一日中、曇り空でも温かく…

暖かな朝だったのですが、定休日初日の大活躍に疲れた果てたのか、夜もぐっすりと眠ったのになかなか起きられなかったのです。pekoの散歩も近所の近回りで、朝食を取り終えたらやっと蕎麦屋へ出掛け、菜園の水遣りを終える亭主なのでした。お袋様に電話をして恒例の隣町のスーパーまで仕入に出かけると、女将に頼まれた家の買い物が気になって、肝心の仕入れの品も買い忘れてくる始末。二重三重に代用品はストックしてあるものの、疲れている。

それでも、午前中の二時間は蕎麦屋で仕込みを始めると、休むわけにはいかないのが辛いところ。買って帰った野菜類を冷蔵庫に保存したら、蕎麦豆腐を仕込んで、小松菜を茹でたり、天麩羅の具材を切り分けたりしている間に小豆を煮て、庭の菜園から収穫した九条葱を湯がいて酢みそ和えの下ごしらえをしておくのでした。そして、鶏肉を切り分けて親子丼の具材を煮込んだら、家に帰って女将と蕎麦を茹でて食べる。三日目の蕎麦でも全く遜色がないのです。

蕎麦屋では、二日目の蕎麦までしかお客には提供しないと決めているけれど、実際には保存の状態がよければ四日目でも十分に食べられるのです。キッチンペーパーで一人前ずつくるんで、更に綿の布巾で包んで生舟に入れて保存するのだけれど、何かの拍子で生舟の蓋の隙間から冷蔵庫の冷気が入って乾燥したりする場合があるから、二日目の蕎麦でも朝に入念にチェックをしてからその日に使用するかどうかを決めているのです。蕎麦も熟成するのかも。

この保存方法がきちっと出来れば、遠い土地に住む友人たちなどにも蕎麦を送って食べてもらえるのにといつも思うのです。この間、調理師学校に出掛けて行った際にも、真空梱包の機器を見せてもらったのですけれど、機械の値段も高いし、かなりの場所を取る。果たして上手く保存できるのかも分からないので、懸案事項となっているのでしたが、毎日店に来て下さるお客に出すのが精一杯の現状では夢のまた夢。市販されている生蕎麦はどうやって作るのか。

昼食を終えたらまたすぐに蕎麦屋へ戻り、午後の仕込みに懸かるのでしたが、今日は早い時間にプールへ出掛けたいから、気持ちも焦る。また蕎麦粉のパウンドケーキを作る予定だったから、バターを室温で溶かして材料を準備するのでしたが、この間の女将の反応を見ると、もう少し甘さを加えてもいいかと砂糖を10gほど増量する。今日は電動の攪拌機は使わずに、昔ながらの手作業で、溶いた卵を少しずつ入れながら泡立てていく。腕の筋肉が軋むから辛い。

調理師学校の時代には、秋の調理祭の前になると、四人一組で午前中に五つも六つもこのパウンドケーキを焼く作業に追われたものでした。実祭に力を使う作業を担当するのは男性陣だから、生徒の中では最年長の亭主もここぞとばかり気合いを入れたもので、この経験が今に生きているから凄い。蕎麦屋のコンベックオーブンは最新式だから、学校の古いものとは調理の管理や仕上がりも違うのです。生地を練って小豆を入れるまでが調理師の腕前なのです。

無事に綺麗に焼き上げたら、ラップでくるんで冷蔵庫に入れて寝かせる。明日にはしっとりとした仕上がりなるはずなのだけれど…。蕎麦屋でパウンドケーキ?というお客もいらっしゃるかも知れないけれど、蕎麦粉と小豆の和風バージョンだから、美味しければ案外受けるかも知れないと、遊び心半分で作っているのです。店にある食材を使うというのが基本で、新しく買い足さなければならないのはバターだけ。暇な時間に作り置きをしておけるのが嬉しいのです。

洗い物を済ませてやっと隣町にあるプールへ向かう亭主。通り道の八重桜があまりに見事だったから写真に収めておきました。春の名残はこんなところにもあったか。昨日の草取り作業の筋肉痛をほぐすように、空いているプールでゆっくりとアップを終えて、今日は個人メドレーを泳ぐ。今夜は銚子で獲れた新鮮な鰯が手に入ったので、刺身で一献。この間始めたばかりのギターのレッスンは出来ずじまいで、もう最初の何小節かの指使いも忘れたかな…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.