な花々を眺めて、今朝も朝食後に早々と蕎麦屋へ出掛ける亭主。定休日明けの木曜日までには、ほとんど仕込みが済んでいるので金曜日はあまりすることがない。それでも、蕎麦屋に着くと奥の座敷の雨戸を開けて、洗濯物を畳んだり干したり。庭のコゴミがまた延びてきたので、収穫に出る。そして、厨房に入ってコーヒーを飲みながら今朝の段取りを考えるのでしたが、デザートには、お汁粉を作ってあるから、白玉団子を作って温めればいいだけ。

昨日二玉打った蕎麦も随分と出たから、今日はどれだけ打てばいいのだろうかというのが思案のしどころ。一日15食前後を用意すると、店置きのパンフレットにも書いているので、あまり少ないと早い時間に売り切れてお客様にも失礼になる。そこで今朝はちょっと発想を変えて、昨日の残った蕎麦と合わせて15食になるように打ってみようと、900g近くの蕎麦を打つことにしたのです。電卓を出して44パーセントで加水量の計算をしたら、早速、蕎麦打ち室に入る。

蕎麦打ちは時間もかかるから、出来るだけ一回で済ませたいというのもあるのですけれど、巻き棒を使わずに伸せる幅は、伸し棒の長さの90cm以内というのが限界なのです。1kgの蕎麦だと110cmの巻き棒を使わないと、広げた生地を巻き取れないから、苦肉の策というわけなのです。これだと、一本の伸し棒で最後まで伸せるので、時間の短縮にもなる。果たして、30分あまりで今朝の蕎麦をしっかりと打ち終えて、緊張が途切れることもなかったから好い太さ。

時間を稼げたから、野菜サラダの具材を刻む前に再来週分の返しを作る暇がありました。今日の小鉢は筍の若竹煮と九条葱とヤリイカの酢みそ和え。早めに暖簾を出したのだけれど、玄関を開けるともうお客が外で待っているのでした。奥様が女将の知り合いで以前にも来て下さった方で、今日はご主人と一緒に天せいろのご注文。亭主が厨房で調理にかかると、もう次のお客様たちが車でいらっしたから、昨日に引き続き今日も忙しくなりそうな気配なのでした。

カレー蕎麦にミニ親子丼とせいろ蕎麦のセットとおろし蕎麦。そして、皆さんでデザートのお汁粉のご注文。親子丼作りも随分と手慣れてきたから、カレーの汁を作りながらも、卵がふわっと固まってきたら機を逃さずにご飯に載せる。蕎麦はおろし蕎麦とセットのお客様から先に茹でて、その間にカレーのとろみを付けておく。手際のよさはやはり慣れがものを言うのでしょう。「カレーの汁が美味しいわ」と奥様が言うのを聞いて、ほっと胸をなで下ろす亭主でした。

お婆様は「お汁粉が美味しかった」と言って帰られる。その後も常連さんやリピーターの方々ばかりで、鴨せいろの大盛りと普通盛りとか、板ワサにビールに天せいろとか、ぶっかけ蕎麦などなど。外は青空が見えているのに急に強い雨が降り出して、去年の頃からよくあるスコール状態。「鴨せいろの汁は味が濃くなかったですか?」と、亭主はお客の様子を尋ねることも忘れない。皆さんしばしの会話と寛ぎのひととき。今日は昨日よりもお客が多かったのです。

それでも手の空いた合間に洗い物を片付けて、早い時間に家に戻ったらプールに行く支度をする。昨日今日と予想以上の来客だったから、天麩羅の具材があと3日持たないと見込んで、泳いだ帰りに仕入をしてくるのでした。空はもう夏の雲で雨上がりの空がやけに青いのです。おかしな天気の一日でした。仕入れに行ったついでに、鰹が安く出ていたので、夜は女将と二人で初鰹を皿鉢にして亭主は一献。「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」と、唱和したのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.