ゆっくりと休めなかった定休日の翌日は…

夕べの水泳が効いたのかぐっすりと眠れたけれど目覚めたら外は雨。6時になってもまだ降り止まないから、散歩に出たがるpekoのお蔭で小雨決行なのでしたが、これは大変と彼女も気づいたらしく、途中で気が変わって家に逆戻り。亭主は女将の起き出す前に蕎麦屋へ出掛けて今日の出汁を取って来る。蕎麦汁は十分にあるのだけれど、作ったばかりの二番出汁を定休日に間違えて家に持って帰ってしまったのです。美味い味噌汁は飲めたけれど二度手間。

家に戻って朝食を食べたら、今朝は午前中に小豆島からうどんが届くことになっていたので、早めに蕎麦屋へ戻って二回の蕎麦打ちを済ませる。湿度もあるのに、加水率44%では生地がなかなか柔らかくならない。気温が低いからなのだろうか。捏ねる回数を増やして何とか玉にするのだけれど、伸していく打ちに四辺の縁がひび割れてくる。水回しが不十分なのか、いや、やはり加水が足りないのでしょう。その分慎重になるから蕎麦は上手い具合に仕上がる。

天気の悪いせいもあるのか、なんだか身体が重く感じるのは、十分に眠ったつもりでも疲れが取れていないのか。やはり、定休日はせめて1日だけでもゆっくりと身体を休めなければいけないと反省をする。泳ぎ続けないと呼吸の出来ない鮪や鰹のような回遊魚ではないのだから、ゆっくりと家で寝転んで本を読み、たまにはギターでも弾いて、蕎麦屋以外のことをしないと、疲れがどんどん溜まってくるような気がするのです。でも、今日から営業開始だからもう遅い。

今日の小鉢は採りたての筍の若竹煮。木の芽を添えて季節のあしらい。最初にいらっしたご近所の社長さんが、「これは美味しいね」とお褒めの言葉をいただいた。「天麩羅も軽く上がってい好いねぇ」。昼前の同じ時間帯に、先日いらっしたダイバーのお姉さんがカウンターに座ったかと思ったら、続けてまた作業服をきたお兄さんがカウンターに座る。今日はカウンターにお一人で座ったお客が随分といたのでした。全員に褒められた若竹煮をサービスでお出しした。

温かい天麩羅蕎麦を食べ終わったダイバーお姉さんが、「この間、蕎麦湯をもらったら美味しかったので、今日も頂けないかしら」と、おっしゃるので蕎麦粉を溶いて濃いめに作って差し上げると、「えっ、一回ずつ粉から作っているの?」と驚かれるから、「うちは普段お客が少ないから丁寧な仕事をしているのですよ」と笑って応える亭主。本当は、「混んだ時ほど丁寧に」というのがモットーなのだけれど、「黒鯛釣りに行ったら持って来ますよ」と言ってお帰りになった。

家で採れる三ツ葉やコゴミ、タラの芽は今が旬だから、天麩羅の具材に添えて揚げてお出ししている。一日でも目を離すともう伸びてしまうから、毎朝、裏庭を除いて収穫しているのです。短い期間ですけれどねと言えば、「いのちの儚(はかな)さを味わうんだね」とは、例の社長さん。昼を過ぎてお子様連れのご夫婦がいらっして、ご主人は蕎麦焼酎のオンザロックのご注文だったから、当てに九条葱とヤリイカの酢みそ和えをお出しする。これも旬の味わいです。

ランチセットのご注文だったから、最後に蕎麦粉のパウンドケーキをお出ししたら、「これは美味しい」と若い奥様と今年五歳になるという息子さんが喜んだ。「蕎麦饅頭をください」と味をしめた息子さんがしばらくして直々のご注文。和やかな会話を交わすひととき。カウンターにはまた一人、ご近所の常連さんがいらっして天せいろのご注文。今日は奥の座敷で休憩をする暇がなかったから、平日にしてはなかなかのお客の入りなのでした。大盛りの注文が多かった。

新緑のみずき通りを越えて家に戻ったらすぐに、うどんの代金を振り込みに出掛ける亭主。今月はこれが最後の支払いなのでした。書斎に入って売り上げデータをパソコンに入力すると、なんと今月の収支は今日現在でマイナス2万円。残る3日の営業で、もしかすると夢にまで見ていた黒字の月となるかも知れない。今日も常連さんやリピーターさんに交じって、ご新規のお客が沢山いらっしいたから、少しずつ地域の人々には認められてきたのかも知れない…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.